結婚しない男をその気にさせるアプローチ術を大公開

結婚しない男をその気にさせるアプローチ術を大公開

最近の結婚しない男性は結婚出来ないのではなく結婚したくない男、そもそも結婚願望が薄い人も多い様です。世の中を見回すと身近にいる素敵な男性の中にも「えっ?まだ独りだったの?」なんて事も少なくないのです。きっと女性にもモテるタイプなのに何故結婚してないのかな~なんて思う場面が身近な所にも結構あるんです。

一見とても優しくて気が利いていていわゆる家庭的。きっと旦那さんとしてもパパとしても良き家庭人になれるタイプだろうと思える男性でも…。思わず「勿体な~い」と言ってしまいますが彼らには彼らなりの価値観があり「結婚しない」と敢えて選択しているのです。そんな結婚しない男性の気持ちを覆すには女性はどんな努力をすべきなのか。お勧めの方法をご紹介しますので是非お試しください。



 


結婚しない男をその気にさせる
アプローチ術を大公開

 


「理想の妻」アピール


結婚しない男性は裏をかえせば女性(彼女や妻)がいなくても日常生活の中で不足や不便を感じていないからです。しかし自分を支えてくれる女性や守ってあげたいと思う女性が目の前に現れれば「結婚」についても考える場面がきっと来る筈。よほどどうしても「結婚」できない理由がない限りは今現在そう思える女性がいないと言うだけの事。

男性が結婚相手に求める『良き妻』と言う物をリサーチした上でそれがアピール出来る位自分に自信を持てる女性になる事が大切。無条件で自分を信頼してくれる女性。悩みや困難に直面した時黙ってそばにいて支えてくれる安心感のある女性。一般的にはそんな女性に「彼女となら…」と男性は決意するものです。家庭的という意味では昔から「胃袋を掴め」と良く言います。特別凝った料理でなくて良いのです。普通の家庭料理が作れる事は重要です。

味付けや好みを合わせる事、更には相手の体調を考慮した料理がふるまえる事は高ポイントです。付いて行く姿勢。彼をたてる。感謝と尊敬の気持ちを持つ事、そしてそれを自然にアピール出来る事が大切です。一緒にいて居心地のよさを感じ、一緒にいたら幸せになれると思って貰う事が大切なのです。

 


「味方」を作りましょう


結婚しない男の気持ちを変えるにはまずは外堀を埋める作戦です。双方の親に気に入って貰う事が大切です。女性の親が彼を気に入って仲良くなる事も大切です。男性も女性の親から大切にされれば自然と結婚相手として女性を見る意識が生まれて来るものです。また、男性の親から気にいられればこれほど強い後ろ盾はありません。いつまでも煮え切らない息子にお相手のご両親が結婚を促してくれるかもしれませんよ。

友人も同様です。彼の友人の協力はとても有力なのです。「お前もそろそろ身を固めたら?」とか「○○ちゃん、お前からのプロポーズ待ってるんじゃないの?」なんて何気ない一言が後押しになったことも少なくありません。彼と同じ位彼の友人達も大切にしておいて損は無いですよ!強い味方になって貰えばきっと助けてくれる時が来ます。

 


「結婚」か「別れる」か選んで!


長年お付き合いをしているのに全く結婚話に発展しないし踏み出そうとしない彼に対し正面から気持ちを聞いてみるのです。勿論プロポーズは男性から…という夢をほとんどの女性は持っている物です。しかし、結婚願望がない男性や今だけ楽しければ良いと考えている男性もいます。結婚しない男に対し「おどし」でこんな事を言ってはいけませんが本心からそろそろけじめを…と考えているのなら彼に決断させる事も大切です。

別れる覚悟も必要な最終手段ですが彼の本意がわからない時にはこうする事も必要かも知れません。男性と女性の将来のビジョンが違うのであればどこかで必ず応えを出さなければいけない問題ですから。彼があなたを本当に大切に思っているのならそんなあなたの気持ちを汲んで誠実に応えてくれる筈です。うやむやにしない事が重要なのです。

 


