彼氏依存症を治したいあたなに試して貰いたい7つの行動

彼氏依存症を治したいあたなに試して貰いたい7つの行動

意外かもしれませんが、恋人がいれば他には誰もいなくても良い、彼や彼女さえいれば、自分は生きていけるんだなどと考える人も少なくない物です。

特に、女性の中には、彼を頼り切ってしまい、長年付き合っていた同性の友人との時間よりも彼と過ごす時間を最優先するのも当たり前で、友人とは疎遠になってしまったり、何か決断するにも自分の意思より彼の意見に従うなんて事も起こりうるのです。

そんな事になってしまうと、社会との関わりも薄くなり、物事の考え方も偏りがちになってしまうものです。つまり、彼氏依存症の弊害があると言わざるをえない状況になりかねないので、望ましくはないと言えるでしょう。

では、そんな状況に悩み『彼氏依存症を治したいあたなに試して貰いたい7つの行動』をご紹介しましょう。



 


彼氏依存症を治したい
あたなに試して貰いたい7つの行動

 


家族や友人と過ごしてみよう


彼と会う時間、彼と遊ぶ時間、彼の事を考える時間、彼の為に何かをする時間・・・人生の全てが「彼」中心になってしまいがちです。その結果、彼がいないと何もできない、彼以外の事は何も考えられない女になってしまう訳です。

特に、女性の場合、彼が出来た途端に昨日まで日常を共にしてきた女友達との付き合いも疎遠になりがちで、もし、彼が都合がつかなければ、どんなに淋しくても一人で過ごさなくてはいけなくなったりします。

彼とのお付き合いは、もしかしたら数ヵ月、数年で終わってしまうかもしれないんですよ。でも、友人は一生ものだとよく言われます。

彼中心の生活を送っていると、当然、どんな場合でも彼が最優先で、家族や友人をないがしろにしてしまったり、後回しにしてしまい、結果的には自分の世界が狭まり、思考も彼一色になってしまうのです。

そして、そんなあなたに愛想を尽かした友人達はあなたから離れていってしまうかも知れないのですよ。時には、敢えて家族や友人との時間を優先させることも必要でしょう。

お互いが100%時間を共有する事も出来ないのは当然です。忘れてはいけないのは彼には彼の時間、あなたにはあなたの時間があるのは、ごく普通の事なのです。それに気付かなくなるのが、彼氏依存症の一番厄介な症状かも知れませんね。

離れている時間を持つ事で、二人の関係が健全に保たれ、末長くお付き合いが続けられると言う事に気付きましょう。

 


夢中になれるものを見つけよう


仕事、スポーツ、趣味、資格取得など、何でも良いのです。彼抜きで、時間的に拘束される活動や頭を使わざるを得ないものにチャレンジしてみましょう。当然、その間は彼の事を考えている暇もないでしょう。敢えて、そんな時間を持ってみるのです。

夢中に取り組んでいた事が実を結んだ時、それが自分の自信となるでしょう。結果、彼ありきのあなたではなく、あなた自身、つまり、彼がいなくても大丈夫な「自分」に気付く事が出来るのです。

例えば、習い事なども良いでしょう。時間の拘束、思考の拘束が有る事で、彼に「会いたい」と言われても会えない状況が有る事を辛いと思うかもしれませんが、あなたがいつも彼の時間に合わせてあげるばかりでなく、彼があなたの時間に合わせてくれる、そんな女性になる事を楽しんでみましょう。

また、自分を磨き、何かを身につける事で、自分の価値、魅力を高めていけるものに取り組んでみたら、自分に自信が持て、彼氏依存症にならずに済む効果が有るかも知れません。

彼と一緒でなくても楽しいことがあることに気づく、そして、自分が夢中になれる事があるという事を知れば、強く生きていけるのです。

無趣味からの脱却も重要です。読書、音楽、映画、ドライブ、買い物、ファッション、ガーデニング、ゲーム・・・何だって良いのです、彼の趣味に合わせるのではなく、自分の好きな事に打ち込んでみるのが大切なのです。

当然、もし彼と同じ趣味なら、それはそれで二人で楽しみながら、お互いの知識を高めあうのも良いですし、趣味に制限や制約は一切ありませんので、色々とチャレンジしてみましょう。一生継続できる趣味に出逢えるかもしれませんよ。

 


自分を磨いてみよう


彼を想うエネルギーの半分で良いので、自分磨きに廻してみるのはいかがでしょう。彼との関係を長続きさせるには、あなたが素敵であることが一番です。あなたが彼を思うのと同じ位、彼があなたを思ってくれる事が、とても重要なポイントなのです。

彼氏に依存してしまうのは、一般的に自分に自信がない人が多い傾向にあります。内面も外見も自信がなく、自分は魅力のない人間、彼も私から離れて行ってしまうかもしれない、彼がいなくなったら一人ぼっちになってしまう、といつも不安の中にいるものです。

そんな不安を払拭するためにも、自信を持つ第一歩として外見を磨いてみてはいかがですか。髪型やメイク、表情の作り方など、どうしたら可愛くなれるか、もっと好きになってもらうにはどんな女性になったら良いのだろう…と考えることから始めてみましょう。

