お腹だけ痩せる方法☆一日5分の簡単ストレッチ

お腹だけ痩せる方法☆一日5分の簡単ストレッチ

身体の他の部分は細めなのに、お腹だけがポッコリ出てしまう体質の人も、いますよね。そんな人は、他の部分は落とさずに、お腹だけを痩せる方法の実践をおすすめします。しかし、世間では部分痩せは不可能に近いとも言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

実は、お腹だけを痩せることに関しては、不可能とは言い切れません。なぜなら、ウエストが太い原因としては、脂肪はもちろんのこと、筋肉の少なさや便秘、姿勢の悪さなど、様々なものが考えられるからです。そのため、お腹だけを痩せるためにアプローチできることはたくさんあると言え、部分痩せもしやすいのです。今回は、お腹だけ痩せたい人に役立つ、ストレッチやエクササイズについてお伝えします。



 


お腹だけ痩せる方法☆
一日5分の簡単ストレッチ

 


腸もみをしよう


お腹を痩せる方法としてまずお伝えしたいのは、便秘によってお腹がぽっこり出ている人に役立つ方法です。便秘になると、便自体がお腹に溜まって出てしまうばかりでなく、食べたものから脂肪が蓄えられやすくなるというデメリットがあります。

便秘の解消策としては、本来なら食事や生活習慣の改善などが王道ですが、ストレス性の便秘などの場合は、腸をもんでダイレクトに刺激した方が効果があります。

まず、おへその右斜め下を両手の指で強めに押し、次はおへその真横、次は右斜め上……と、大腸の流れに沿って、「の」の字を描くように順に指圧していきます。最終的に、大腸の出口であるおへその左斜め下を押して完了です。押した場所が出口に近くなるにつれ、便秘が酷い場合は手に便の感触が触れることがあります。それを見つけたら、なるべく強めに揉みほぐせば、さらに便秘解消効果が出ます。

 


腰回しストレッチをしよう


筋肉を伸ばして柔らかくし、脂肪燃焼を促進させるのがストレッチの目的ですから、お腹を痩せるためには、お腹~腰を重点的に動かすストレッチを選ぶと良いでしょう。その中でも、あまりハードではなくどこでもでき、時間もかからないものとしては、腰回しストレッチがあります。まず、両手を骨盤の少し上に当て、足は肩幅程度に開きます。そして、フラフープを回すときの動きのように、腰を時計回りにぐるぐる回します。

この動きを10回ほど続けたら、次は反時計回りに、もう10回回します。これらを合わせて1セットとし、一日2~3回行いましょう。筋肉が伸びるだけではなく、骨盤の位置も正常化するので、身体の歪みも取れます。

 


身体伸ばしストレッチをしよう


お腹を痩せるためにもう一つご紹介したいストレッチが、身体伸ばしストレッチです。まず、手を頭上で組み、手のひらを天に向けるようなポーズを取り、そのまま身体を右に倒します。このとき、身体の左脇腹を伸ばすことを意識して、限界まで倒して息を吐きながら10秒ほどキープしましょう。そして、逆側にも同じく倒し、10秒キープ。

この動作を1セットとして5回ほど繰り返しましょう。脇腹には腹斜筋という筋肉があますが、普段あまり使わない筋肉のため、放っておくと衰えてしまい、お腹のたるみを引き起こします。その腹斜筋を適度に刺激するのが、このストレッチなのです。

 


クランチをしよう


ストレッチというよりも筋力トレーニングと言った方が近いですが、やはりお腹を痩せるためには、腹筋を付けるのが一番手っ取り早いです。これは、脂肪を燃焼させて痩せるのとは違いますが、筋肉によって引き締まったボディラインを作り、美しいくびれを見せられるようになります。ここでお試しいただきたいのは、クランチです。

クランチとは、一般的に言う、上体を起こす腹筋運動のことです。注意点としては、後頭部で組んだ腕の力で身体を起こさずに、お腹の力だけで起こすこと。そして、起こす角度を30度程度に留めて、腹筋に一番負荷がかかるようにすることです。

 


脚上げトレーニングをしよう


最後にお教えする方法は、脚上げトレーニングです。お腹を痩せることを目指しているのに、なぜ脚を上げるの?という疑問が浮かんだ人もいるでしょう。ですが、この脚上げトレーニングは、脚を鍛えるというよりも、腹直筋下部と、腸腰筋を鍛えることが目的となります。

まず、床に横になり、膝を軽く曲げて脚を地面に付かないように浮かせます。その状態で一呼吸維持し、脚を床に付けることを繰り返します。回数としては、15~20回を1セットと考え、一日に2~3セット行いましょう。

 

いかがでしたでしょうか。お腹だけを集中的に鍛えて痩せる方法を、ストレッチを中心にお伝えしました。これらの全てを一度に行うと、さすがに5分で済ますことは難しくなってきますが、一つか二つを空き時間に実行する程度なら、5分以上かかることは無いはずです。ここでは、便秘の解消と、腹筋を鍛えること、そしてストレッチで筋肉を伸ばすことを目的とした方法をご紹介しています。

この3つをセットにして毎日実施すれば、便秘によるポッコリお腹は解消され、引き締まった腹筋となり、脂肪も燃焼しやすくなります。おまけに、筋力を付けることで姿勢も正しくなり、既にお腹に付いたお肉が痩せるだけでなく、新たな脂肪が付きにくくなり、見た目にもすらりとした体型を手に入れられるはずですよ。

 


まとめ


お腹だけ痩せる方法☆一日5分の簡単ストレッチとは

・腸もみをしよう
・腰回しストレッチをしよう
・身体伸ばしストレッチをしよう
・クランチをしよう
・脚上げトレーニングをしよう