彼氏が気持ち悪いと感じたときが別れ時!上手な切り出し方

彼氏が気持ち悪いと感じたときが別れ時!上手な切り出し方

お付き合いしている彼。今は彼氏が気持ち悪い。あんなに好きでお付き合いできると決まった時は天にも昇る気持ち。毎日フワフワ~幸せオーラ全開だったのに・・・。

この頃「あれ?なんか違う・・・」「なんでこの人と一緒にいるの?」「何?この気持ち・・・」なんて事から始まり果ては彼氏のことをふと心に「この人、気持ち悪い」なんて感情が湧いちゃう事ってあるものです。そう思いながらも我慢しつつお付き合いを続けていってもほとんどの場合あまり良い結果は望めません。「やっぱりあの時別れておけば・・・」なんて後悔するのが関の山。

「彼氏」に対して不満を感じるのを通り過ぎて「気持ち悪い」と感じるなんて実は末期的症状。別れのときが来たのだと判断すべきです。ではそんな時の上手な切り出し方はあるのか?いくつかのケースにおけるトラブル回避する為の具体的な対処法をお伝えします。



 


彼氏が気持ち悪いと感じたときが別れ時!
上手な切り出し方

 


ストレートに別れる理由を相手に告げる


まずはお相手の男性にもうお付き合いを継続する気が無くなったという自分の気持ちを伝えるしかありません。これは男性次第になりますが「別れ」には相手を納得させる理由というものが必要なのです。しかし、さすがに彼氏に「『気持ち悪い』から別れる」なんて理由を口に出来る女性はそうはいませんよね。まずはそう思ったきっかけを振り返ってみる事です。それがそのまま相手に伝えられる内容で有るか否かが大切なのですが・・・。

もしそれが何らかの理由でストレートには口に出来ない事だとすると「性格が合わない」「一緒に過ごす時間が少ない」などと曖昧な表現になりがちです。その様な場合には相手は改善の余地があると考え「わかった、直すよ。これからは大事にする」と切り返してくるはずです。本気で別れようと思うのであれば「他に好きな人が出来た」とか「結婚を意識しているけどあなたではない」などなるべく決定的な理由を探し伝える事です。

更にその際に大事なのは事前に少しずつ連絡回数を減らすなどして雰囲気を伝える事も準備としては必要です。女性が「別れたい」という意思を男性側に突然伝えるとそのショックや反動からストーカー行為が始まるという可能性も考えられます。そうならない為には一般的な方法として徐々に連絡を減らしていき何気なく雰囲気を伝えて行く事も有効であるとされています。そのままの自然解消では弱いので、いつかは決定打もうたなくてはいけませんがその時相手が素直に受け入れられる状況を作っておくのは大事なのです。

 


悪者になるのも仕方ない、嫌いになって貰う


逆転の発想で相手に嫌いになって貰えれば尚良いでしょう。あとあとの事を考えればそれが一番良い方法です。誰でも「良い人」でいたいのは当然です。彼氏を「気持ち悪い」なんて言っておきながらも別れる時には相手を傷つけたり嫌われたくはないという心理は働きます。だからと言って相手に曖昧な事を言って別れようとすればダラダラと別れられず関係が長引く可能性もあります。

別れを決意したのであればしっかりと別れを告げる事が大切です。恋愛が終わる時に相手を傷つける事は仕方ありません。避けられない事です。悪者になろうと絶対に別れるんだという決意を持って挑む事が必要です。そして、結果的にはあなたが悪者になれば相手の心の傷も最低限で済みますから。更にはそうすることで相手の中であなたが最低の女になれば未練も残らず後腐れなく別れる事が出来ると言う物です。常に忙しそうにしてみたりして、あなたどころじゃないのよ的な態度で接してみたりしてお互いの心が離れつつあるアピールを日頃からしておく事も良いですね。

彼女として相応しくない女と思ってもらえたらスムーズに事も運ぶ筈です。また仕事やプライベートで彼女は充実していて彼がいなくても彼女は平気なんだと思わせるのです。男性をギャフンと言わせたい事がない限り、決して「彼氏を気持ち悪い」と感じていたなんて事は口にしなくても良いのです。

 


