年上の女性をメロメロにさせるデートプランとは

年上の女性をメロメロにさせるデートプランとは
年上の女性とのデートは、同い年や年下の女性とデートするよりも、何だか緊張してしまうものです。確かに、自分よりも数年先に生まれて、その分人生の先を歩み、自分が知らないことも知っているはずの年上の女性ですから、年下の男では太刀打ちできないのではという気持ちにもなりますよね。

仮にデートに誘うまではうまく行っても、デート中に自分のことを子供だと思っているのではないかとか、デートコースが幼稚だと鼻で笑われてしまうかもしれないなどと、様々な心配が生じるのも無理はありません。そんな年上の女性をデートに誘うのだとしたら、どんなプランを立てるべきでしょうか。

今回は、そんな恋に頭を抱えている年下の男性にお教えしたい、年上の女性が感動してしまうようなデートプランについてお伝えします。



 


年上の女性をメロメロにさせる
デートプランとは

 


必ず主導権を握ろう


「自分は年下だから……」と、相手の女性に行きたいところを尋ねたり、様々なタイミングを委ねてしまうようでは、彼女の心を掴むことはできません。自分でデートに誘っておきながら、相手をどう接待したいのかが定まっていないのは論外ですし、どこへ行くにも彼女にお伺いを立てていると、年上の女性をエスコートすることを重荷に感じていると思わせてしまいます。

これは彼女に楽しんでもらい、あなたの魅力に気付いてもらうためのデートなのですから、年齢の差などは忘れて、全ての主導権をあなたが握るようにして下さい。事前に行くお店、時間、回るルート、そして雰囲気作りなどを全て、あなた自身の手で決め、デートの全体像をうまく構築できれば、相手に「年下ながらできる男」という印象も与えられます。

あなたと彼女の関係性にもよりますが、表面上の態度は下手に出ても、全般的な行動はあなたが彼女を引っ張るというスタンスを崩さないようにしましょう。そして、デートの最後にキスやそれ以上のチャンスがあれば、それもあなたから行動するようにして下さい。相手が年上の女性だからと躊躇していては、何の進展も望めません。

 


年齢差によってプランを変えよう


年上の女性と言っても、いくつ年齢が違うかによって、適切なデートプランは異なります。例えば、1~3歳程度の差なら、無理に背伸びをせず、同じ年齢の女性とデートするようなカジュアルなコースを組むことをおすすめします。これくらいの微妙な年齢差の女性は、あまりに「年上の女性」ということを前面に出されると、おばさん扱いされたような気になり、不愉快に感じることが多いです。

そもそも年上から見ると、少しくらいの年齢差は同世代だと思いたいものですから、年下側が余計にそれを意識させるようではいけません。

また、もしも彼女が4~7歳くらい年上なら、雰囲気のあるレストランや美術館など、大人っぽい要素をふんだんに入れたデートが良いですね。

この程度の年齢差だと、相手も自分が上の世代だということを受け入れているはずですから、過剰に若者扱いされる方が窮屈に感じます。あくまで、あなたが少し背伸びをして相手に合わせたいのだという気持ちを伝えるようなデートにしましょう。デート中は、彼女を立てつつ、頼りがいのある男らしいところを見せるのを忘れずに。

 


年齢差が大きい場合は、いっそ若々しいデートプランにしよう


そして、それよりも年齢差が大きいなら、思い切ってあなたの年齢に合わせたスポットに彼女をお誘いしてみて下さい。あまりに年齢が離れると、年上の女性からは、そもそもあなたのことを恋愛対象として見ることができない可能性があります。

それを払しょくするために、彼女に「あなたは僕から見て十分恋愛対象です」というアピールをしましょう。そのために有効なのは、あなたが好きなことや楽しいことを、彼女と共有することです。

年上の女性はどうしても落ち着いた雰囲気になりがちですが、それくらいになると、むしろ若い子に振り回されるくらいの方が心ときめくはずです。年齢差が大きい相手ですから、あなたからあまり馴れ馴れしい接し方をするのは難しいです。

ですが、あなたが彼女を女として見ているということをちゃんと伝えるために、年下の無邪気な強引さを武器にして下さい。

 

いかがでしたか。年上の女性に楽しんでもらい、そしてあなたのことを意識させるためのデートプランについてご説明しました。女性の中には、年下の男性に好意を持っても、「私のようなおばさんに好かれても迷惑なのでは」と思う人が少なくありません。それは、二人の年齢差が大きくなればなるほど顕著となるため、その分攻略するのも難しくなります。

その垣根を乗り越えるためには、年下の男性の強引さをフルに発揮することが大切です。簡単に言うと、彼女が年齢を気にして歩み寄れないのなら、あなたの方から歩み寄って行けば良いというだけのこと。ですから、好きになった人が年上だとしても、遠慮も迷いも厳禁です。あなたが力強く彼女を引っ張ることで、いくつの年齢差も障害では無くなるのです。

 


まとめ


年上の女性をメロメロにさせるデートプランとは

・必ず主導権を握ろう
・年齢差によってプランを変えよう
・年齢差が大きい場合は、いっそ若々しいデートプランにしよう