サラダのカロリーを抑えて美容に役立てる方法

サラダのカロリーを抑えて美容に役立てる方法

最近ちょっと身体が重いな~太っちゃったかな~、そう思った時あなたならどうしますか?運動や食事制限が一般的ですよね。食事制限の主な目的はカロリーカット。サラダで摂取カロリーを抑えるとお考えの方も多いのではないでしょうか。ではメインの料理やご飯・パンなど食べなければサラダは何を選んでも良いの?そんな疑問が浮かんできますよね。

サラダを美容に役立てる方法としてカロリーダウンの代表選手である『サラダ』を普段のお食事に取り入れるとすればその場合の絶対守るべき注意点ってあるのか?そしてサラダがダイエットにどんな効果をもたらすのか?今回はサラダのカロリーを抑えて美容に役立てる方法についてのお話です。美味しくかつ健康的にサラダで食事のカロリーカットをして効果的なダイエットで綺麗を手に入れて下さい。



 


サラダのカロリーを抑えて
美容に役立てる方法

 

 


NGサラダはどんなもの?


サラダはヘルシー、そう考えている人も少なくはないですよね。しかし、レシピによってはサラダとはいえとんでもなく高カロリーなものになってしまうのです。じゃ、ドレッシングに気を付ければいいのか?そうではありません。レシピとなる具の選択を間違えてしまったら何にもなりません。美味しいからと言ってツナ・コーン・チーズなどたっぷり乗ったサラダは高カロリーで冷静に考えればダイエットには向かないのは一目瞭然。避けるべき食材です。

ポテトサラダやマカロニサラダも同様です。サラダとはいえ他の料理を圧倒するほどのカロリーがあります。しかし生野菜だけをむしゃむしゃ食べるのは味や食感・満足度の面からもあまり望ましくはなくまた体を冷やしてしまうのでダイエット食としてサラダのみ食べるのなら実は温野菜がお勧めです。どうしても生野菜で食べたいのであればメインの前の食欲抑制の役割として生野菜サラダを食べてその後スープや身体が温まる食事を軽く摂ってカロリーカットします。

温野菜の作り方のポイントは一旦野菜を水にくぐらせて火の通りにくいものと通りやすいものをわけてスチーム調理するのが便利です。温野菜サラダとしてかぼちゃ・ジャガイモ・サツマイモなどのイモ類を摂る場合はカロリーや糖度が高くなりますので温野菜だとしても食べすぎには充分注意が必要です。

 


ドレッシングに要注意


サラダは野菜中心でカロリーオフしてくれますがお野菜は淡白なお味のものがほとんどでそのままでは飽きてしまいなかなか量を食べることはできません。そこでドレッシングに頼るのですがそのドレッシングのカロリーは想像以上に高いものが多いのです。特に、マヨネーズベース・ごまベースなどはカロリーは高めで比較的低いタイプはしょうゆベースのものや玉ねぎやにんじんペーストを混ぜたドレッシングです。

オイルの含有量が高ければ当然カロリーもアップします。エクストラバージンオイルなどの良質な油使用のドレッシングを選ぶのが大切です。野菜と共に摂取するオリーブオイルはビタミンの吸収を手助けしてくれます。逆にノンオイルドレッシングにはその味を糖分や塩などで補うのでカロリーを抑えてはいても健康面では疑問が残るものもあります。

とはいえ脂を抜くことだけが正しい方法ではありません。良い油は健康と美容にとても必要です。可能であれば市販のドレッシングではなく自家製ドレッシングを作ることをお勧めします。オリーブオイルやアマニ油・ココナッツオイルなどの良質な油を使って作れば安心安全なサラダライフが楽しめますよね。マヨネーズの替わりにヨーグルトで代用したドレッシングもお勧めです。

因みに人気の春雨サラダは低カロリーと思われがちですが実は主成分は炭水化物。食べ過ぎは勿論いけませんし更には春雨サラダの味付けは砂糖や油が多めに使われているのでダイエットに不向きなサラダとしては高カロリーなタイプなのです。

 


海藻で脂肪を燃やす


女性にとても人気があるサラダ食材の中では海藻も忘れてはいけません。勿論カロリーも低い食材として知られていますがそれ以上に脂肪の吸収を抑え身体の中の余分なものを排出する働きをもつフコダインやアルギン酸・脂肪燃焼を促進させるフコキサンチンも含まれているダイエットには理想的な即座いなのです。

