ステッパーでダイエット☆正しいやり方と4つの注意点

ステッパーでダイエット☆正しいやり方と4つの注意点

踏んで有酸素運動ができるステッパーですが、通販やホームセンターでもダイエット商品としてよく目にしますよね。ジムに設置されているので一度は挑戦したことがある方も多いでしょう。ステッパーは場所を取らず室内でできるので筋肉トレーニング以外にもダイエットとしても人気です。

ステッパーは筋肉トレーニングの器具ですが、鍛えながらダイエットができるので、ジムに行きたくても忙しくていけない方にはとてもおすすめです。ステッパーを踏んで運動するので下半身ダイエットに効果的といわれていますよね、下半身が気になる方はステッパーでダイエットを目指しましょう。急にステッパーダイエットを始めようとすると、ふくらはぎが肉離れを起こしやすくなり危険ですので正しいステッパーの使い方をお伝えします。



 

ステッパーでダイエット☆
正しいやり方と4つの注意点

 

ステッパーダイエットを始める前にしっかりストレッチ運動


ステッパーを急に始めると膝を痛めてしまうので、まずはしっかりストレッチをして体をほぐすことから始めます。ステッパーは思ったより足に負担がかかってくるダイエットです。下半身を中心にストレッチをおこない、ふくらはぎはしっかりマッサージをして準備を整えておくと、筋肉痛も最小限に抑えられるでしょう。

足を痛めないためにもアキレス腱も念入りにストレッチしておきましょう。しっかりと体をほぐすだけでも代謝があがり、ステッパーダイエットをより効果的にする働きがありますので意識しながらマッサージもおこなうと良いでしょう。有酸素運動を始める前に準備をしながら、体を調整することはとても大切です。

開脚ストレッチをおこなうと股関節がほぐれますので、足を上げる動作が軽くなりステッパーも踏みやすくなります。膝がガクガクしないように屈伸運動もおすすめですよ。

 

ステッパーの設定負荷は軽めの設定でダイエット開始


ステッパーは自分で負荷の強度を設定できるので自分に合った重さでダイエットをおこなうことが大切です。ダイエットについ熱中しすぎてステッパーの負荷の強度を強くしてしまいがちなのです。確かにふくらはぎに効きますが、長続きができなくなり短時間ですのでダイエットには効果がありません。

有酸素運動は1日に20分~30分おこなうとダイエットに効果があるといわれています。ステッパーの負荷を強くしてしまうとさすがに続けることは厳しいでしょう。たくさんステッパーを踏むことがダイエットへつながります。はじめのうちは10分ごとに休憩をとり2セット、3セットとおこなっていくと良いでしょう。慣れてきたら休憩を取らずにおこなうと脂肪も燃焼しやすくなりますので、ダイエットの結果が楽しみですね。

 

ステッパーダイエットは空腹時におこなうと効果的


ステッパーダイエットをおこなうときは食後はなるべく避けましょう。食べてからすぐステッパーを踏んでダイエットを始めたくなりますが、食後の30分間は脂肪が分解されないのでほとんど効果がありません。しかし、脂肪の蓄積を防ぐことはできますのでどうしてもおこなう場合は、無理をしないように挑戦してくださいね。

空腹時はついイライラしやすくなりますよね。そんなときは、ストレスを溜めないためにもステッパーダイエットを実践しましょう。しっかり踏み込むこともでき空腹感も忘れてしまうのでおすすめです。ただしステッパーの負荷を無理に上げないことだけは心がけて下さいね。空腹感がまぎれないときは、「ながら」ステッパーダイエットがおすすめです。

ステッパーダイエットは音楽を聴きながら、雑誌をみながら、テレビを観ながらなど何かをしながらおこなえますので、飽きそうになったら気晴らしにいかがでしょうか。

 

ステッパーの重心を変えると部分ダイエットが可能


ステッパーダイエットは下半身に効果がありますよね。踏み込むときの重心を変えると部分痩せ効果も発揮でき、きれいな体型作りが目指せます。つま先に重心をかけてステッパーを踏み込むとふくらはぎのダイエットになります。また、かかとに重心をかけると太ももやヒップに効果があります。

このように、ステッパーの踏み込む位置や重心を変えてダイエットをおこなうと、スリムな下半身に生まれ変わっていくでしょう。引き締めたい部分をより確実に引き締めることができるのがステッパーダイエットです。ステッパーの踏み込みが終わったあとに、床に両足をつけたらかかとの上げ下げの運動を20回ほどおこないましょう。

つま先立ちのまま上にあげたときに数秒止めた状態を何回か繰り返すと、さらにふくらはぎと足首がスッキリするでしょう。このとき膝は曲げないでまっすぐになっているかを確認すると良いでしょう。注意することは、ふくらはぎがパンパンになっていたときはさらに痛めてしまう恐れがありますので、足の様子をみてから始めましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ステッパーダイエットは、20分以上おこなわないと効果が発揮できない有酸素運動です。ダイエット効果を期待してステッパーの負荷を強化してしまうと、足を痛めてしまうので注意しながら取り組むことが大切です。ステッパーダイエットは続けることが大切なので、焦らずゆっくりはじめていきましょう。

無理をしないでゆっくりはじめるのが一番良いステッパーダイエットの正しいやり方です。足腰を鍛えるので体内の臓器の位置のズレも調整することができるので、姿勢を正しく保ちながらステッパーを踏み込むことがポイントとなるでしょう。場所もとらずに本格的に下半身をキレイにすることができるステッパーダイエット。

ふくらはぎを痛めないようにステッパーダイエットをはじめる前と終わった後はマッサージを忘れずにおこない、筋肉を鍛えながらスリムになっていきましょう。

 

まとめ

ステッパーダイエットはこうすればOK!4つの正しい方法とは

・ステッパーダイエットを始める前には念入りにストレッチをおこないましょう
・ステッパーの負荷は軽めで設定をしておきましょう。無理に負荷を重くしてもダイエット効果は変わりません
・ステッパーダイエットは空腹時におこなうとストレスも溜まりにくく、集中できるので時間を費やせるでしょう
・ステッパーの踏み込む重心を変えるだけで部分痩せダイエットが可能になります