おしゃれになりたいと思っている人がなれない7つの理由

おしゃれになりたいと思っている人がなれない7つの理由

町を歩いている人や、一緒に居る友達を見て「皆おしゃれで、いいなぁ…」と思った事はありませんか?

おしゃれな人って、いいですよね!なんだか、いつもキラキラと輝いている気がします。

それでも残念ながら「私だって出来る事ならおしゃれになりたいけど、でもどうすればいいのか分からないから、もうこのままでいいや!」と、直ぐに諦めてしまう人も少なくありません。

でも、諦めるのはまだ早い!ネックなのは「どうすればいいのか分からない」の所です。

それならば、「おしゃれになりたいのになれない人は、どうしておしゃれになれないのか?」を解明すれば、おしゃれになれる事間違いなしって事ですよね!

では、「おしゃれになれない理由」を、具体的に見ていきましょう。



 


おしゃれになりたいと思っている人が
なれない7つの理由

 


細かい事を気にしない


シンプル・イズ・ベスト、細かい事は気にしない!…凄く、潔くて…良いですね…!

いや、でもちょっと待って下さい。確かに、シンプルでもおしゃれな人は沢山居ますが、それはスッキリ見せようとしているだけで、実は大変手が込んでいるのです。

細かい事を気にしなくて、ざっくばらんな性格の方でしたら、もしかしたらお部屋が片付いていなかったり、日常生活がだらしない可能性があります。

もし本当におしゃれな人になりたいのであれば、今までの生活を見直す事から始めるのをお勧めします。気分がすっきりして、新しい自分に生まれ変われる筈ですよ。

 


自分が好きではない


「おしゃれになりたいけど、どうせ私なんておしゃれになれっこないよ」と、おしゃれから避ける人は、自分に何かしらのコンプレックスを持っていたりして、自信が持てないのでしょう。

もしかしたら過去に、見た目について、誰かに嫌な事を言われたのかもしれません。筆者も昔はそんな感じでしたが、数年振りに会った友達には「綺麗になったね!」って褒めてもらえました。それで確信しましたが、人は気持ち次第で変われるものです。

まずは、自分に対してのネガティブな思いを、ポジティブな考えに変えて行きましょう。せっかくの人生なんですから、自分を好きになってあげて下さい。

 


自分に似合う物が分からない


おしゃれ以前に、自分には何が合うのかがさっぱり分からない、と言う方は多いかと思います。

取り合えず無難に大人しい系の物を…、と思い身に付けたとしても、鏡に映る自分は、あまり「おしゃれ」には見えなかったりします。それならば、まず自分を知る事から始めてはいかがでしょうか。

例えば、身長が高い人ならロング丈のスカートやコートが似合う、鎖骨が綺麗な人ならデコルテが見えるファッションなど、自分の一押しポイントを見極めてみましょう。そうすれば、自分に似合う物が自然と分かっていきます。

 


間違ったおしゃれで挫折


今の流行はこれ!と思って買った服や小物だけど、あまり自分には似合わなくて失敗した経験はありませんか?あるいは、おしゃれだと思って買った服を着てみたものの、奇抜過ぎて周りの人からの評判がすこぶる悪かった経験はないですか?

「こんなに頑張ってるのに、なんで上手く行かないんだろう。もう適当でいいや!」と自暴自棄にもなるでしょう。でも、そこで諦めないで下さい、もうちょっとなんです!

誰にだって、上手く行かない時があります。それを頑張って悩み抜いて、乗り越えた人こそが成長出来るんです。もう少し、色々な物を見てみましょう。

 


意見を取り入れる


第三者の意見は重要です。

町で知らない人とすれ違った時に、「あの人のファッション、あんまり似合ってないよね…」と思う事はありませんか?

もしかしたらあなたも、完璧なおしゃれをしている筈が、間違ったおしゃれになっている可能性があります。

そんな時は、思い切って、周りの人に正直な感想を求めてみましょう。誰かに聞くのが恥ずかしい場合は、ファッション雑誌で勉強してみましょう。

特にファッション雑誌ならば、「この服には、これを合わせるとフェミニンな印象に!」や「メリハリを付ける為に、これを使ってみるといいかも!」や「今の流行メイクはコレ!」などと、具体的で分かりやすい情報が手に入りますよ。

 


値段を気にする


「おしゃれはしたいけど、服とか小物類とかって、高いじゃん。そんなお金ないよ~」と思う方も居るでしょうが、大丈夫です。ファッションは値段の問題だけじゃありません。

例えば百円ショップへ行った時も、一目で安物だと思える物と、なんだか高価そうに見える物がありますよね。確かにある程度の値段の物なら上等でしょうが、安くても、そこそこのお値段の物に見える事があります。

値段や質だけでなく、着回しが出来るかなど、何度も使える物を品定めしょう。

また、古着屋へ行ったり、セール時期などを考慮して買うのも節約の手ですよね。

おしゃれにはお金がかかりますが、お金の遣り繰りを考える、良い練習にもなりますよ。

 


おしゃれを楽しめない


おしゃれをしよう!と意気込み、完璧なコーディネートを固めてはみたものの、なんだかつまらない、と思った経験はありますか?

考えてみれば、おしゃれは、生活するにあたって必要不可欠な事ではないのです。どちらかと言うと、遊びに近いです。

つまり、おしゃれは「義務」ではなくて「遊び」なのです。遊びならば「こうしないと駄目だ!」ではなく、「この方が楽しい!」と考えるものですよね。

あなたは、本当はどんな「おしゃれ」がしたいのでしょうか?もう一度、自分と向き合ってみて下さい。

 

いかがでしたか。

人によって顔も体型も違うんですから、似合う物が違うのも当たり前ですが、やっぱり、おしゃれって、難しいですよね。

特に、出掛ける前にコーディネートが上手く決まらないと、「学生服って楽だったなぁ」と思ってしまいます。

でも、お気に入りの服やコーディネートがあると、お出かけ前はルンルン気分ですよね!

そして、それに似合うアクセサリーや髪型を決めたり、鞄や靴も用意して、メイクもバッチリだと、「おしゃれって楽しいな!」と思えるのです。

その後会った人に「そのコーディネート良いね!」と褒めて貰えると、自分の頑張りが認められたみたいで、本当に嬉しいです。

この記事を読んでおしゃれになったあなたも、街中を歩いていると誰かに「おしゃれな人だなぁ!」と思われるかもしれませんよ。ぜひ試してみて下さいね。

 


まとめ


おしゃれになりたいと思っている人がなれない7つの理由

・今までの生活を見直す
・ポジティブに考える
・自分を知る
・諦めずに、色々な物を見る
・周りの意見や雑誌を参考にする
・安い物でもおしゃれは出来る
・自分の好きな物を見極める