断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのこと

断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのこと断食ダイエットは、痩せれることができて、健康な体にもなれて、しかもお金もかからない、ということで、女性なら誰でも実践したくなりますよね。しかし、断食ダイエットに成功する方は意外と少ないのです

なぜかというと昔と違い食べたいものがいつでも手に入り、極限の空腹状態に陥ることはほとんどないといってもいい現代。それは幸せなことですが、内臓は働きっぱなしで体の中は毒素で一杯になっているのです。すなわち、現代人の身体は痩せにくく太りやすいという状態になっているのです。

断食ダイエットは体の中を空っぽにして内臓を休め、体をリセットさせるのにもっとも効率的な方法と言われています。そうすることでさまざまなメリットがあります。

毒素や老廃物の排出が促され美肌効果に大きな期待が持てるのも特徴です。更に綺麗になった体は本来の機能を取り戻しているので、痩せやすい身体へと変化することになります。

また、緊急ダイエットにも有効な断食ダイエット。水分以外口に入れることのできない断食ダイエットは、辛い過酷なダイエットというイメージを持たれる方が多いです。しかしある一線を越えれば、意外とそれほど辛くもなく簡単に乗り越えることができるものなのです。

断食後は体重も減り、成功したように思えます。しかし、すぐに元に戻ってしまったという人が実は多いのです。その失敗の原因はどこにあるのかを知ることは、断食ダイエットを行う上で非常に重要になってきます。そこで今回は断食ダイエットに失敗した人から学ぶ3つのことをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣

下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣
下腹をダイエットして、デニムやパンツを素敵に履きこなしたい、と女性なら誰しもそう思いますよね。体重は変わっていないのに、下腹がポッコリ出て前には穿けたデニムが穿けなくなった…。そんな方はきっと下腹ダイエットを本気で考え始める事でしょう。

特に、真正面から見ると分からないけど、真横から見ると下腹が妊婦さんのように出ている方は、注意が必要です。このような悩みは、年齢を重ねるごとに増加の傾向にあります。

いわゆる下腹ぽっこりの状態は、他が細くても太って見えてしまいますし、放置し続けると恐怖の三段腹になってしまいかねませんので、下腹ダイエットで早めの対処が必要です。

お腹にまんべんなく脂肪がついていると、胃より下あたりの部分から半円形に丸くなりますが、下腹に脂肪がついていると、ウエストにくびれがあるにも関わらずぽこっと飛び出したように丸くなってくるのが特徴です。

下腹がポッコリと出てしまったり、下腹が垂れ下がってしまったり、お腹周りは特に気になる部位です。特に中年期以降の人においては、自身の下腹の体型を切実な悩みとしている人が多いのです。

下腹は元々脂肪が付きやすい部分なのですが、年齢が進むことによる筋力や代謝機能の低下によって、さらに脂肪が付きやすくなってしまいます。脂肪がつきやすい箇所でもあり、落とすのが難しいと思われがちですが、生活習慣を変えることで手軽に下腹の悩みを解決することができます。

下腹ダイエットをする前にまずは、自分の生活習慣を振り返ることが重要になります。生活習慣を改めるだけで、下腹は引き締まりますし、下腹ダイエットの効果を最大限に引き出すことが出来ます。そこで今回は下腹をダイエットしたいなら改善するべき生活習慣についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

目指せ-5kg!ボディリドックスで無理せず痩せる5つのコツ

目指せ-5kg!ボディリドックスで無理せず痩せる5つのコツ
痩せたいと思ってはいても、ハードな運動やキツい食事制限はなかなか続ける事ができませんよね。忙しい現代社会の中で、「痩せるには1日30分の運動でOK」なんて言われても、そもそも毎日そんな時間を確保する事が難しい人も多いでしょう。そう、ダイエットの天敵は「わかってはいても続けられない事」なのです。

では、なぜ続けられないのか?というと「ちょっと無理そう」「けっこうキツイかも」「案外時間がかかるよねソレ」などと心の中で思ってしまい、無意識にブレーキをかけてしまいダイエットする事をやめてしまうからです。そんな時にはボディリドックスを使ってみると良いかもしません。ボディリドックスは私たちが毎日の生活のなかで当たりまえのように飲んでいる「水」に少し変化を加える新しいダイエットの形です。

とはいえ、ボディリドックスっていったいなんなの?と思ってしまいますよね。そこで今日は「ボディリドックスとは何なのか」、「どうして効果があるのか」そして、それを上手に使って痩せる為のコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

低カロリー食品を食べるときに注意すべきこと

低カロリー食品を食べるときに注意すべきこと
海藻、きのこ類のような天然の食材から、カロリーオフの甘味料を使った飲料など、巷には様々な低カロリー食品があります。ダイエット中でもお腹一杯食べられるという、とても嬉しいものばかりですよね。でも、こんな低カロリー食品を食生活に取り入れる場合、注意すべきことがあるのはご存知でしょうか。

ダイエット志向の人が多い現代では、高カロリー食品は悪でしかなく、低カロリー食品はどんどん食べるべきものだという風潮が強いようです。確かに、TVや雑誌、インターネットでは、カロリーオフ、カロリーゼロという表記の食品が人気ですね。

ですが、カロリー自体は絶対悪ではなく、人の身体を動かす大切な要素です。それを踏まえて、低カロリー食品を摂る際の注意点をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

減量するには食事が大切な3つの基本

減量するには食事が大切な3つの基本
昨今では、美容目的、健康促進の為、ダイエットする人が増加の傾向にありますが、減量する際、食事を抜かれる方がいますよね。減量するには食事をしなければ良いと単純に考えている方も意外と多いのです。

ところが、ほとんどの場合、減量中に食事を抜いたダイエットは成功しません。なぜなら、人間の体は、飢餓状態に対応できる仕組みになっているからです。ムリな食事制限をすると脂肪 細胞が飢餓を記憶し、今まで以上に脂肪を蓄えようとしてしまいます。

たとえば、10だった脂肪量を食事制限で8に減らしたとします。しかし、食事をもとに戻すと、脂肪細胞はまた食べられなくなる危険性があると考え、脂肪量は11になってしまいます。再び8に減らすと、今度は12に増やしておこうとします。これが所謂リバウンドで、どんどん脂肪が増えてしまう原因なのです。

また食事を抜くことで血糖値が低下します。糖質は身体を動かす大事な燃料です。身体の中で十分な量の燃料が循環していないと、全ての臓器に影響が出て疲労感を頻繁に感じてしまいます。

更に、脳にも悪影響が起こります。一定した栄養補給が無いと、知的、情緒的機能に変化が現れます。意識がぼんやりして、不機嫌でイライラするようになってしまいます。

次にいつ食べ物が入ってくるかわからないため、身体が警戒して代謝は落ち、太りやすい体質になってしまうのです。血糖値は再び落ち、エネルギー不足な感覚が終日続きます。

減量中に食事を抜いて少しでも体重を減らしたいと思う気持ちは分かりますが、ダイエット中だからこそ、栄養バランスの良い健康的な食事を心がけなければなりません。脂肪の少ないたんぱく質に加えて全粒分を使ったものなど良質な炭水化物などを摂取するのも一案です。

そこで今回は減量するには食事が大切な3つの基本をお伝えします。
[ →続きを読む… ]