シフォンケーキは意外とカロリーが低い7つの理由

シフォンケーキは以外とカロリーが低い7つの理由

シフォンケーキは、ふわふわの食感で食べる人を幸せな気分にしてくれる、年代・性別問わず人気のスイーツ。コーヒーや紅茶との相性も良く、ティータイムのお供に最適ですよね。

そんなシフォンケーキですが、ほかのスイーツにくらべカロリーが低いのを知っていましたか?ふんわりボリューミーで満足感はたっぷりなのに、カロリーひかえめと聞くとなんだかお得な感じがしますよね♪

シフォンケーキは量と食べ方に気をつければ、ダイエット中の人や脂肪分やカロリーが気になる人でもオヤツに取り入れることができます。というわけで今回は、シフォンケーキのカロリーが低い7つの理由を、できるだけヘルシーに&おいしく食べるコツとともにご紹介します☆



 


シフォンケーキは意外とカロリーが低い7つの理由

 


脂肪分が少ない


シフォンケーキはほかのケーキと違い、作る過程で〈バターを練る〉という作業をしないため、全体の脂肪分が少なくなっているのが特徴です。あくまで卵白の泡だてが命で、油分はサラダ油か溶かしバターを少量入れるだけなので、結果的にカロリーが低く比較的太りにくいスイーツになるのです。

バターを砂糖・卵と同じ分量でたっぷり入れるパウンドケーキなどに比べると、遥かに脂肪分がカットされていることがわかりますね。油分の多い食品は依存性が高いので、一度はまると延々と飢えの感覚が続くそうです。ポテトチップスなどがその代表といわれています。

 


メレンゲの膨張力でボリュームたっぷり☆


シフォンケーキの一番の特徴は、縦にボリュームのあるフワフワの生地です。卵白にたっぷり空気を含ませ、しっかりとしたメレンゲをつくることであのボリューム感を出すことができるんですよ。

同じ卵を使ったお菓子でも、たとえばつるっと食べられてしまうプリンと、大きなシフォンケーキでは、シフォンケーキのほうが満腹感が得られやすい傾向があります。無意識の食べ過ぎ防止につながるため、シフォンケーキは女性の強い味方なのです。

 


クリームが少量で済む


シフォンケーキを食べる時は、クリームやジャムをカットしたケーキに添えて少しづつつけながら食べるという形になることが多いですよね。この食べ方にすることで、全体にあらかじめたっぷりクリームが塗られたデコレーションケーキなどと比較して、必要なクリームの量が自然と少なくなります。

また、おうちで手作りする場合クリームの種類や量が自分で調節できるのもポイントです。カロリーが気になる人は、低脂肪の生クリームやヨーグルト・チーズなどを使ったレシピを試してみましょう。

 


フルーツとの相性がバツグン


シフォンケーキはプレーンな見た目であるため、食べるときに彩りとしてフルーツを多めに添えることが多くなりますよね。フルーツたっぷりのスイーツは、生ものをつかわないケーキやクッキーなどにくらべカロリーがひかえめになります。

さらにフルーツのビタミンはお肌にもいいので、トラブルをおこしがちなダイエット中のお肌にもとってもいいんですよ♪旬のフルーツをつかって、季節ごとの味わいを楽しみましょう。

 


甘さ控えめでもおいしい☆


バターを多く使ったケーキの場合、がっつりお砂糖を入れないと美味しくならないことが多いのがダイエットという観点でいうとちょっと難点ですよね。

シフォンケーキは、ふんわりとした食感で卵のやさしい風味を味わうスイーツであるため、お砂糖ひかえめでもおいしく食べられるんですよ。お砂糖の代わりに、体にいいハチミツでも美味しくできるというのもポイントです☆

 


色んなフレーバーで満足感アップ☆


シフォンケーキの最大の魅力のひとつは、カロリーの低い食材を使ってバリエーション豊かなフレーバーが楽しめること。たとえば、プレーンな生地に良い香りの紅茶の茶葉を混ぜ込んであげれば、それだけで焼き上がりは至福の香りです。

柑橘系が好きな人は、レモンピールや オレンジピールを混ぜ込むのもオススメですよ♪ほかにもお抹茶やヨーグルトなどバリエーションがたくさんあり、バターの風味がなくてもフレーバーで飽きずに食べられるのがポイントなのです。

 


お野菜をまぜこんでヘルシーに食べられる


てづくりシフォンケーキのレシピを探すと、かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜や、野菜ジュースを使ったものがたくさん見つかると思います。シフォンケーキはくせのない味わいのため、お野菜の自然な風味とけんかすることなくミックスできるのです。

そのため、カロリーがおさえられるだけでなく栄養までとれて一石二鳥です☆ノンオイルのレシピもありますので、ぜひおうちにある野菜で手作りしてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。このように、シフォンケーキにはカロリーをおさえつつも満足感をたかめてくれる要素がたくさんあるので、「脂肪やカロリーが気になるけど、どうしてもスイーツを楽しみたい!という人の強い味方なのですね☆

おいしいお店のシフォンケーキもいいですが、できる人はぜひ手作りにチャレンジしてみてください。自分でつくることで自然と甘いものへの欲求が満たされ、「自分の手でなにかを作る」という行為は、よい気分転換にもなってくれますよ。

 


まとめ


シフォンケーキは意外とカロリーが低い7つの理由

・脂肪分が少ない
・メレンゲの膨張力でボリュームたっぷり☆
・クリームが少量で済む
・フルーツとの相性がバツグン
・甘さ控えめでもおいしい☆
・色んなフレーバーで満足感アップ☆
・お野菜をまぜこんでヘルシーに食べられる