ロールケーキは高カロリー?!食べても痩せる7つの方法

ロールケーキは高カロリー?!食べても痩せる7つの方法

ロールケーキにチーズケーキ、モンブランやミルフィーユ・・会社の帰り道、ケーキ屋さんの店頭でダイエット中のあなたに甘い悪魔がささやきます。「おいしいよ〜我慢しないで、一つぐらい大丈夫だよ」って。

そうです!そんな悪魔の誘惑に負けてはいけません!ダイエット中はケーキはご法度、絶対に食べてはいけません。と思い込んでいるあなた。ですが、悪魔の言うこともまんざら嘘ではないことをご存知でしょうか?

ロールケーキは他のケーキ達に比べれは、ずっと低カロリーだし、ケーキの食べ方や選び方によってはダイエットに影響のない方法があるのです。そこで今回はダイエット中なのにケーキを食べたいのあなたのために、ロールケーキを食べても痩せる方法をご紹介しますが、だからって、いっぱい食べちゃだめですよ。あくまでも、取扱い注意な食品であることをお忘れなく。



 

ロールケーキは高カロリー?!
食べても痩せる7つの方法

 

ロールケーキと他のケーキとのカロリーの比較


ロールケーキは意外と生クリームの量が少ないものが多いのですが、まずは、ロールケーキと他のケーキとのカロリーの比較をしてみましょうか。ロールケーキ1個→251kcal。ティラミス1個→398kcal。ミルフィーユ1個→294kcal。チョコレートケーキ1個→438kcal、と確かにロールケーキのカロリー量が一番少ないようですね。

ちなみにハンバーガー1個のカロリー量は422kcalなので、約220gのハンバーガー1個とたった100g前後のチョコレートケーキでは、チョコレートケーキの方がカロリー量が多いことになります。怖いですねぇ。やはり、どうしてもケーキを食べたいならロールケーキが無難なようです。

 

ロールケーキと一緒に飲むドリンクに注目!


今あなたが食べているロールケーキのカロリーを消化し、栄養分を脂肪として蓄積させないためにはビタミンが必要なのですが、ロールケーキ約100g(1個)の中にビタミンは1mgも存在していません。

つまりほぼゼロに近いということですが、それではあまりにも危険すぎます。そこで、ロールケーキを食べながら体にビタミンを供給するために、フルーツドリンクを一緒に飲むことをオススメします。好みによっては、コーヒーや紅茶がいいという方もいらっしゃいますが、低カロリーなだけで、ビタミンはほとんど含有していませんので効果がありません。

 

イチゴの入ったロールケーキを選ぶ


イチゴ入の入ったロールケーキ、おいしそうじゃないですか!それにかわいいし。しかもイチゴは美肌やダイエット、それに便秘にも効くというトップクラスな果物なんです。

まずはお肌の健康に絶対必要なビタミンCがたっぷり入っていて、食物繊維ペクチンが血糖値の上昇を抑えてロールケーキのカロリーを効率よく消化してくれます。さらに食物繊維は、便の形成を助け便秘解消にも効果的です。、この事実を見逃す手はありません。お店でロールケーキを選ぶ時はぜひイチゴの入ったロールケーキを選んでください。

 

いえいえ抹茶ロールケーキも見逃がせません!


抹茶の中には、血糖値の上昇を抑える抗酸化物質カテキンがブルーベリーの120倍、ほうれん草の1000倍も含まれていて、ダイエットに効果的と言うしかありません。しかも抹茶の4割は食物繊維なのです。

ですからダイエット中にロールケーキを食べるには、抹茶との組み合わせが最強というわけですね。それと茶葉に含まれるテアニンという成分は、イライラを抑えるリラックス効果もあるそうなので、彼氏と喧嘩した後なんかに抹茶ロールケーキをパクついてみるのもいいかも知れませんね。

 

ロールケーキを食べた後にお酢を飲めってどういうこと?