すると自然に行動し、また、心もウキウキしてきて、外見と共に内面も一緒に磨いてみたいという欲求も出て来るものです。

 


携帯から離れてみよう


彼からのメールが来ない、電話が来ない・・・彼氏依存症の女性にとって、それは、とても心配な事です。「きっと、忙しいんでしょ」なんて、サラッと流す事なんて出来ない心理状態にあるものです。

その状況に、必要以上に何度も携帯をチェックしてしまったり、落ち着かなくなってしまう事は勿論の事、彼の状況をあれやこれやと想像してしまい、更に不安になってしまう事でしょう。

敢えて、携帯を触る時間もないほど忙しい状況をつくる事も良いと思いますが、理想は、携帯の存在も忘れてしまう位、生活や心が充実している事ですね。

まずは、初めは努力が必要かも知れませんが、大切な連絡がある場合は別として、携帯を見ない生活、触らない生活も、慣れてしまえば案外、普通に生活できるものだということを知りましょう。

 


焦って克服しようとしない様にしよう


「彼に依存してはいけないんだ」などと考えてしまっている間は、頭の中は『彼』のことでいっぱいな証拠です。まず、肩の力を抜いて「彼氏に依存しない!」などと彼氏依存症克服を決意するより「これって彼に依存してるんだ」と自覚出来れば良いでしょう。

彼氏依存症を克服するには、焦りは禁物です。それより、自分自身の毎日を丁寧に過ごすことが大切だと言われます。

例えば、趣味や習い事を始めたら、理由をつけてサボったりしないとか、彼への連絡は自分からはしないと決め、きちんと我慢するとか、彼と家族や友人とのバランスを見直してみるとか、自分で出来る努力を継続的にしてみましょう。

決して無理はせず、確実に守っていけそうなルールを、日常の中でしっかり意識して過ごす様に心がける事が大切であり、そんな時間の積み重ねが彼氏依存症克服には、とても効果的で重要なのです。

 


忙しい時間を持とう


敢えて予定を作り、忙しい自分になり、寂しさに負けない環境を作りましょう。時間があれば、どうしたって彼の事ばかり考えてしまうのは仕方のない事です。それを避けるためには、とにかく予定をたくさん入れてしまいましょう。

予定に従い活発に動き回れば、寂しさを紛らわす事も出来ますし、忙しい事で彼のことを考える
時間からも脱出できる訳です。ひとり思い悩む時間を極力作らないようにするのがポイントです。

交際範囲を広げるのも良いでしょう。自分の世界が、彼一色になってしまっているなら、思い切って世界観を一新してみるのです。新しい人間関係を築いて人脈を開拓してみるだけでも気は紛れますが、それによって受ける良い刺激も沢山あるものです。

交際範囲を広げ、積極的に自分の殻を破き、外に出ていく事で、自分を変える事も出来、また、彼にとっても、あなたの新しい魅力を見せる事ができるのではないでしょうか。

 


客観的に自分を知ろう


自分の今の状況がどんなものなのか、を冷静に把握している人は意外に少ない物です。それでも、問題ない日常を送れているのなら良いでしょう。しかし、現在の自分に不安を感じている人は、是非、客観的に自分を知る、見つめる事から始めましょう。

自分自身の現状を知ることは、とても大切なのです。今の自分の心理に何らかの問題があると自覚はしている、しかし、実際には、それはどれくらいの依存状態なのか・・・?そこは、わかっていない人が多いのではないでしょうか。

例えば、一日のうち、彼のことを考えているのは24時間中どれ位か?とか彼からの連絡を待つあまりスマホを気にしている時間はどれ位か?とか彼と過ごす時間は一週間の内どれ位か?とか・・・。

冷静に振り返り、分析した上で、彼の為に、おろそかになってしまっていることはないか?を見つめ直す事が大切です。そして、それは、理想的な状態なのか、それとも変えるべきなのか・・・

きっと、そんな普段、当たり前に出来そうな事なのに、そんな事考えた事も無かった自分に気付き、場合によっては「こんな莫大な時間とエネルギーを、彼に使ってたんだ!?」と驚くかも知れませんね。

 

いかがですか。以上が、『彼氏依存症を治したいあたなに試して貰いたい7つの行動』です。勿論、彼氏がいる事は、人生の楽しみや幸せという意味では、とても重要な事です。

彼に出逢えたお陰で、本来、自分だけのものである、日常の中の楽しい事、感動した事、淋しさや悩み、困難な事に直面した時、など・・・様々な感情を共感出来る相手がいると言う事ですから、これ以上ハッピーな事は無い筈です。

しかし、時には、彼がいても、あなたはあなた、二人で全てを共有出来るとは限らないのだという事は、忘れてはいけないのです。

彼も女性から頼られる事を誇りに思える時もあるでしょう。しかし、それも度を越してしまえば、重荷になり、疲れ果ててしまうことだってあるのではないでしょうか。彼にとって負担にならない事も大切だとは思いませんか。

 


まとめ


彼氏依存症を治したいあたなに試して貰いたい7つの行動

・家族や友人と過ごしてみよう
・夢中になれるものを見つけよう
・自分を磨いてみよう
・携帯から離れてみよう
・焦って克服しようとしない様にしよう
・忙しい時間を持とう
・客観的に自分を知ろう