ズバリ!女性からプロポーズしてしまいましょう


最近は草食男子が増えているせいか告白やプロポーズも男性からなんて常識は無くなって来ています。女性からのプロポーズも「あり!」という意見も男女共に多く結婚しない男の中にも女性からのプロポーズに案外素直に応じてしまう男性も珍しくは無いのです。しびれを切らし「もう待てない!」という状況なら重くなり過ぎない雰囲気で軽く「結婚しようか?」などと言い彼の反応をみてみると言う方法もあります。

ただ単に彼からは言いださなかっただけで気持ち(結婚の意思)は一緒だったなんて事もあります。また女性のプロポーズを受けても何も動かなかったりのらりくらりかわされてしまう様なら脈は無い、あなたのパートナーではなかったのです。

 


結婚のタイミングを見逃さない


何の問題も無い二人、長く付き合っているのに結婚に至らないケースにはイベントやきっかけや環境の変化がなくただ単にタイミングを逃し続けていた状況もあります。または男性には結婚の意思は全くなく特に別れる理由もないので敢えて別れを決意するのが面倒でこの状態を続けていたという可能性もあるのです。女性にとってはそれで良い訳はありません。男性の心も知りたいし、いい加減落ち着きたいと思う時は来るのです。

プロポーズや結婚のきっかけがなければ彼が結婚を決断できるよう女性が条件を整え作ってあげるのもひとつの手です。男性の結婚を意識するタイミングの目安としては30歳を迎える前。一般的に言われる男性の結婚適齢期は33歳。結婚しない男性の中でも33~35歳位になると「婚期を逃した!」と思いはじめ婚活に励む男性も多いという統計もあるのです。

結婚したいとお考えの女性はそんなタイミングを絶対見逃さず効果的にアプローチしてみる事が大切です。

 


親が病気になった、両親の老いを感じた時


いくつになっても親は親…とても大切な物なのです。そんな両親が病気で倒れたり老いを目の当たりにした時、男性は自分の将来についても真剣に考え始めるものです。なかなか結婚しない男でも自分に将来を共にする伴侶がいない状況に改めて気付いたりするタイミングだと言います。そんな時、自分の身近にいる女性がとても家庭的で自分を大切にしてくれる女性だったと感じたら結婚の対象として感じてくれるはず。男性の親の看病や介護に献身的に協力してあげられれば男性は心優しいあなたに感謝とともに信頼感を持ち改めて意識してくれるのです。

 


仕事の転機は絶好のタイミング


一般的な会社勤めの男性や女性なら就職や転職、転勤など転機が訪れる事があります。そんな時に将来の生活について話し合うきっかけがやって来ます。男性にとっても女性にとってもこの様な時は人生の転機や人生の岐路となるような出来事。彼自身が結婚を意識する良い機会です。結婚しない男のそんな転機を見逃さずここで一押しするとその気になってくれる可能性が大です。

 

いかがですか。彼女がいるのになかなか結婚しない男をその気にさせるアプローチ術をご紹介してみましたがすぐ実践できそうなもの、タイミングを見計らって試してみる物とそれぞれです。いずれの方法も決めては程よい距離感と適切な女磨きです。男女の関係は空気の様なものが理想的なんて言いますが・・・。

男性にとっていつも自分の傍らにいる女性が空気の様に「当たり前」の存在だと思われてしまっては駄目なのです。やはり多少の距離や遠慮がなければ、彼の中のあなたは気になる「女性」として意識し続けて貰える状態ではなくなるのです。結婚しない男、結婚の決断ができない彼の本心を理解するのは本当に困難です。ひょっとしたら本人の彼でさえわかっていないかもしれないのですから。

彼と私の将来はあるのか?今後どこかで結婚のタイミングが訪れるのか?そもそも彼は結婚を考えているのか?そんな不安がよぎった時には自分が傷つくことも覚悟した上で試してみて下さい。

 


まとめ


彼に「結婚」を意識してもらう7つのポイント

・「理想の妻」アピール
・「味方」を作りましょう
・「結婚」か「別れる」か選んで!
・ズバリ!女性からプロポーズしてしまいましょう
・結婚のタイミングを見逃さない
・親が病気になった、両親の老いを感じた時
・仕事の転機は絶好のタイミング