一般的なサラダの代表的な海藻である『わかめ』はダイエットの基本である「食べたものを体に貯めない」役割を持つ水溶性食物繊維を多く含み胃の中で水分を吸収・膨張するため満腹感が得られ不必要な成分を大腸に運び適度な柔らかさの状態を保ちつつ排泄してくれるのでダイエットにはお勧めです。

また海藻の表面のぬるぬるはフコイダンと呼ばれ脂質の吸収を抑えて体外に排出する働きがあります。また褐藻類に含まれる茶色の色素は脂肪の蓄積を抑えてエネルギーとして燃焼を促すフコキサンチンが含まれているのです。

無理な食事制限で痩せるのではなくバランス良く食べて排泄するのが一番重要なのです。特にお勧めしたいのはひじきでひじきには中性脂肪を減らし脂肪をつきにくくするタンニンも豊富に含まれています。ローカロリーでなおかつダイエットに効果的な成分が豊富に含まれていて更に美味しいとなれば食べない手はありませんよね。

ただし海藻サラダはカロリーは抑えられますが海藻だけのサラダでは腹持ちが良くありませんので一緒に長芋や豆などお腹に溜まるものも組み合わせたヘルシーサラダのレシピにしてみて下さい。海藻にはビタミン類・ミネラル・カルシウム・鉄・たんぱく質・食物繊維など豊富でしかも低カロリーダイエットのみならず女性にとっては良い事づくめの食材なのです。

 


豆腐はお肌とお腹に良い


食事制限でのダイエットで一番心配なのは身体を維持するためには必要なのにどうしても不足してしまう栄養素。特にたんぱく質は一般的に不足してしまいがちだと言います。そこでそれを補いつつも低カロリーでダイエットに役立つ食材は?というと『豆腐』があげられます。豆腐なら高タンパクで低カロリー。更には腹持ちも良いことからダイエットに最適です。

シンプルなジャパニーズフードサラダの豆腐はカロリーは低い上に豊富に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを補う役割を果たし肌の調子を整えてくれますので女性にとってはとても嬉しい食材です。更に脂肪代謝を高めるビタミンB群も豊富なので積極的に摂りたいですね。

 


キャベツ・きのこなど『歯ごたえ』重視


ダイエットに大切なのは少しの量でも満腹感が味わえるものです。逆に言えばダイエット効果があるとされる食材だって食べ過ぎれば効果はありません。そんな観点からいくと『キャベツ』や『きのこ』は最適です。何故ならそれらの食材は歯ごたえがあり良く噛んで食べることで満腹感が味わいやすいからです。

特にキャベツは少ない量でも千切りなどにしてこんもりと盛ればサラダのボリューム増しにも役立ちますし何より『食物繊維』が豊富なのでダイエットに重要な便秘解消にも効果抜群です。一品目でもサラダとして充分な存在感もありますしその他ほとんどのサラダ食材とも相性がいいので是非取り入れたいアイテムです。

きのこは低カロリーのサラダを実現しかつ内臓脂肪を燃焼する効果があり血糖値や中性脂肪・コレステロールを下げる効果もありダイエットには是非取り入れたい食材のひとつです。特徴としては体を冷やして代謝を下げてしまわないように気をつけたいので常温か温野菜にして食べると良いアイテムです。サラダは噛みごたえがあり満腹感を得られなおかつ低カロリーの食材を賢く選んで上手にダイエットして下さい。

クルトンよりもくるみやカシューナッツなどを砕いてトッピングするのも歯ごたえや噛みごたえを加えるという意味でお勧めです。良質なたんぱく質も摂取出来ます。じゃこを加えれば旨味が増しドレッシングのかけすぎも防止できます。是非お試しください。

 

いかがですか。以上がサラダのカロリーを抑えて美容に役立てる方法です。つい人はダイエットしたい、サラダなら野菜中心だからヘルシーだし絶対痩せられる!なんて思いがちです。しかし実はサラダというアイテムの中でもレシピの種類や合わせるドレッシングによってはどんなに他のお料理を我慢してサラダだけを食べ続たとしても美容効果はなかったなんてことにもなりかねないのです。

それはせっかく美容に良いとされる食物繊維タップリのお野菜中心のレシピであってもカロリーを抑えられないアイテムが詰まったサラダだった可能性が高いからです。サラダとダイエットの正しい関係を知って上手にサラダのカロリーを抑えて美容に役立ててみて下さい。

 


まとめ


サラダのカロリーを抑えて美容に役立てる方法

・NGサラダはどんなもの?
・ドレッシングに要注意
・海藻で脂肪を燃やす
・豆腐はお肌とお腹に良い
・キャベツ・きのこなど『歯ごたえ』重視