以前からお酢はダイエットに冷え性、便秘、疲労回復など、女性にとってなくてはならない存在。今でもりんご酢やぶどう酢など女性のダイエットを意識した健康ドリンクがたくさん売られています。

そんなお酢の効果の中でも一番注目したいのが、胃に入った食べ物の消化を遅らせる性質があるということなんです。これにより腸にゆっくり食べ物が送られて、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

さらに、お酢に含まれるアミノ酸は新陳代謝を活発にするので、体脂肪が燃焼する効率を高めます。つまり、ロールケーキを食べた後にお酢の健康ドリンクを飲んで、体脂肪を燃焼させる有酸素運動、例えばジョギングや軽いエクササイズをすると効率的というわけです。

使用上の注意:お酢の分量は1日大さじ1から2を基準に毎日採るようにしましょう。また酢酸の刺激で胃を悪くする恐れがありますので、空腹時の使用は避けるようにしてください。

 

ロールケーキは3時のおやつに食べましょう


一日単位で体のリズムを刻む体内時計、朝太陽の光を浴びるとリセットされ活動的な状態になりますが、夜になれば自然と眠くなるのです。BMAL1(ビーマルワン)はそんな体内時計の機能を決定する時計遺伝子の一つとされ、午後10時から翌日早朝2時までの間にさかんに分泌されて体内に脂肪を蓄積する働きを促します。

とまあ、難しく言えばこんなことですが、簡単に言うと「夜食べたら太るよ!」という意味なのです。逆にBMAL1の分泌が一番鈍いのが午後3時。今がチャンスです。気づかれない内に食べちゃいましょう!ということで、ロールケーキを食べるのは3時のおやつがオススメです。

 

ロールケーキは毎日食べてもだいじょうぶ?


それでは最後に、「だったら、一日にどれくらいのロールケーキを食べてもだいじょうぶなの?」という話をしておきましょうか。例えば、身長160cm、体重60kg、25歳の女性がロールケーキを食べながらダイエットをしようとしています。

彼女が普通の生活で体重を維持するために必要なカロリー量は1454kcalなのですが、お菓子やジュースなどおやつで食べる分を10%と考えれば、1454kcalの10%ですから約145kcalになります。

ですが、彼女はダイエットをしようとしているわけですから、当然その数字を下回る必要がありますね。ですから、おやつで摂取するカロリー量は120kcalぐらいが適当です。ところで、ロールケーキ1個分のカロリー量を覚えていますか?

そう、251kcalです。大幅にオーバーしていますね。つまりこの計算によって導き出される答えは、「毎日たべちゃダメ!」ということです。それに一緒に食べるイチゴやフルーツジュースのカロリーを考えると、まぁ、3日に1回が無難なところでしょうか。ご参考までにカロリー計算ができるサイトをご紹介しておきましょう。

カロリー計算機:http://www.styledesign.jp/menuplan/daygetkcal/k.php(出展:Style Design)

あ、それから注意しておきますが、3食のカロリーを減らしてロールケーキを増やそうなんて、そんなとんでもないことを考えてはいけませんよ。

 

いかがでしたでしょうか。

「ダイエット中だから、ロールケーキはあきらめよう」としょげてたあなた。少しは希望が持てましたか。そうなんです。今ご紹介した通りちょっと食べ方を工夫するだけで、ロールケーキを食べながらでもダイエットができるのです。

ストレスはダイエットの大敵。まったく食べれないとあきらめるより、食べたい物は食べて楽しくダイエットをおこなってください。会社の帰り道、ケーキ屋さんの店頭でダイエット中のあなたに甘い悪魔がささやきます。「おいしいよ〜我慢しないで、一つぐらい大丈夫だよ」って・・・ですが、もう平気ですよね!

 

まとめ

ロールケーキは高カロリー?!食べても痩せる7つの方法

・ロールケーキと他のケーキとのカロリーの比較
・ロールケーキと一緒に飲むドリンクに注目!
・イチゴの入ったロールケーキを選ぶ
・いえいえ抹茶ロールケーキも見逃がせません!
・ロールケーキを食べた後にお酢を飲めってどういうこと?
・ロールケーキは3時のおやつに食べましょう
・ロールケーキは毎日食べてもだいじょうぶ?