バレンタインのプレゼントで絶対NGのモノと言葉とは?

バレンタインのプレゼントで絶対NGのモノと言葉とは?

バレンタイン・・・日本では女性が密かに思いを寄せている男性に自分の気持ちを伝える日の意味合いが強いのが一般的です。そのイベントに欠かせないのがバレンタインのプレゼント。

学生時代を思い起こすとその日が近づくにつれ男子も女子もソワソワしはじめ当日その結果に一喜一憂した甘酸っぱい想い出の日。めでたく気持ちが通じ合いお付き合いした二人にとっても一年目のバレンタインってとても意味のあるものに感じますよね。

そんな胸がキュンとする様なバレンタインのプレゼント・・・その選び方一つで良い想い出になるのか嫌な記憶になるのか左右される事も少なくない。ではバレンタインのプレゼント、絶対NGのモノと言葉とはあるのでしょうか?失敗例をお伝えします。



 


バレンタインのプレゼントで
絶対NGのモノと言葉とは?

 


高級チョコレート


バレンタインのプレゼントと言えばメインは勿論チョコレートですがどんなチョコを渡すかは人それぞれ。とはいっても貰う側の男性にもご意見はあります。ではNGチョコって何だと思いますか?特別なプレゼント…この時とばかりに用意した高級チョコって意外に不人気なんです。

これ意外だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、男性側の意見としては結構そうおっしゃる方多いんですよ。その理由はいくつかありますが冷静に考えてみると納得の内容になっているかと思います。

まず一つ目は男性は女性ほどブランドや金額に興味を持たない生き物なのです。確かに最近では男性もお洒落に気を使ったりブランドなどの情報をいち早く取り入れたいというタイプの方も増えてはいますが…。

でも女性のブランド好きや高級志向にはかなわないですよね。それを手に入れる為にお金を稼げるお仕事してみたり借金したり…なんて男性には少ないはず。ですから価値観が違うと言ったらわかりやすいでしょうか。男性は「金額より心」っていう意見かも知れませんね。

女性は自分へのプレゼントに掛けてくれた金額の多さと愛情が比例するって思ってる方少なくないですけど…。二つ目は男性は本来少し見栄っ張りなのか「男たるものこうあるべき」的な考え方があるのか…。これ男性側からも女性側からも言える事ですが…。

最近では男女でお食事に行っても割り勘カップルが増えてはいる様ですが元々は暗黙の了解で男女が行動を共にすれば支払いは男性と決まっていたモノです。

当然、女性からプレゼントを貰ったらそれよりも高価なお返しをしなければいけないという考えがあります。バレンタインのプレゼントに対して一般的にホワイトデー「3倍返し」なんてよく聞きますよね。

それって社会的に男女の格差がなくなりつつある昨今ではとても厳しい事態です。そんな時代である事も理解して男性の懐事情を多少は配慮してあげて欲しいものです。私個人の意見としてはバレンタインプレゼントとしてどんな高級チョコを女性が渡そうと「彼女の為にこれを贈る!」と言いきってくれる男性が良いですけどね。

 


難あり手作りチョコ


これは定義がとても難しいので語り口もちょっと控えめになってしまうのですが…。彼女が一生懸命自分を想って作ってくれたバレンタインプレゼントのメインのチョコレート。感動しない訳は無い。

しかし想像してみて下さい。口に入れる物ですからね。もしせっかく綺麗なラッピングに包まれたチョコを良いムードで手渡されていざ包みを開けてみたら…。例えば彼女の指紋がベットリ付いちゃったチョコだったらどうですか?あるいは食べてみたらチョコなのに味わった事無い味だったら?

気心の知れたカップルなら笑って許してくれるかもしれませんね。でも片思いの男性にこれを渡してしまったら取り返しがつかないかも~と思いませんか。そんな極端なケースでなくてもバレンタインに限らずプレゼントってお相手のあることなのでどんな些細な事でもお相手の方がどう感じるかなのです。

どんなに心を込めて作っても指紋だらけや欠けてるチョコの印象はあなた自身が「だらしない」女性と判断されかねないので注意が必要です。また、量や大きさも判断が難しいですよね。

 


義理?本命?


