笑顔の作り方一つで就職に成功するその方法とは

笑顔の作り方一つで就職に成功するその方法とは

就活については何かと気になります。笑顔の作り方はこれで不自然ではないか、些細な情報でも知りたいものです。就活の重要な局面に面接があります。緊張する場面が集中して展開します。気持ちに余裕があれば自然に笑顔は見せられます。

笑顔は面接官に好印象を与えていきます。また、面接の会社を訪れる際には、玄関ロビーに一歩足を踏み入れた瞬間から、意識を切り替えていくことが大切になります。受付での挨拶はその始まりになります。

笑顔を見せる面接のはじまりになります。受付での笑顔の受け答えは、これから始まる面接の緊張を和らげてくれる効果があります。これ以降、笑顔の作り方で就職を有利に導いていく方法を、お伝えします。



 


笑顔の作り方一つで
就職に成功するその方法とは

 


緊張を逆手にとって利用してみよう


人は緊張すると固くなり表情や体はぎこちなくなります。大切な面接の場面では、マイナス評価に繋がってしまいます。けれども緊張することは既に織り込み済みのことで、気持ちの整理はついています。緊張を逆手にとって利用していきます。シナリオを書いて笑顔の作り方や面接の流れの受け答えなどを、イメージトレーニングすることです。それが面接を受ける時の心構えになり余裕を生み出してくれます。

面接では心底から笑っている快活な笑顔が必要です。健康的な明るい笑顔は面接の場に相応しいものになります。笑い顔にはあなたの人間性が表れてきます。その明るい笑顔は面接官を魅了します。

 


笑顔の作り方を覚え笑顔をいつでも出せるようにしてみよう


人との出会いは数秒間の刹那のときでさえも、その人となりを捉えられます。優秀な経歴に裏打ちされたあなたを、直接見て聞いて判断できるのが面接です。第一印象はとても重要なキーポイントになります。笑顔で受け答えするあなたを快く思わないわけはありません。笑顔は面接官との受け答えの中から、自然に生まれてくるものです。そのために、わざとらしい作り笑いの押し売りは何のメリットにもなりません。

笑顔を見せるためには口角を上げるトレーニングをしていきます。笑顔は人の気持ちを穏やかに安定させる力があります。面接でいつでも出せるように笑顔の作り方を習得することは無駄にはなりません。

 


入室したらイメージトレーニングを思い出してみよう


面接室に入室する瞬間からあなたは注目されます。「失礼いたします」と、述べて入室します。自己紹介は椅子の横に立ったままでテキパキと済ませます。面接官から着席を促されたら、にっこり微笑んでみます。そして、「本日はお忙しい中を、お時間を頂きありがとうございます」と、一言添えてから着席します。着席したら素早く面接官全員に、少し顔を向けながら目線で確認を済ませておくと心は落ち着きます。

受け答えは質問者に顔を向けて、「はい」や「そうです」の語尾をしっかり発音します。また、笑顔の作り方で覚えたコツを、頭の隅に置いていつでも披露できるように、心の準備をしておくことが大切になります。

 


何も話さないときでも微笑みをしてみよう


面接中は本音に迫る質問が出ることもあります。そうなれば焦らずにじっくり考えてから結論を出します。しかし、面接官はあなたの瞬時の決断を下す能力を求めています。面接官は注目して待っています。

そこで均等に面接官を見ながら答えます。相手と話すときは一呼吸置いてから、質問者の両目と眉間を結ぶデルタ地帯になるポイントを、目力をぐっと抑えて目線を外さないようにして受け答えします。けれども時には相手の目をじっと見つめる場面も出てきます。また、何も話さないときでも、微笑みは忘れないようにすることが大切です。そして、笑顔の作り方で練習したことを瞬時に出せるようにしておきます。

 


質問に一生懸命に答える姿勢を見せてみよう


面接中は返答に困る質問が出るものです。そこで、躊躇せずに質問に答えられないことを話します。そして、質問の内容を説明してくれるように面接官に教えを乞います。「申し訳ございません」と、言って謝ります。

更に「もう少し具体的にお話して頂けますか」と、言って教えを乞い願う謙虚な態度を示します。今この瞬間が重要な局面になります。すぐに引き下がらずに、問題を解決させる意欲を示すことが大切になります。その一方で、面接官の話を聞くときは身構えないことです。普段のように気楽な気持ちになって受け止めるようにします。その際は幾分微笑みを浮かべて、身構えずに接していくようにすることが大切になります。

 


面接官が笑ったらこちらも即笑うようにしてみよう


コミュニケーションが成立するためには、その場の雰囲気を双方が理解することが重要です。面接官が笑顔で話を振ってきたら、あなたはその場の空気を察して、笑顔になって話の流れに打ち解けていくことです。

面接官がくだけた質問をして笑顔を見せてきたときは、あなたもその場の空気に合わせていくことが大切になります。そして、笑顔の作り方で得たノウハウを実際に使って、よい笑顔を作って合わせていきます。面接官の質問によってその場の空気は変わるものです。そのために、笑顔を見せる時にはタイミングが必要になります。面接ではその一瞬を見誤らないことです。絶えず笑い顔をする必要はまったくありません。

 


面接終了時はとっておきの笑顔にしてみよう


「ご苦労様です。面接は終了しました」と、言う面接官の声を聞くと、やれやれと思うものです。しかし、まだ気は抜けません。最後の詰めをします。笑顔の作り方で得たよい笑顔を周囲に見せるときです。

嬉しい気持ちを強烈にアピールします。そして、「ありがとうございました。宜しくお願い致します」と、言って椅子から立ち上がり、深々と頭を下げてドアの所まで向かいます。振り返ってから再度挨拶をします。「ありがとうございました」と、言って笑顔を見せながら頭を下げてドアを閉めます。ロビーの受付でも笑顔を見せて軽く会釈をして、「ありがとうございました。宜しくお願い致します」と、言って玄関を出ていきます。

 

いかがでしたか。笑顔は就活の大事な面接では、頼もしい味方になってくれます。たかが笑顔ですが、それを上手に使えればあなたの評価はぐっとアップします。面接官によい印象を与えるように振る舞いました。

あなたは笑顔の作り方を鏡の前で幾度もしてきました。自分を信じて自信を持つことです。それがあなたのエネルギーになります。自分を信じる心があれば恥ずかしく思うことや恐れなど感じないものです。就職に関わる一番大事な局面なのです。真剣に必死になって取り組むことがポイントです。何と言っても、あなたのやる気が就職を勝ちとる決め手になるのですから。

 


まとめ


笑顔の作り方一つで就職に成功するその方法とは

・面接での受け答えはイメージトレーニングをして覚えていこう
・面接中は余裕を持っていつでも笑顔を見せられるようにしていこう
・想定外の質問でも最後まであきらめない姿勢を示していこう
・面接官が笑顔で話しかけたらこちらも直ちに笑顔を見せていこう
・面接終了時は礼を尽くして最大限の喜びを表した笑顔にしていこう