気が利く女性は絶対モテる★7つの大原則とは

気が利く女性は絶対モテる★7つの大原則とは

一緒に行動していて、「この人、気が利くなあ」と思うような女性って、いますよね。そんな人は、大概男性にモテる傾向にあります。誰もが振り返るほどの美人でなくても、魅惑的なスタイルを持っているわけでなくても、なぜか常に男性にモテモテだという女性は、細やかなところまで配慮が行き届き、気が利く女性であることが多いです。

この「気が利く」という要素は、生まれつきや幼少期からの教育によるものもありますが、本人の心がけ次第で身に付く部分が大きいです。そう、大人になってからでも遅くはないということです。

ここで、これを覚えておけば、誰もが気が利くモテモテの女性になれること間違いなしの大原則を、全部で7つご説明します。



 


気が利く女性は絶対モテる★
7つの大原則とは

 


空気を読むことを覚えよう


まずは、その場の空気を読むこと。気が利く女性になるためには、これができなければ何も始まりません。空気を読まないことで悪目立ちしてしまうと、その後にいくら気が利く行動をしても、周囲はそれを評価してはくれません。「どうせ空気の読めない子がすることだから、まぐれだろう」という程度にしか、思ってもらえなくなります。

場の雰囲気を読み、言ってはいけないことと、言うべきことを素早く判断し、その場では望ましくない行動を控えるようにするのです。そうすることで、その後の気を利かせた行動が、より一層相手の心に響くはずです。

 


目立たない人にも目を配ろう


周囲から高く評価されるために気が利く女性を演じても、それが特定の人に対してだけだったり、権力のある人の前でだけということなら、それはただの「気が利く女アピール」でしかありません。

真の気が利く女性とは、その場の隅で目立たず困っている人にも声をかけ、手を貸してあげられるものです。その相手が、自分の評価に関係の無い人だとしても、皆に平等に気配りをして、助ける心の大きさを持っているのです。ですから、見返りや打算を抜きにして、その場の全員に対して平等に気遣いができるようになりましょう。これは、モテるためにもとても大切なことです。

 


相手の立場になって考えよう


でも、どうやって気を利かせれば良いのかわからない……という人もいるでしょう。その方法は、簡単に言うと、相手の立場になって考え、自分だったらどうして欲しいかを想像して、相手にその通りのことをしてあげることです。

自分がされて嫌なことは他人にしないのと同じく、自分がされて嬉しいことは、相手にどんどんしてあげましょう。例えば、「今あの人はお茶を飲みたいんじゃないかな?」と思ったらお茶を淹れてあげれば良いですし、「あの人の仕事にこの荷物は邪魔だろうな」と思ったら、そっと荷物をよけてあげれば良いということです。

このような小さなことからなら、簡単に始められますよね。

 


性格別の行動パターンを把握しよう


ですが、誰もが自分と同じ思考回路を持っているわけではありません。一人一人、別の人間ですから、人数分だけの性格や行動パターンがあるはずです。普段からじっくり相手を観察して、行動パターンを把握しておくと、その人が喜びそうなことや、助けてあげられそうなことが自然に見えてきます。

「あの人は必ず靴を履くときに靴ベラを使う」とか、「あの人は机にスマホを忘れやすいから、声掛けしてあげよう」などなど、その人に合った気配りの方法を把握しておくと、「君は人を良く観察している、気が利く子だね」と褒められること間違いなしです。

 


自分のことは後回しにしよう


気が利く女性になるまでの道は険しいもので、そんな評価は、自分の忍耐の上に成り立っているものでもあるということを、理解しておきましょう。普通の人間なら、自分のために精一杯時間や労力を使ってから、その余力で他人に対して気遣いをしてあげるものですが、誰にでも「気が利く」と言われるためには、自分のことは最低限にして、その余った部分を全て周囲の人のために費やすくらいの覚悟が必要です。

あまりにも自己犠牲的では困りますが、嫌味にならない程度の献身的な姿勢は、男性から見て、母性のような包容力を感じ、心惹かれることでしょう。

 


クイズ感覚で気遣いをして、ストレスを溜めないようにしよう


あまりに献身的になり過ぎると、慣れないうちはきっとストレスが溜まってしまうはずです。時には、「こんなに色々してやっているのに!」と、傲慢な気持ちになってしまう恐れもあります。そんな時は、クイズのように、周囲の人が何を求めているか、どんなことに困っているかを推理して、その答えに合ったものを相手に与えてあげれば良いのです。

このようにクイズ感覚で他人のために行動すれば、当たれば嬉しいし、相手も気遣いしてもらって嬉しいという、素晴らしい一石二鳥が生じるのです。これなら、「してやっている」という上から目線にならずに済みますよね。

 


他人のために動けることを喜びとしよう


最後に、「気が利く女性」に最も大事なことをお教えします。それは、他人のために行動することを、面倒だと思わず、上から目線にならず、自分の喜びに変換することです。全ての気遣いを、相手のためにやっているのではなく、自分のためにやっているのだと己に言い聞かせましょう。そうしないと、気を利かせているはずなのにどこか押しつけがましくなり、相手が素直に喜べない状態になってしまいます。

あくまで自己満足として皆のためになりたいのだという姿勢を貫くことで、初めて「彼女は気が利く素晴らしい女性だ」と、周囲に思われるようになるのです。

 

いかがでしたでしょうか。気が利く女性になるために必要な、7つの大原則をご説明しました。今回ご説明した内容は、ただ気が利く女性になれるというだけではなく、男性に好感を持たれ、恋のチャンスがより多く舞い込んで来る要素も、数多く含んでいます。もちろんただ気が利くだけでも、人間として好感度が高いですが、せっかくですから、恋だって掴み取りたいですよね。

自分は既に気が利く女性だと思っているけれど、別にモテてはいないという人は、この原則の中に、何か満たしていない項目があるのではないでしょうか。もしそうなら、この内容をおさらいしてみて、今以上に素敵な女性になれるように、ステップアップを試みてはいかがでしょうか。

 


まとめ


気が利く女性は絶対モテる★7つの大原則とは、

・空気を読むことを覚えよう
・目立たない人にも目を配ろう
・相手の立場になって考えよう
・性格別の行動パターンを把握しよう
・自分のことは後回しにしよう
・クイズ感覚で気遣いをして、ストレスを溜めないようにしよう
・他人のために動けることを喜びとしよう