これもバレンタインプレゼントを受け取る側と渡す側の意見の相違があるので微妙な問題ですが男性陣はこれでかなり頭を悩ます事案です。本命チョコとして渡すのならそれなりのしっかりとしたアピールもお相手への思いやりと言う意味では肝心です。

中身が一緒でもラッピングの工夫やメッセージ性を持たせるだけででも印象は随分変わるのです。逆に義理チョコなのに「これって義理だよね?それともひょっとして実は俺の事好きなの?」なんて実に微妙なレベルのチョコは男性を悩ませてしまいます。

バレンタインプレゼントなのに意思表示をしっかりしてあげない上に「何勘違いしちゃってるの?」なんて失礼な陰口は嫌な女以外のなにものでもないですからね。バレンタインにあげるプレゼントなら特にそのあたりは充分配慮が必要です。つい忘れがちですので覚えておいてください。

 


使い道に困るプレゼント


好きな男性の為にと言いながらも独りよがりや自己満足のバレンタインプレゼント選びをしてしまう事があります。これは絶対NGです。女性自身は心を込めて選んだかもしれませんが男性が使い道に困ってしまう様では何もならないですよね。

例えばつい選びがちな二人の写真が入った写真たてやフォトアルバム。女性目線で言えば何がいけないの?と言ってしまいがちですが…。男性側の意見としてはいつも監視されているようで気が休まらない・重いという意見が目立ちました。

同様に『重い』という意味合いで男性を困らせてしまうバレンタインに贈るプレゼントの代表選手は手作りの品ですね。世界に一つ的なメッセージの強過ぎる手編みのマフラーやセーター。シンプルな物ならまだしもちょっとこれで外に出る訳には…というグッズ。

双方の意識のギャップが大きいもの。価値がわからないものだと当然の事ながら男性はホワイトデーのお返し選びにも困りますから。バレンタインデーの本来あるべき男女の神聖なイベントの雰囲気を壊してしまうような遊び心全面押しのプレゼントも避けるべきです。

自分好みを押しつけてしまうのも絶対NGです。お気に入りの曲を集めたCDや香水・アロマなどなど。

 


添えるメッセージは真心こめて


バレンタインにプレゼントやチョコレートを渡す際に手書きのメッセージを添える…とても素敵な事です。昨今ではSNSがコミュニケーションの主流ですがこんな特別な時は手書きのお手紙も喜んで貰える筈。

でも、その内容にも注意は必要です。勿論素直な好きという気持ちを伝える内容なのは大前提です。それは決してまわりくどいものではなくストレートに伝えてくれるとキュンとくるなんて男性は思う様です。

反面、今の好きな気持ちだけではなく先の事・二人の将来の夢などを書くのはNGです。

今の好きな気持ちが溢れ出て「ずっと一緒にいたい」なんて言いたくなる気持ち分からなくはないけれど…。それを言われた相手にとってはちょっと重いものです。今の気持ちを伝えれば男性は男性なりにどう応えるべきか考えます。

バレンタインにはプレゼントも言葉も気持ちも決して押しつけはダメ!ってことです。むしろ控えめな位が彼から好感を持って貰えるケースの方が多いものですよ。

 

いかがですか。以上がバレンタインのプレゼントで絶対NGのモノと言葉です。プレゼントと言えば当然の事ながらお相手があることを決して忘れないのが重要です。基本的には自己満足になってはいけないのが大前提です。恐らくプレゼントを選ぶ際にはほとんどの方がお相手の事を考えお相手の好みに合わせ似合う物や喜んでくれる物を手に取る筈。

しかし今回はロマンチックなバレンタインデーですから砕け過ぎてもいけませんし重すぎてもいけない。そう考えるととても悩ましい気持ちになるのも当然です。一般的には素直な気持ちと控えめな心遣いが好感を持って貰えるポイントです。アピールが激し過ぎるのは好ましくはないと考えられます。

何はともあれ相手を思いやる気持ちが大切で心を込めて選んだプレゼントを謙虚な気持ちで渡す事・・・それが大事なのです。

 


まとめ


バレンタインのプレゼントで絶対NGのモノと言葉とは?

・高級チョコレート
・難あり手作りチョコ
・義理?本命?
・使い道に困るプレゼント
・添えるメッセージは真心こめて