ラクトフェリンでダイエット☆善玉菌を増やして痩せる方法

ラクトフェリンでダイエット☆善玉菌を増やして痩せる方法

最近便通の調子が悪い。そんな悩みを抱える方が多きかと思います。便秘になると腸内に便が溜まり、無駄な脂肪・糖質が吸収され、逆に食事で得た本来吸収すべき栄養が得られなくなってしまいます。

腐敗物が残っていると代謝が悪くなり、腐敗物の分解にエネルギーが消費され、栄養分解に回るエネルギーが少なくなるのです。そのため便秘は皮下脂肪が溜まる原因ともなります。よって、腸内環境を整えることが健康的なダイエットにも繋がると言えます。

腸内環境を整えるためには善玉菌を増やす必要がありますが、その働きを持つ栄養として注目を浴びているのが「ラクトフェリン」です。腸の調子を整える善玉菌を増やし、肥満や免疫力低下の原因となる悪玉菌を減らす働きをもつこのラクトフェリンを摂取することが健康的な体づくりに欠かせないと考えられます。そこで、今回は善玉菌を増やして痩せる方法を紹介していきます。



 

ラクトフェリンでダイエット☆
善玉菌を増やして痩せる方法

 

ラクトフェリンを食事で摂るなら乳製品から


ラクトフェリンはチーズ、ヨーグルト、牛乳、プリンなどの乳製品に含まれています。しかし、ラクトフェリンは熱に弱いという特徴があるため、殺菌する過程で減少します。そのため、食事での摂取だと微量になるとされています。

ただ、チーズで摂取する場合は、熱殺菌をしていないチェダーチーズやナチュナルチーズがおすすめです。また、現在ラクトフェリンを減少させない製造方法が研究されているため、ヨーグルトなどでもラクトフェリンを豊富に含む商品があるため栄養表示を見てみるとよいでしょう。

 

効率よく摂取するためにサプリメント


ラクトフェリンを摂取する方法として、効率よく摂るならばやはりサプリメントでの摂取がよいと考えられます。ラクトフェリンは熱にも弱いですが、酸にも弱いため胃で分解されてしまいます。そのため腸まで届く「腸溶性サプリメント」を選んで摂るのが効率的です。また、毎日規則正しく服用することでその効果が発揮されます。毎日欠かさず服用することで、効果を早く実感できるようになります。

 

摂るタイミング


基本的には就寝前に摂るとよいとされています。しかし効果を実感させるためには飲む時間帯よりも回数を意識する必要があると考えられます。ラクトフェリンの働きかけの持続時間は24時間とされているため、1日2回摂るとよいでしょう。これを毎日続けることで効果が発揮されます。

 

適度な運動との相乗効果


便秘の原因は運動不足にもあります。ゆっくりと軽めのランニングを30分以上行ったり適度な運動を実施することで脂肪は燃焼されます。ラクトフェリンの摂取のみに頼らず、運動と併行することでラクトフェリンの働きも向上すると考えられます。

また、運動により適度な疲労感を感じることで夜はぐっすり寝ることができます。これも善玉菌を増やすことにつながります。ランニングやジム通いなどが無理でも、日ごろの移動で歩く距離を増やしたり、エレベーターやエスカレーターに頼らず階段を使うなどの工夫でも十分な運動となります。

 

ビフィズス菌も一緒に摂る


ラクトフェリンは善玉菌を増やす働きがありますが、この善玉菌の一種として有名なのがビフィズス菌です。このビフィズス菌は自然の食品から摂ることはできないため、加工技術により添加された食品を選ぶ必要があります。食事で摂取する際の注意点としては、買ってからできるだけすぐに食べることと、毎日続けて食べることです。購入して時間が経つ前に摂取することでビフィズス菌を元気な状態で体内に取り入れられます。

 

ビフィズス菌のエサ・オリゴ糖の摂取


ビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果があるオリゴ糖。これを増やすことも腸の改善に繋がります。先述した通りビフィズス菌そのものは食事からの摂取は容易ではないですが、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖は玉ねぎやキャベツなどの野菜や大豆など、食材からの摂取が可能です。特に大豆に含まれる大豆オリゴ糖は免疫力の向上にも繋がります。

 

減少する原因への対策


腸内環境を整える善玉菌について、摂取の仕方だけではなく減少する原因に対する対策も考える必要があります。まずストレスを溜めすぎないことです。ストレスにより胃や腸の緊張状態が続いてしまうと働きが悪くなり善玉菌が減る原因となります。

次にお腹を冷やすこと。これも腸内環境を悪化させるきっかけとなります。最後に揚げ物や炒め物などを食べ過ぎないことです。酸化した油が悪玉菌を増やす原因となりますので気をつけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ダイエットというと新陳代謝の改善のための栄養管理やカロリーの計算、運動による消費ばかりを意識してしまいがちですが、腸内環境を整えることもダイエットには欠かせないのです。

腸内環境を整えて、便秘を解消することで皮下脂肪を減らしダイエットに繋がるのです。そのため、今回あげた善玉菌を増やすために良い食事を意識したり、善玉菌を減らさないために生活習慣を見直すことで健康的ですっきりとした体をづくりの実現が可能となります。

 

まとめ

ラクトフェリンでダイエット☆善玉菌を増やして痩せる方法

・ラクトフェリンを食事で摂るなら乳製品から
・効率よく摂取するためにサプリメント
・摂るタイミング
・適度な運動との相乗効果
・ビフィズス菌も一緒に摂る
・ビフィズス菌のエサ・オリゴ糖の摂取
・減少する原因への対策