一週間ダイエットで5キロ痩せた人が行った7つの運動とは

一週間ダイエットで5キロ痩せた人が行った7つの運動とは

ダイエットには運動が良いと言われてますが、それはただ単純にカロリーが消費されるからという理由ではありません。簡単なトレーニングを習慣にするだけで、太りやすい体質が痩せ体質になったり、むくみや冷えなどの改善にもつながります。苦手意識のある人も、簡単なトレーニングで十分効果を実感でき1週間で5キロ減も夢ではないのです。

また、太らない体質になるためには、基礎代謝を上げることです。そして、筋肉量を増やすことが大切ですよね。

1週間という短期間のダイエットで結果を出すために、オススメするのは有酸素運動です。有酸素運動はキツイというイメージを思っている人もいるようですが、効率的に脂肪を燃やすのに調度良い強度はキツク感じない程度なのです。1日1時間を目途に無理なく続けるのが、実は一番効果的なのです。

そこで今回は一週間ダイエットで5キロ痩せる為のオススメの運動についてお伝えします。



 


一週間ダイエットで
5キロ痩せた人が行った7つの運動とは

 


水中ウォーキングで楽々ダイエット


水の中にある体には水圧により筋肉に負荷がかかります。水中歩行は水の抵抗で、陸上を歩くより効率よくカロリー消費することが出来ます。だいたい1時間から1時間半を目途に歩きましょう。

水中では浮力があり、陸上より体が軽く足腰にかかる負担が軽減されますので、腰痛持ちの方やご年配の方にもオススメです。

<水中ウォーキングの方法>

1、肩が水中に沈むくらい歩幅を開いて、両腕を大きく前後に振ります。

2、水深に合わせて歩幅を調整し身体が上下動かないように歩きます。

3、始めはゆっくり股関節を伸ばすことを意識して体を目覚めさせましょう。

4、慣れてきたら少し速度を上げてみましょう。

 


大きな筋肉を沢山使うハーフスクワットは効果大


有酸素運動のハーフスクワットがダイエット効果が大きい理由は、大きな筋肉を沢山使うからです。下肢の筋肉は体の筋肉の70%以上を占めますのでその効果は歴然です。

<ハーフスクワットの方法>

1、足を肩幅に開き、胸を張って立ちます。手は頭に組んでも降ろしてても大丈夫です。

2、息を吸いながらお尻を突き出すように腰を落とします

3、膝をおおよそ90°ぐらいまで曲げて5秒ほど維持します。

4、息を吐きながらゆっくり元の姿勢の戻ります

20回ほどを一日、2~3セットほど行うと良いでしょう。

 


ウォーキングはふくらはぎを意識しながらしよう


同じウォーキングでも、ダラダラ歩くのと、きびきび歩くのとではダイエット効果が違います。もちろんダラダラ歩きでも効果がないことはありませんが、どうせやるなら、より効果を得たいですよね。

大股&早足でウォーキングをすると、ふくらはぎが大きく伸び縮みして、ポンプとしての役割をしっかり果たしてくれるようになります。そうなれば、血行も代謝も良くなって、むくみ、冷え性、便秘が解消されるのはもちろん、基礎代謝量も上がって、消費カロリーのアップにつながります。

ウォーキング中は、ふくらはぎが動いていることを意識しながらやってみるといいでしょう。一日大体、1時間から2時間を目途にウォーキングしましょう。

 


美腹をGETしながら減量しよう


減量しながら、ぽっこりお腹を短期間でスリムにするのに、最適なのが腹筋運動です。効率的に美腹をGETする方法をご紹介します。

1、仰向けになり、胸元で手を交差しまょう。ふくらはぎが床と平行になるよう脚を持ち上げ、膝を90度に曲げます。

2、腹筋を使い、お腹を軽く曲げて、頭と肩を床からほんの少し上げましょう。これが基本姿勢です。目線はおへその辺りに向けましょう。

3、腹筋(特に上の方)に力を入れて、息を吐きながら、上体をゆっくりと丸めるように持ち上げます。腹筋上部が固くなれば効いている証拠です。自分の限界1歩手前で止まり、息を全て吐き切りましょう。

4、息を吸いながらゆっくりと2の基本姿勢に戻りましょう。頭を完全に床につけてしまわないのがポイントです。2~4を10~15回ゆっくりと繰り返のがオススメです。

 


バランスボールに座るだけで簡単ダイエット


バランスボールは他の運動と比べ、体への負担はほとんどないので、椅子の代わりにバランスボールに変えることで、ただ座っているだけでも一日の消費カロリーを大幅に引き上げることができます。また、意外にもカロリー消費量が大きいのも魅力です。

バランスボールを椅子にして座るだけで、姿勢の矯正、インナーマッスル、体幹(腹筋)の強化以下、基礎代謝向上によるダイエット、バランス感覚の向上、ウエストのシェイプアップの効果が得られると言われています。

テレビを見ながら、読書をしながらただ座っているだけで、簡単にダイエットできるのでオススメです。一日3時間を目途に座るようにしましょう。

 


縄跳びは消費カロリーが高い運動として有名です。


縄跳びは、1時間当たりの消費カロリーが高く、お金がほとんどかからない、場所をとらない、色んな跳び方があるので飽きにくい、リズム感が良くなるというったメリットが挙げられます。

大体、1時間で約500キロカロリー消費することが出来ますので、お金のかかるジムに通うよりも効率よく、忙しい現代人にはうってつけのダイエット運動の一つになります。

また、跳ぶことにより、ふくらはぎを重点的に鍛えることができ、カロリー消費しながら、引き締まったスリムな美脚も手に入れることが出来るのです。

なるべく、休まず継続して10分を5セット位を行うのが良いでしょう。あくまでもご自分の体調と相談しながら無理なく行うことが大切です。

 


意外にも消費カロリーの大きい昇降運動がオススメ


昇降運動は手軽に実践できて、負担も少ないので、運動不足の人、高齢者などにオススメです。また、簡単な運動にもかかわらず、意外にも消費カロリーが大きいのも特徴です。

<用意するもの>

15~30cmほどの高さの台or階段

<昇降運動の方法>

1、右足を上げて、左足を上げます。

2、右足を降ろして、左足を降ろします。

3、左足を上げて、右足を上げます。

4、左足を降ろして、右足を降ろします。

これを繰り返します。無理のないペースで一日1時間を目途に行いましょう。足腰も鍛えられ、美脚になりながらダイエット出来ます。

 

運動はダイエットに欠かせない重要な要素です。忙しい毎日でも実践できる運動を続ければ、ダイエット効果は更にアップします。特にダイエットには、基礎代謝が重要なポイントとなっています。基礎代謝を活発化させるのに一番効果的なのが上に挙げた有酸素運動です。

無理なカロリー制限のないバランスの良い食事を摂りながら、有酸素運動を実践することにより、更にダイエットの成果が高まることになります。そして、痩せ体質に自然になり内側から健康的になることが出来るのです。

継続は力なり…と言われているよに、忙しくても毎日少しずつ続けることが成功の鍵ですので、早速取り組んでみましょう。

 


まとめ


一週間ダイエットで5キロ痩せるには

・水中ウォーキングで楽々ダイエット
・大きな筋肉を沢山使うハーフスクワットは効果大
・ウォーキングはふくらはぎを意識しながらしよう
・美腹をGETしながら減量しよう
・バランスボールに座るだけで簡単ダイエット
・縄跳びは消費カロリーが高い運動として有名です。
・意外にも消費カロリーの大きい昇降運動がオススメ