要注意!モテない男に共通する7つのダメダメ生活

要注意!モテない男に共通する7つのダメダメ生活

モテない男と言われるのは辛いものです。本当は、日々の平穏な暮らしを突き破っていく、切っ掛けが見つからないのです。女性を欲する気持ちは途絶えることはありません。男に生まれたからには、

一生に一度は死んだ気になって何かをやる決意は有ります。この生ぬるい環境を決別出来ればと思います。だが、思いだけでは何ごとも成せないのです。実行あるのみです。

モテるためには、信頼と誠実さを積み重ねていくことです。そして、常識をわきまえることがキーポイントです。ここでは、あなたと共に、要注意!モテない男に共通する7つのダメダメ生活、を見ていきましょう。



 


要注意!モテない男に共通する
7つのダメダメ生活

 


デリカシーに欠けることを口にする姿


日常生活のなかでは、多様な場面で人との接触が起こります。人にはアツい人や薄情な人などの性格を生まれながらに持っています。そして、正直な人や嘘をつく人という区分けもあります。

さらに、人の心を傷つけても平気な人もいます。あなたが人と仲良くやっていくためには、相手の人の機嫌を損ねるような言動は控えることです。そうでないと相手の人は、あなたとの縁を断ちきってしまいます。

女性と言えども自分が気にしているメンタルなことを、男性から言われるとショックは隠せません。「最近、めっきり肥えたようたね」などと、不用意に言おうものなら、女性陣からの総スカンに合ってしまいます。

 


不潔感のある装いの姿


目も覚めるような女性が通っていきました。美しい装いにも魅せられました。数刻前。心地よい眠りから覚めると、おもむろに起き上がりスマホのスケジュール表を見ました。ベッドを抜け出しストレッチをしました。

朝シャンして鏡の前で濡れた髪を乾かします。メイクアップを念入りにしました。そして、鏡に向かい話します。「鏡よ鏡、今日のわたしはどうですか」ひとりごとを呟いてご機嫌です。新しい下着に着替えます。

軽い朝食をしてお出かけ用の洋服を着ます。さて、あなたの見た彼女はどの位の時を準備に費やしましたか。日々の生活では清潔感は必須です。着るものも似合うものでなければ、女性に嫌われてしまいます。

 


災害時に自分だけで逃げ出す姿


日本は地震などの災害が起こり易い国です。男性の本分は自分の子孫を繁栄させることです。そこで女性を得て家族を守るのは大事なことになります。地震は突発的に起こるものです。

近頃は、災害情報をいち早く報知するシステムもあります。けれども本番の大揺れには、肝がひっくり返って小さな子どもや女性たちは、すくんで動かれません。そんな時の男性は率先して避難誘導に当たります。

ところが時として大人の男性が慌てふためき、他を省みずに自分だけ逃げ出す姿を、職場の災害時などでも目撃することは珍しくないのです。女性はそういう男性に、失望とモテない男の烙印を押します。

 


人の陰口を叩いている姿


モテない男には訳があります。職場ではよい人で評判は悪くないのです。大勢いる男性の一人です。目立ったこともない普通の人に見えます。やがて、休憩時間になり仕事から解放されて、ふっと一息入れます。

張りつめた緊張感も緩みます。すると彼のもう一つの別の顔が出てきたのです。「あいつは、こんなことをしている嫌なやつだぞー」と、吹聴しはじめたのです。それは仕事中の彼とも思えない言動でした。

女性たちは相槌を打って話に加わります。けれども心のなかでは、嫌な奴とあきれていることには、彼はまったく気づいてはいないで得々と話をしています。こんな男の姿を女性は嫌います。

 


自慢話をいつも得々としている姿


人の一生は長くもあり、また、短くもあると言われます。そこには、その人の人生観がギッシリと詰まっています。価値観の捉え方も、人によって異なります。10人が集えば、10通りのものの捉え方が出てきます。

自分にとって大事でも、他の者にとっては評価は異なります。「自分にはこんな物がある」「映画スターにやっと、サインを貰った」「今度、南太平洋にクルージングにいく」など。と、まことしやかに言います。

そして、あたかもそのことで自分がさも偉くなったかのように、得々と話します。そういう馬鹿らしい話しには、むしろ嫌悪感すら抱いてしまいます。いつも自慢話をしたがる男性は女性には好かれません。

 


女性をむやみに困らせる姿


女性が求める男性像は、優しくて誠実な人です。容姿や背高はあまり重要視されません。何よりも成人の女性として、大切に扱ってくれることなのです。あなたは成人男子として恥ずべき行為はしていませんか。

世間は大勢の人たちが助け合って暮らす場です。そこでは各々が快適な暮らしを求めて、自分に課した戒めを全うするために頑張ります。それは難しくはありません。要は、他人に迷惑をかけないことです。

宴会で深酒して同僚の女性に無理やり抱きついたり、ハレンチな嫌らしい踊りをしたり、女性の前でタバコを無遠慮に吸ったり、借りたお金や物を返さない。さらに、約束を守れない人も女性は嫌がるものです。

 


金を無計画に使ってしまう姿


男性は自分の家族を養っていく義務があります。近年のように経済状況が思わしくない状況では、大変な重荷になっています。そのために、女性も自分の能力を活かした仕事に就いて男性に協力しています。

男性が独身のときには、自分で働いたサラリーを自由に使えます。そこで往々にして乱脈な金の使い方をしてしまいます。恋愛ホルモンによって男性の性が目覚めると、女性を欲する感情は表面に出てきます。

そうなると乱脈な金銭感覚はそのままに、女性とのお付き合いに夢中になります。さて、どうなるのでしょうか。結果は明白です。金に無頓着なダラシナイ男としての烙印を押され、モテない男の仲間入りになります。

 

いかがでしたか。モテない男はつらいですね。けれども明日からは、あなたはモテる男の仲間入りができます。モテる男とは女性に安心感を抱かせることに尽きます。何も難しいことではありません。

あなたの決心と行動力を示せば全て上手くいきます。そして、一つのことを成せばよいのです。女性を成人した一人の大人として扱うことです。そういう心遣いが、優しさや労わりや安心感を育んでいきます。

さて、要注意!モテない男に共通する7つのダメダメ生活を見てきました。あなたにとって共感した話はありましたか。モテない男には、痛い話しばかりだったと思います。がんばって幸せを掴んでください。

 


まとめ


要注意!モテない男に共通する7つのダメダメ生活

・デリカシーに欠けることを口にする姿
・不潔感のある装いの姿
・災害時に自分だけで逃げ出す姿
・人の陰口を叩いている姿
・自慢話をいつも得々としている姿
・女性をむやみに困らせる姿
・金を無計画に使ってしまう姿