彼氏と結婚したい!相手をその気にさせるアプローチ法

彼氏と結婚したい!相手をその気にさせるアプローチ法

今お付き合いしている彼氏と結婚したい!とほとんどの女性は考えますよね。「彼とのお付き合いは遊びだよ」なんて公言する女性はあまりお会いした経験はないです。逆に男性にはそういう方結構いるようですが・・・。何故ならお付き合いしていれば女性はその先の出産のことまで考えることになるので結婚はほぼ必至なのです。

また結婚する気がない男性は「結婚」に対していいイメージを持っていない場合が多いものです。それには『結婚に興味がない』『お付き合いしている女性は彼女であって結婚相手ではない』『結婚=束縛』など理由は様々です。でもその結婚に対するイメージはあなたの努力次第で変えられるかも知れませんよ。そんな彼氏と結婚したい!相手をその気にさせるアプローチ法についてお伝えします。



 


彼氏と結婚したい!
相手をその気にさせるアプローチ法

 


『理想の妻』になれますアピール


お付き合いが始まったその日からこの計画は動き始めています。彼氏があなたを結婚相手として相応しいかどうか日常生活の中のふとしたことから自然に評価しているケースは案外多いものです。「どんなことがあっても彼に付いて行く」「常に彼に感謝と尊敬の気持ちを持つ」という姿勢は大切で男性が結婚相手に求める『良妻』の条件を満たすことはほとんどの場合において重要事項です。

男性は自分を心から信頼し悩みや困難に直面した場面でも黙ってそばにいて支えてくれる女性に安心感を持つと共にこの女性とならずっと一緒にいたいと思うものです。男女同権の世の中で共に歩いて行こうというムードが高まっていますが基本的には男性は男性のプライド・威厳があり女性はそれを陰から支える立場でいてくれることに憧れを抱いているのは事実です。人間とはそんな生き物です。

また家庭的な女性は『理想の妻』の大切な要素です。「男の気持ちをつかむなら胃袋を掴め」とよく言われますがこれも重要。女性も社会進出し忙しさは男性と同じ時代で外食や呑みに出掛ける機会も多くなったとは言え料理が出来る女性の評価が高いのは事実です。特別凝ったものでなくてもいわゆる普通の家庭料理が作れるとそれだけで彼氏は結婚を意識してしまうなんて耳にします。

味付けや好みに合った物を作ってあげるだけではなく男性の体調を考慮した料理をさりげなく用意してあげられる女性なら『妻』としては満点です。つまり彼氏を結婚する気にさせるためにはまずは日常の幸せを感じさせてあげることが鍵となるのです。そこには「思いやり」の気持ちが必要ですが目に見えない「気持ち」をお相手に伝えるのはなかなか難しいのでその演出として分かり易いのが美味しい手料理・・・これは効果的です。

彼が病気になった時にも女子力の見せどころです。まさにあなたにとって彼のピンチはチャンスなのです。高熱にうなされたり傷みがあって辛い時などに甲斐甲斐しく看病してくれる女性は女神さまに見えるものです。そんな時に支えてあげることはとても効果的です。彼が多忙な時も同様で「この頃構ってくれない」などと文句を言わずに応援してあげる女性は素敵なのです。

 


『周囲の人』を上手に使う


例えば鉄板は親や兄弟などお互いの家族。これらの人達を味方につけることが出来たら目的達成する確率は相当高くなります。つまり将を射んと欲すればまず馬を射よ!ですね。お相手の男性を自分の実家に連れて行ったりお相手の実家に遊びに行く機会を積極的に作るなどは彼氏に結婚を意識させるにはとても効果的なのです。

特に彼のお母さんに気に入られたらしめたものです。彼のお母さんの「早くケジメをつけなさい、孫が抱きたい」なんて後押しがあって彼はプロポーズを決心してくれたなんて話もよく耳にしますよ。結婚前からお相手のご家族に可愛がられる様にしておくのはとても賢い方法です。また女性側の母親と彼が仲が良いのも忌憚のない意見が聞けたりお互いの相談ごとができるのでスムーズです。

友人も時としてとても重要な役割を担ってくれるケースがあります。例えば彼の友人が既婚者である場合一番の協力者になってくれる可能性が高いのです。そんな友人からのアドバイスや何気ない一言で一気に彼氏が結婚する気になったなんてパターン、案外あるもんですよ。また友人家族の幸せそうな様子を見せるのって彼には結構刺激になるものです。その友人宅にお邪魔したりバーベキューを企画したりするのは効果的です。

 


ストレートに女性からプロポーズしたって良いんです!


