キスはシュチュエーション次第。確実に落とせる7つの手法

キスはシュチュエーション次第。確実に落とせる7つの手法

気になる相手ができたら、あれこれ画策して自分だけのものにしたくなりますよね。この人を落とした!と実感できるフラグとして、キスができたときというタイミングがあります。二人の進捗具合を測るのに、キスをしたかしないかというのは重要な手がかりとなります。

そんなキスですから、できるだけ成功率は上げたいですよね。相手に拒まれたり引かれたりしないように、二人の仲を温めたうえで断れないくらいの雰囲気を作り出す、シチュエーションのこだわりも大切です。

確実に相手をキスへと引き込める、そんなシチュエーションは抑えておくべきですよ。



 


キスはシュチュエーション次第。
確実に落とせる7つの手法

 


エレベーターで二人きりになったらキスしちゃおう


知らない人や仲が悪い人と一緒になると気まずいだけのエレベーターという個室空間は、意中の相手と共有するなら絶好の空間になります。

気になる相手と狭い空間に二人きりになると、否が応でもドキドキしてしまうもの。話す内容や振る舞いを考えてなんとなく乗り切ってしまうのはもったいないです。

フロアとフロアの間、絶対に止まらないタイミングを狙って軽いキスをしましょう。その後何事もなかったように表に出ていくギャップが、エレベーターキスのいいところです。

 


別れ際にぎりぎり人目につかない場所を探そう


デートや集まりなどの最後、駅や家まで相手を送っていくような時があったら、そのタイミングをありがたく利用しましょう。

キスできそうなくらい温まっている間柄なら、別れ際の時間は寂しくて切ない、気持ちが高まっている時間帯です。

さよならする前に、ほんの少しだけ人目から逃れられるような場所を見つけて誘導し、そこでキスしましょう。周りに人がいるのに隠れて、というのは背徳感もあり、あなたへのドキドキ感もさらに増すことでしょう。

 


公園の遊具でちょっと遊んでキスしよう


子どもがたくさん遊んでいる昼よりは、夕暮れや夜の人気がない時間帯がベストです。

公園の遊具は、わたしたちを童心に帰らせてくれます。懐かしい気持ちになって警戒心や大人のしがらみのようなものを忘れさせてくれるので、相手の心の純粋な部分に届きやすくなっているはずです。

ブランコでもジャングルジムでも、ベンチでもいいでしょう。後ろから抱きしめてキスするのも、ドラマみたいでキュンとくること間違いなしです。

 


混雑した電車内でこっそりしてみよう


壁ドンが流行っていますが、する機会がなかなかなかったり、自然にそんなことできないよ、という方もいらっしゃることと思います。

似たような状況を作りやすいのが、満員電車の壁際です。女の子を守るように壁際に立たせて自分が向かい合えば、距離は近いし壁ドンスタイルになるし、一石二鳥です。

ひそひそと耳打ちしながら話をして、隙を見てキス。公衆の面前ではありますがさほど目立たずに済みます。ドキドキレベルはかなり高く、落としやすい状況でしょう。

 


ドライブデートで距離が近くなるタイミングを狙おう


ドライブがデートで好まれるのは、運転席と助手席の近さが大きく関係しています。助手席の人も運転者の補佐として働き、協力関係を築けるというメリットもあります。

そしてやっぱり狭い空間に二人きりというのはいいシチュエーションですよね。キスのタイミングもたくさんあります。信号待ちの隙、駐車でバックするとき、目的地に着いて降りる直前に。

動揺して事故を起こしてはいけませんので、走行中の不意打ちキスは控えましょうね。

 


飲み会でみんなの目を盗んで秘密を作ろう


二人だけではなく、わいわいと多人数での飲み会時などで落としたい相手がいる場合、関係を一歩進めるためにふたりだけの秘密を作ってしまいましょう。

トイレに行くタイミングなどを合わせて、通路でキスをしてしまいましょう。

ライバルがいるときは、一歩関係を先に進めるのに手っ取り早く、さらにキスが成功すればほぼ確実に相手を出し抜くことができます。

 


王道は強い、夜景のきれいな場所へ行こう


キスのシチュエーションの王道といえば、やっぱり夜景。漆黒の空に宝石のようなネオンが散らばる夜景は、男女問わずムードを感じるものです。

キスを狙うのであれば、なるべく人気の少ないところがいいですよね。車があれば密室が確保できます。穴場スポットも探しやすいですね。

そうでなければ観覧車がいいでしょう。高所というのもドキドキ感をさらに高めてくれます。やはりてっぺんに着くタイミングを狙いたいところですね。

 

いかがでしたでしょうか。相手を落とすという目的でキスをする場合、有名な「吊り橋効果」を併用することをおススメします。心拍数の高まりは味方になります。

高いところとか、ほかの人には秘密とか、見られたらまずいとか、緊張感や背徳感による胸のドキドキを作り出せるシチュエーションは狙い目です。酒の席ならば記憶がなくならない、ほろよい程度の酔いも有効でしょう。

ステキなキスは素敵な思い出として相手の心に長く留まり、あなたへの想いへと変換されてたちまち落ちてくれることでしょう。キスのシチュエーションには是非こだわってみてくださいね。

 


まとめ


キスはシュチュエーション次第。確実に落とせる7つの手法

・エレベーターで二人きりになったらキスしちゃおう
・別れ際にぎりぎり人目につかない場所を探そう
・公園の遊具でちょっと遊んでキスしよう
・混雑した電車内でこっそりしてみよう
・ドライブデートで距離が近くなるタイミングを狙おう
・飲み会でみんなの目を盗んで秘密を作ろう
・王道は強い、夜景のきれいな場所へ行こう