二の腕のブツブツが気になったら見直したい生活習慣

二の腕のブツブツが気になったら見直したい生活習慣
二の腕のブツブツやザラザラは、半袖の季節になると特に気になりますよね。二の腕に保湿クリームを塗っても何をしても、ブツブツは解消されないままだという人は、きっと少なくないでしょう。

二の腕を中心に出るブツブツは、「毛孔角化症」または「毛孔性苔癬」と呼ばれるれっきとした皮膚病。サメ肌という別名で呼ばれることもあります。この症状は生まれつきだからもう治らない……と諦めるのはまだ早いです。

「でも、どんなスキンケアでも良くならないんだけど、どうすれば?」と言うあなたは、生活習慣から変えてみましょう。普段から二の腕のケアに気を付ければ、少しずつですがお肌がなめらかになるはずです。

そこで今回は、この二の腕のブツブツができるメカニズムと共に、生活習慣を改善する方法についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

身長が遺伝する確率と伸ばすための食事法

身長が遺伝する確率と伸ばすための食事法
身長は遺伝だけで決まるもの……と思われがちですから、身長が低い親御さんなら、子供のこれからの成長を心配してしまいますよね。ですが、実際はそうではありません。もちろん、遺伝的要素が全く関係ないというわけではありませんが、遺伝以外のファクターの方が、最終的な身長の決定に大きく関わっているのです。

ですから、お父さんもお母さんも、そのまた両親も身長が低い方だったから、これから育つ子供にも遺伝してしまうかも……と悩む必要はありません。お子さんがまだ成長期のうちに、身長が伸びやすい生活を送らせてあげれば良いのです。

身長の高低を左右する大事なことと言えば、やはり食事や生活習慣。身長が伸びやすい食事を摂り、しっかり眠って身体を休めること。それが、遺伝に左右されずに身長を伸ばすコツです。

そこで今回は、身長の高低に遺伝がどれくらい影響されるかと、身長を伸ばすために食べさせてあげたい食事についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

低身長の基準を知って行う5つの対策

低身長の基準を知って行う5つの対策
低身長と言えば、ただ身長が小さめなだけだと思われがちですが、実は、一般に「低身長」と呼ばれるものにはある基準があります。もし、あなたのお子さんの身体が同じ歳の子供たちよりも小さくて、「もしかしたら、うちの子は低身長かも」と気にしているようなら、その基準を知って、今後の対策を立てることをおすすめします。

低身長は、(その原因にもよりますが)子供のうちに治療すれば、大人になるまでに改善できる可能性があるのです。身長が小さいというだけで生活に不自由することはまずありませんが、本人がコンプレックスを抱えて生きるようになるのは、親心として避けたいですよね。

今回は、低身長の基準や、それに当てはめた判断の方法、そして対策についてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

顔の筋肉を動かせば顔痩せにつながる秘密

顔の筋肉を動かせば顔痩せにつながる秘密
顔の筋肉をよく動かしていますか。ふくらはぎや、二の腕や、お腹まわりなどは意識して鍛えることはあっても、顔の筋肉を鍛えることはあまりないのではないでしょうか。けれども、大きく顔を動かしてみれば、普段、案外、顔の筋肉を動かしていないということがよくわかります。ものすごく大きく顔を動かしてみると、すぐに疲れてしまうのです。顔の筋肉が鍛えられていない証拠です。

顔の筋肉を大きく動かすことで、顔痩せにつなげることができます。笑うと二重アゴになったり、顔が大きすぎてタートルネックを着ても、全然かっこよく見えなかったり…。写真を撮る時も、顔が大きいと損ですし、顔が引き締まっていないと何かと嫌なものです。

顔を大きく動かすとなぜ、顔痩せにつながるのでしょうか。そこで今日は顔痩せするためのエクササイズについてお伝えします。
[ 続きを読む… ]

身長が遺伝で低くてもあきらめないで!背が伸びる方法

身長が遺伝で低くてもあきらめないで!背が伸びる方法

「身長の高低は遺伝するから、どうやっても伸ばすのは無理」と思い込んでしまってますよね。実際は、そうとも限らないようです。もちろん、成長期を過ぎてから身長を伸ばすことは手術などをしなければ難しいですが、まだ子供のうちなら、両親や両祖父母の身長が低くても、背を伸ばすことは可能なのです。これは朗報ですよね!

身長を決める要素の中で、遺伝が影響するのはたったの25%、つまり1/4と言われています。と、いうことは、身長を決める残りの75%は、遺伝ではなく、環境や食生活などに影響されるものだと考えられます。

両親の身長が低くても、子供の身長を「遺伝だから」と諦める必要はありません。今回は、日常生活の中で得られる背を伸ばすために必要な要素などについてお伝えします。
[ 続きを読む… ]