ほとんどの女性は童話の中のプリンセスの様に王子様が膝まづきプロポーズしてくれるシチュエーションに憧れをもっているものです。しかし実は最近の男性ってそんな常識は持ってはいなくて逆に言えば女性からのプロポーズも全く違和感はないのだとか・・・。つまり昔の様に女性からアプローチするなんて「はしたない」とか「みっともない」なんて思わないものなのです。

とは言え勿論理想のプロポーズの形は人それぞれ。絶対男性から切り出してくれなきゃ嫌!!という方は別ですが彼氏との結婚を夢見ているのになかなかプロポーズされなくて「もう待てない」という状況なら女性から「結婚しちゃう?」なんて言ってみるのも悪くは無いですよ。彼はそんなきっかけを待っているかも知れませんから。

お互いに漠然と結婚を意識する関係ではあるのになかなか彼が煮え切らなくてイライラ・・・なんてお悩みの女性も多いものです。いきなり結婚話を切り出すのには勇気も必要だし女性から言い出すのはなんだかシャク、プライドが傷つくなんて思う時もありますよね。でもとにもかくにもまずは彼氏に結婚について前向きに考えさせなければ何も始まりません。

彼氏が結婚する気があるのかないのかの確認は大切です。またあなたが彼の結婚相手の対象となりうる可能性があるのかないのかも・・・。そのステップを踏んだ上でも彼が具体的に話を進めてくれないのであればあなたが次に行うアプローチ方法は次にあげるどちらかです。「結婚か別れるか」の選択を迫る方法か彼の自尊心をくすぐり結婚する気にさせる方法。

「結婚か別れるか」・・・別れる決断もありだと伝えるのには勇気がいりますよね。ひょっとしたら彼にあっさり「あっ、そう。じゃバイバイ」なんて背を向けられてしまう可能性もあるわけですから。そうなっても仕方が無いという覚悟がある或いは彼は焦って絶対プロポーズしてくれるという自信がある場合のみ使える方法ですね。

しかしその場で答えが出てしまうのは怖いとお思いなら「期限」を設けてみるのはいかがですか。今の関係のままズルズル続けるのがストレスになるくらいならある目安をつけてそこで答えが出なければキッパリさよならするというルールを決めるのです。それが彼のあなたへの本当の想いを知るきっかけになるのです。

自尊心をくすぐるのは人から頼られるのが好きな彼氏には結婚を意識させその気にさせるのには効果的です。「私を幸せにできるのはあなただけ」「頼りがいのある男性」など褒めて褒めて褒めまくる。そうすることで男性として自信を持てるようになればあなたとの結婚のビジョンも具体的になってくるものです。あとは彼があなたを一生守りたいと思ってくれれば良いだけです。

このどちらの方法でも男性は結局受け身の立場ではありますがそもそも結婚は彼にとって責任重大なことに変わりはありません。決心するまでには時間がかかっても致し方ないのです。むしろあっさり決められる男性の方が無責任といえるかも知れませんね。どうしてもその彼氏と結婚したいと思うのなら諦めないで彼の性格を見極めた上でこのいずれかの適した方法でアプローチしてみて下さい。

彼氏との結婚を決めたい場合にお勧めなのはまずはストレートに女性の側からアプローチしてみること。しかし決して一方的なものではなくまず女性がリードはするけど決定打は彼に打たせるという方法を取れば結果的には主導権はあなたにあり後々の綱とりもスムーズで実に賢い方法なのです。

 

いかがですか。以上が彼氏と結婚したい!相手をその気にさせるアプローチ法です。交際を始める際に「結婚前提のお付き合い」や「結婚したい年齢」など自分の将来のビジョンがはっきりしているのならあらかじめお相手の彼にはそれを伝えておくのも必要な場合があります。「いきなり?」と思われるかもしれませんがお互いの目指すゴール地点が違うのであればいつまでたっても平行線。一度は彼氏と結婚に対する気持ちのすり合わせはしておくことをお勧めします。

自ら結婚を引き寄せてみるのも決して悪いことではありません。相手から与えられるだけではあなたの望む本当の幸せではない場合も少なくないのですよ。元々男性に結婚したいという気持ちがない場合は別としてなかなかその一歩が踏み出せないという慎重派の彼なら女性の素直な気持ちを伝えてあげるだけでも自信や確信が持てることで「結婚」する気持ちになれるものです。

 


まとめ


彼氏と結婚したい!相手をその気にさせるアプローチ法

・『理想の妻』になれますアピール
・『周囲の人』を上手に使う
・ストレートに女性からプロポーズしたって良いんです!