彼女とメールするときに気をつけるべき7つのポイント

彼女とメールするときに気をつけるべき7つのポイント

彼女がいれば、メールで連絡を取り合うことは、何も珍しいことではありませんよね。ですが、男性は女性よりもメールなどが得意ではないという声も聞かれます。人によっては、彼女ができたのは嬉しいけれど、メールのやり取りが苦痛だという意見まであるようです。普段から女性と遊ぶのに慣れた男性ならまだしも、彼女以外の女性とはあまりプライベートなやり取りをしたことが無いという人なら、きっと彼女とのメール対応にもお困りでしょう。しかし、メールの仕方なんて、どこで学べばいいかもわかりませんよね。

今回は、そんな女性を相手にしたメールに慣れていない男性必見の、彼女とメールする時に気を付けておきたいポイントについて、お伝えします。



 


彼女とメールするときに
気をつけるべき7つのポイント

 


返事はなるべく早く返そう


まず、男性にありがちなのが、返信に時間がかかってしまうこと。これは仕方のないことですが、あまり良くありません。彼女にしてみれば、メールの返事が遅いことにより、放置されているのではと気になってしまうからです。男性は、メールの内容を熟考しすぎて深みにハマってしまう傾向があります。ですが、待つ人のことを考えて、なるべく早く返せるように訓練しましょう。

 


メールする時間が無いことは、ちゃんと伝えよう


仕事が忙しいなどの理由で、返事を返せない状況に置かれていることも、きっとありますよね。ですが、メールを送った彼女が、あなたが忙しいことを知らなければやはり同じこと。放っておかれていると思い込んで、気分を害してしまいます。それでは不満を溜めさせることになってしまうので、仕事で彼女とメールを楽しんでいる状況ではないことを、一言だけでも伝えましょう。「今、忙しいから後でね。ごめんね」とメールするだけで、ただ放置されるよりも気持ちが全然違うものです。

 


同じくらいの文章量になるようにしよう


彼女に限らず、女性からのメールは回りくどく長文で来ることが多いですよね。要点をまとめるとほんの少しでも、何行にもわたる長編のメールで送ってくることもよくあります。ですが、あなたがこれを「長いな~」と思っても、彼女の感覚では、これが普通のメールなのです。ですから、あなたが自分の感覚で短くメールを返せば、彼女は「素っ気ないな……」と、ガッカリしてしまうかもしれません。彼女をガッカリさせないためにも、彼女の文章量に合わせたメールを返すように心がけましょう。

 


絵文字、顔文字の多用はやめよう


女性に合わせすぎる男性からのメールで、顔文字や絵文字をたくさん使いすぎてしまうケースがあります。ですが、これは女性にはあまり好印象ではありません。どうしても、絵文字などは男性が使うと女性の使い方と異なった印象になり、違和感を与えます。また、あまりに絵文字慣れしている男性には、大概の女性が「女遊びに慣れているのでは……」と警戒してしまいます。これでは彼女を喜ばせるためにしたことが裏目に出てしまうので、無理に絵文字、顔文字を乱用するのはやめ、男友達とメールするのと同じような文体にした方がいいですね。

 


ネット用語の連発は避けよう


大型掲示板を愛用しているようなネット弁慶の男性にありがちなのが、「www」や「おk」などの用語を、彼女へのメールにも使ってしまうこと。ネット上で知り合った女性と付き合っているならまだしも、ネットはほどほどしか閲覧しない女性なら、確実に引いてしまいます。これらのネットスラングは、世間一般ではあまり良い印象がありません。それはもちろん、愛する彼女だって同じです。そんなことで好感度を下げては勿体ないので、なるべくリアルの付き合いにはネット用語を出さないように気を付けて下さい。

 


用件に対する答えだけ返すのはやめよう


彼女から来た質問メールには、どうやって返していますか?例えば、「来週暇かな?」と来たら、ただ「暇だよ」とだけ返信してはいないでしょうか。これは、おすすめできません。彼女がメールで暇かどうか聞いてくるということは、暇なら何か用事があるということ。だから、それを先回って、「暇だけど、どこか行きたいところあった?」などと、質問で返すようにすると、彼女もその後のお誘いに繋げやすくなります。

彼女とのメールで大切なのは、相手の心を先読みして言葉のキャッチボールをすること。つまり、メールの中からも、空気を読むことが大切ということです。

 


「おやすみメール」は自分の返信で終わらせるようにしよう


特に用事が無くても、恋人同士ならおやすみメールくらいは普通にしますよね。この時、メールをあなたの返信で締めるようにして下さい。やはり、女性の目から見て、自分が贈ったメールで終わってしまうのは、わかっていてもちょっと寂しいからです。ここは男性なりの優しさを見せ、自分の「おやすみ」でその日のやり取りを終了させましょう。もし、それでも彼女からメールが続くようなら、また返事を返すのです。

面倒ですが、彼女に寂しい思いをさせないためと思って、気遣ってあげて下さい。

 

いかがでしたでしょうか。この内容を読めば、普段からメールが苦手な男性でも、彼女と上手にメールのやり取りができるようになるはずです。現在は、ひと昔前と違って、連絡手段はメールが全てという時代です。そのため、メールが苦手な男性は、恋人同士の大きなコミュニケーションツールを持っていないのと同じことです。彼女の方も、そんな男性が自分の彼氏だと思ったら、ちょっと残念に思ってしまうことでしょう。

世間には彼女自体がいない男性だって星の数ほど存在します。いくらメールが苦手だとしても、彼女とメールする機会が与えられているだけ幸せなことなのですから、少々面倒に思うことがあったとしても、何とか上手なメールのやり取りをマスターして、彼女と円満な交流ができるようになって下さいね。

 


まとめ


彼女とメールするときに気をつけるべき7つのポイントとは

・返事はなるべく早く返そう
・メールする時間が無いことは、ちゃんと伝えよう
・同じくらいの文章量になるようにしよう
・絵文字、顔文字の多用はやめよう
・ネット用語の連発は避けよう
・用件に対する答えだけ返すのはやめよう
・「おやすみメール」は自分の返信で終わらせるようにしよう