カロリーメイトのダイエットで陥りやすい7つの落とし穴

カロリーメイトのダイエットで陥りやすい7つの落とし穴
カロリーメイトダイエットをご存知でしょうか。一時期話題になったので、もしかしたら試した方も多いかと思います。カロリーメイトといえば、体のバランスを整えてくれる、手軽な健康食品のイメージがありますよね。忙しい時の食事として食べる機会も多いかと思います。

しかし、箱をよく見ると栄養調整食品と表示されています。栄養補助食品としてのカロリーメイトのみを食べ続けたとしても、決して綺麗にダイエットできるワケではありません。では、どのような難点があるのでしょうか。

ここでは、カロリーメイトダイエットの危険性について、ご紹介していきたいと思います。



 


カロリーメイトダイエットで
陥りやすい7つの落とし穴

 


その1:カロリーメイトだけでは偏った栄養しか補えない


カロリーメイトは、栄養補助食品ですので、忙しくて食事が取れないときにおやつ感覚で食べることが多いと思います。しかし、カロリーメイトは脂質が多くタンパク質が少ないため、ダイエットにはふさわしくありません。

ダイエット中に必要な栄養素は、タンパク質、鉄分、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2です。特に気をつけて摂取していただきたいと栄養士の先生方も警告しています。

 


その2:カロリーメイトは太りやすい


カロリーメイトは名前の通り、カロリーを取るための食品です。ダイエット食品ではないので、水分が少ないため便秘になりやすい傾向があります。つい、お菓子感覚で食べてしまい気が付いたら量が多くなってしまう傾向があります。

これが、体重増加をまねく原因です。

 


その3:コラーゲン不足による肌トラブルの増加


カロリーメイトに不足している栄養素のひとつ、タンパク質は女性の必要なコラーゲンなのはご存知でしょうか。カロリーメイトだけをずっと食べ続けて、ほかの栄養素を取らないでいると徐々に体に変化が生じてきます。

ダイエットに成功したとしても、肌につやがなくなったり、皮膚のたるみが気になったりして見た目年齢が増加してしまいます。それは、タンパク質不足が原因です。また、抜け毛が多くなったり髪がパサパサになったりと髪の毛にも悪影響を及ぼします。

 


その4:ダイエットの中で一番リバウンド率が高い


カロリーメイトだけを食べ続けるのは、種類も少ないためストレスも溜まり飽きやすく、一ヶ月続けるのも厳しいかもしれません。栄養価の高いお菓子という見方をした方がいいかと思われます。ダイエット用のクッキーなどとちがい水分や食物繊維などもほかにとらないとお腹に溜まりやすくなります。

カロリーメイトだけしか食べなければ少しでも体重は落ちます。しかし落ちた体重の反動は個人差がありますが、はじめは胃がなかなか他の食べ物を受け入れようとしないで量も少ししか食べられないかもしれません。

しかし、その後がリバウンドの始まりです。今まで、取られなかった栄養素を体が吸収しようと余分なものまで体に溜め込もうとがんばってしまいます。そのため、食べる量が少なくても体重が増えてしまうのです。

 


その5:一箱コロッケパンと同じ糖質


カロリーメイト一箱でコロッケパンと同じ糖質なのをご存知でしょうか。満腹感が得られるのは、コロッケパンですよね。それだったら我慢してカロリーメイトだけを食べ続けるより、適度にカロリーを計算しながら交互に食べた方が健康に良いでしょう。

ダイエットを始める方で、食べることが嫌いな方は少ないと思います。食べることが好きなのに、同じものだけしか食べられないのは辛すぎます。うまくカロリーを取り入れることも大切です。

 


その6:主食にすると肝機能障害になりやすい


カロリーメイトだけを食べ続けるダイエットは、体の一部の機能を低下させてしまうことがあります。栄養障害による肝機能が低下してしまうので、始めは気づかないことが多いですが、症状が悪化していくと全身がだるくなったり、食欲不振、黄疸などの症状が見られるようになります。

カロリーメイトは、山登りのときに持ち歩く、非常食として開発された食品です。非常食としてのカロリー補給ですから、脂質も糖質も多めに含まれているのです。なかなか自覚症状がでないので、病気が悪化して進行してから不調を訴える方が多いのが肝機能障害の特徴です。気づかずそのまま生活していたら、肝炎や肝硬変、最悪な事態としては肝臓ガンにもなりかねません。

主食は、きちんとした野菜やお米など、少しでも体に摂取を心掛けるように意識することが大切です。

 


その7:脂質が多いためメタボになりやすい


体重は食べた分だけ増えます。仮に1日カロリーメイト一箱と水だけの生活を何日間か繰り返したとしたら、体重は少しでも減るはずです。

しかし、カロリーメイトは非常食用の食品です。脂質と糖質が多い分体に蓄積されやすくなります。そのためメタボになりやすい体質になってしまうのです。

カロリーを抑えたいなら、こんにゃくでも十分補えます。

 

このように、カロリーメイトダイエットは手軽で簡単にできるので手を出しやすいですが、始める前によく考えてただ体重だけを一時的に落とすのではなく、継続的に綺麗に痩せることを考えて栄養面も考慮して実行していただけたらと思います。

健康的にダイエットを心掛けて食事だけではなく、運動も取り入れたらさらに効果が出るでしょう。

まずは、ダイエットの前に健康的な体作りから始めることをおすすめします。その中で補助的にカロリーメイトを導入するなど、主食にカロリーメイトではなく補助食としての役割を果たせるよう、意識して素敵な体作りを目指してください。

 


まとめ


カロリーメイトのダイエットで陥りやすい7つの落とし穴

1:カロリーメイトだけでは偏った栄養しか補えない
2:カロリーメイトは太りやすい
3:コラーゲン不足による肌トラブルの増加
4:ダイエットの中で一番リバウンド率が高い
5:一箱コロッケパンと同じ糖質
6:主食にすると肝機能障害になりやすい
7:脂質が多いためメタボになりやすい