恋愛をしている場合で無くなったアピール


「将来の自分の為に今は時間が必要」だと伝えて別れ話を切り出すのもお勧めです。今の自分には恋愛以外に大切なことがあると伝えるのです。仕事に頑張っている女性なら現在資格の勉強や仕事に集中してプライベートの時間も自分の為に費やしたいと思っていると言うのが理由なら男性は何も言えません。自分の人生は一度きり。今は今しか出来ないことをしっかりやっておきたいので恋愛に向ける余裕がないので別れたい。そんな前向きな理由での別れ方はお勧めです。

これならば彼氏が気持ち悪いと感じてもそれを悟られることもありません。この時に相手は「待つよ。」と言うかもしれませんがここは当然キッパリと断る勇気が必要。男性への不満を口にする事なくそれぞれの道でそれぞれの幸せを見つけようという平和的な「別れ」に導く訳です。

 


「結婚したくない」と言う言葉を口にする


二人の会話の中に敢えて「結婚」や自分の「結婚観」を口にしてみるのも方法の1つです。ほとんどの場合、大人の恋愛は言葉には出さないまでもお互いの将来のビジョンでゴールは「結婚」。そのゴールに共に向かっていくという感覚がある物です。しかし残念ながら自分はそこを目指していないという旨を伝えてみる事をお勧めします。「私は結婚願望がない」「しばらく結婚なんて考えていない。」「今は仕事が楽しいし子供もいらない」と言ってみて下さい。

「将来のあなたとの暮らしが想像できない」「不安だから別れたい」こんなストレートな表現もこの場合には有効です。「結婚をしたいのなら私ではなく他の女性と一緒になって幸せになってください」と優しく『私に期待しないで』という意思表示をする事です。彼氏を「気持ち悪い」と思ってしまいますが、そこでは彼の時間を無駄にしたくないという真心もきちんと伝えてあげる事です。

 


徹底的に接触を断つ


どうしても自分から上手に切り出す事が出来なかった・・・聞く耳を持ってくれなかった・・・という場合の最終手段としてはあまりお勧めしたくは無いのですがこれしかありません。彼にきっぱりと「別れ」を告げても相手の男性がどうしても別れに納得できない場合には悪あがきが止まらない場合もあるものです。そんな時には強硬な手段しか残されていない場合があるものです。電話・メール・着信拒否などあらゆる連絡手段を絶つことが可能であれば徹底的に連絡を絶つしかありません。

しかしこの方法は注意が必要です。バッタリ相手と遭遇してしまう可能性があったりふと家に来る事も可能な場合にはとても危険な方法です。男性の怒りの心理を呼び起こしてしまったら手がつけられない状況になるかも知れません。しっかりとその後の状況を想定し、何事も起こらない確認が取れなければ絶対にしないで下さい。簡単にそれで諦めてくれる男性かどうか・・・最近ではそれが大きな問題になる事も少なくないですよね。

 

いかがですか。以上が彼氏が気持ち悪いと感じたときが別れ時!上手な別れの切り出し方です。ここで一番大切なのはあなた自身の気持ちが修正不可能だと感じたり判断したならばお相手が可哀想だと感じてもキッパリとした態度は大切です。うやむやにして済む問題ではありません。自然消滅がお互いを傷つけない最善の策かと言えばそうとも限らないのです。彼氏のことを「気持ち悪い」とまで感じてしまった時点で相手に対しては非常に可哀想な事なのですから「これ以上傷つけない」事が最後に出来る相手への思いやりなのです。

ですから、その話を切り出すにも「方法」に加え「タイミング」も重要。あまりにも突然ではお相手も一体何を言われているのか理解できない事態も起こりかねません。悪あがきをさせない為にも思いやりを持った上でのキッパリとした意思表示が肝心である事だけは心掛けて下さい。切り出す側ですから少しは悪者になる覚悟も必要ですよ。自分を守る事を考えず相手の立場を考えてあげる心の余裕も持つ事です。

 


まとめ


気持ち悪い彼と別れる5つの方法

・ストレートに別れる理由を相手に告げる
・悪者になるのも仕方ない、嫌いになって貰う
・恋愛をしている場合で無くなったアピール
・「結婚したくない」と言う言葉を口にする
・徹底的に接触を断つ