糖尿病の食事メニューを5つのレシピでご紹介

糖尿病の食事メニューを5つのレシピでご紹介
糖尿病の食事メニューを作るのって、本当に難しいですよね。自由に食材が使えない分、どんなものを作ったらいいのか、とても迷ってしまいます。料理をするのはただでさえ面倒だという人は、なおさら、糖尿病の食事メニューを考えるのは苦痛です。けれども、おいしくて栄養のあるものを食べたいし、毎日、悩んでいるという方も多いかもしれません。

作るのが面倒な糖尿病の食事メニュー、同じものばっかり食べているという方も多いかもしれません。糖尿病でも、バラエティー豊かなおいしいご飯を食べたいものです。豊かな食事は笑顔を産み、明日を生きる元気を与えてくれます。まずいものよりも、やっぱりおいしいものを食べる方が、明るく生きることができます。食事は本当にバカになりません。作るのは、とてもとても面倒だけど、でも、大事なものなのです。

それでは、おいしい糖尿病の食事メニューをお伝えいたします。



 


糖尿病の食事メニューを
5つのレシピでご紹介

 


豚ひき肉のレタス包み


糖尿病の食事メニューは、ヘルシーなものが嬉しいですよね。このレシピは、たけのことシイタケでかさ増しした、とてもヘルシーなレシピです。

材料(四人分)
豚ももひき肉200g タケノコ(水煮)100g シイタケ80g 春雨20g
(タレ)水 30g 鶏がらスープの素2g しょうゆ16g 甜麺醤20g
紹興酒10g 砂糖 6g ごま油 4g しょうが(すりおろし)2g コショウ 少々 片栗粉 2g
レタス 240g

作り方
・春雨を熱湯に5分浸して戻します。水気を切りましょう
・タケノコ、しいたけ、春雨をそれぞれみじん切りにします。
・タレを合わせます。
・フライパンにひき肉をいれて、バラバラになるまで、いためます。
・タケノコ、シイタケの順にいれて炒め合わせます。
・みじん切りの春雨を混ぜ合わせます。
・レタスを洗い、水気をよく切ります。
・レタスで包んで、出来上がり。チャーハンにしても、おいしいですよ。

 


糖質オフでもおいしいハンバーグ


糖尿病の食事メニューの中に、ハンバーグはあまり入っていないかもしれません。でも、工夫すれば、おいしいハンバーグを食べられます。

材料(四人分)
合いびき肉500g 玉ねぎ70g 粉豆腐大さじ2 マヨネーズ大さじ1 卵1コ
ナツメグ適量 塩こしょう適量 乾燥パセリ 小さじ1 スライスチーズ(お好みで)

作り方
・玉ねぎをすりおろして、粉豆腐(高野豆腐をすりおろしたもの)と混ぜ合わせます。
・他の材料を全ていれて、粘り気が出るまで混ぜ合わせます。冷蔵庫で20~30分寝かせます。
・タネを成形して、表面に焼き色が付く程度に焼きます。片面が焼けたら、フタをして、六分間焼きます。
・最後にチーズを乗せたら、できあがり!

 


糖質オフのさっくりささみチーズフライ


糖尿病の食事メニューの中に、フライもあまり入れないですよね。けれども、揚げないでもヘルシーなささみチーズフライを作ることができます。

材料(四人分)
ささみ400g 大葉8枚 プロセスチーズ1コ マヨネーズ60g パン粉48g
油 少々

作り方
・パン粉に油を回し入れ、フライパンでこんがり焼き色がつくあで炒めます。
・プロセスチーズを縦半分に切ります。
・ささみに縦に包丁を入れ、開き、上からラップをし、手の先で均一に薄くします。
・ささみにしそ、チーズを乗せます。
・くるくる巻き、両側にスキマができないようにギュッと押さえます。
・マヨネーズ、パン粉をつけてフライパンで焼いたら、できあがり!

 


簡単おいしい糖質オフのオムレツ


糖尿病の食事メニューは、栄養バランスがよいということが大切。簡単でおいしい栄養バランスの良いオムレツをご紹介します。

材料(四人分)
卵 5コ にんじん一本 玉ねぎ 一玉 チーズ 四枚 塩コショウ 適量
バター 適量  しょうゆ 適量

作り方
・ひき肉をいためます。
・玉ねぎとにんじんをみじん切りにして、ひき肉と一緒にいためます。
・味つけは、しょうゆなどお好みで。
・炒めたものをバットにとって、冷ましておきましょう。
・バターで薄く卵焼きをつくります。
・その中に具材をのせます。
・形をととのえて完成です。

 


もやしとブロッコリーの中華炒め


糖尿病の食事メニューは、味が同じものばっかりで飽きてしまうということもあるでしょう。そんな方におすすめの中華炒め。ちょっとした工夫でおいしい炒め物を食べることができます。おべんとうにいれてもぴったりです。

材料(四人分)
もやし400g ブロッコリー適量 ハム(糖質0タイプ)8枚 ザーサイ適量
ゴマ油 少々 ウェイパー 小さじ1/2 塩コショウ 少々

作り方
・ハムを細切りにします。ブロッコリーはやや固めにゆがいておきます。
・フライパンにゴマ油を熱し、ザーサイとハムを軽く炒めます。
・もやしをいれて軽く炒め、ブロッコリーをいれてから、ウェイパーをいれてなじませるように炒めます。
・塩コショウで味を整えたらできあがり。

 

いかがでしたか。糖尿病の食事メニューを工夫することは、とても大切です。それに合わせて、ヨガをすることをおすすめします。ヨガは万病に効くと言われていますが、特に生活習慣病に大変効果があるのです。ヨガを一日一時間すると、血糖値と血圧値が下がったという報告もあります。糖尿病で困っている方はぜひ、ヨガをはじめてみましょう。

ヨガは激しい動きでないので簡単ですし、誰でもはじめることができます。身体が硬いだとか、年寄りだとか、そんなことを気にしなくても大丈夫。インドではヨガは老若男女誰でもやっているのです。ですから、どんな方でも気兼ねなくはじめることができます。

もちろん、身体が悪いとか、ケガをしているという理由から、動きが制限される方もいらっしゃると思います。自分の身体と相談しながらムリのない程度で大丈夫です。呼吸法をするだけでも効果があります。息を深く吐きましょう。細く長く吐いて、軽く吸い込みます。そしてまた、長く長く息を吐きます。長く息を吐くことで、副交感神経が優位になりますから、気持ちを落ち着ける効果もあります。

糖尿病の治療もまずは、リラックスすることから。気持ちを落ち着けてがんばりましょう。

 


まとめ


糖尿病におすすめの食事メニューは

・ヘルシーな豚挽き肉のレタス包み
・糖質オフでもおいしいハンバーグ
・糖質制限中でもおいしいささみチーズフライ
・簡単で栄養バランスのよいオムレツ
・おべんとうにもぴったりのもやしとブロッコリーの中華炒め