デート2回目でその気にさせる7つのマル秘テクニック

デート2回目でその気にさせる7つのマル秘テクニック

気になる異性がいれば、お付き合いしたいと思うのは当然ですよね。しかし、それも全て縁ですから、お互いの気持ちやタイミング、全ての条件が整わなければ実際にお付き合いする事は難しいで事しょう。

この世界中にはどれだけの人がいるのでしょう。そんな中で、自分にピッタリのたった一人の人を探し出す事は、奇跡を起こす様な物なのです。つまり、カップルが生まれるという事は、その位意味のある事だと言えるのかもしれません。

なにはともあれ、自分に興味を持って貰わなくては出逢いは成立しませんよね。出逢いが無ければ、自分にとっての、大切なたった一人の人も探し出すことは出来ないのです。そこで今日は、その出逢いの一歩としての、相手を得る為に大切なデート2回目でその気にさせる7つのマル秘テクニックについてお伝えします。



 


デート2回目でその気にさせる
7つのマル秘テクニック

 


おすすめは、王道のデートスポット


1回目のデートは、いわゆる顔負わせですから、実際には、2回目のデートからお互いに付き合う相手として適当かどうかを判断し始めるという意味合いがあります。また、そのデートが楽しかったという印象を持って貰う事は、とても重要な事なのです。

そうなると、かなり気合が入って、一生心に残るデートにしようとか、サプライズを用意しようなどと考えてしまうかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

実は、その条件を満たすとすれば、最適な物は、まさに王道のデートスポットだと言えるのです。動物園や水族館の様な、奇をてらうでもなく、なかなか行けないような場所でもない、いわゆる普通のデートコースが良いとされます。

動物園では動物の愛くるしい姿を眺めているだけでも癒される、男女共通して楽しめる場所です。水族館は、特に夏の暑い時期などでも涼し気なデートが出来ますので一層おすすめです。

映画館のデートもおすすめです。映画は2時間ほど、デートのメインとして最適な所要時間と言えるでしょう。ただし、観る内容は事前に決めておくことが鉄則と言えます。

食事は1回目のデート同様で、ダイニングレストランやオシャレなカフェなどが無難でしょう。また、相手の反応を見ながらですが、もうちょっとリラックスして喋ってみたいという印象があれば、お酒を飲みながら食事が出来る場所も良いです。

店内の雰囲気次第ですが、オシャレな居酒屋や焼き鳥屋など大衆居酒屋など相手の好みや希望に合った場所も良いでしょう。

 


1回目から2回目のお誘いの間隔は1週間後から2週間前後がベスト


1回目のデートが無事済んだら、次は2回目のデートの計画を立てます。お互いを理解するという意味では、2回目のデートという物は大きなターニングポイントです。

2回目のデートに誘う間隔は、短くても大丈夫ですが、1週間後から2週間前後がベストと言えるでしょう。相手の中に1回目のデートの印象が鮮明に残っている内に次のデートの約束はしておくべきです。

長くても3週間以内にはアプローチしておきます。まずは、初デートが終わったその日の内にメールをしておく事をお勧めします。「今日はありがとう、楽しかったね」というくらいの軽いメールが良いでしょう。

そして、2、3日後位に「この前のデート楽しかったね。良かったら、また会いませんか?」とストレートに誘ってみましょう。

例えば、初デートの際に仕入れた情報を織り混ぜて「そういえば映画良く観るって言ってたよね。◯◯っていう映画が面白いって評判だから一緒観にいかない?」とか「◯◯さん動物好きなんだよね。そう言えば動物園ってしばらく行ってないなぁ。良かったら一緒に行ってみない?」という感じで誘ってはいかがですか。

 


心と体の距離を近づけましょう


まず、1回目のデートはお互いが様子見の状態です。つまり、お互いのことを知る段階であると言えるでしょう。軽くお茶をしたり、ご飯を食べるというようなショートデートで、友達なのか恋人なのかを探っている感じです。

では、2回目のデートの目的は何でしょうか?2回目のデートでは、お互いがお互いの事を付き合ってもいい相手かどうか、恋人として付き合う相手かを判断する事が始まるのです。つまり、そういった意味でも2回目のデートは、とても肝心なのです。

2回目のデートでその人の印象が決まると言っても過言ではないでしょう。2回目のデートの内容を基準として、実際にこの人と付き合ったら、こんな感じになるのであろうと、うっすらではあるけれど、近い将来の自分達のビジョンを重ね合わせるので、良い印象づけをすることが必要です。

そうは言っても、まだこの時点では、彼氏ぶったりとか、恋人っぽく振る舞うという必要はなく、あくまで付き合った時にはこんなメリットあります的な事をさりげなく提示する必要があるという訳です。

相手とスキンシップをとるという意味で、手をつなぐという行為の効果は、相手に恋愛対象だということを意識させる事、告白する次のデートの為の布石になる事、手をつないだ時の相手の反応で状態が判断できる事です。

 


リラックス出来るデートにしましょう


そこで2回目のデートにおけるポイントの1つはリラックスできることです。これは、デートにおいて、一番大切な事は、素の自分でいられるかどうかでしょう。

恋人と一緒の時は、恰好つけて取り繕わなければいけない状況は疲れてしまうだけです。恋人同士なら、リラックスと安らぎが欲しいものですよね。

初デートは緊張するのも当然です。しかし、2回目のデートからは、自ら率先してリラックスを心掛けましょう。

なかなかそう簡単にはいかないかも知れませんが、デートの雰囲気に慣れるようにし、素の自分を出していくのが一番です。リラックスできるカフェや景色のいい公園などに行くのも良いでしょう。

 


楽しいデートにしましょう


当然のことではありますが、デートが楽しいことは必須条件です。楽しいデートだったかどうかという印象は相手にとって、強く残るものです。

その為にもデートプランはしっかり練る事が肝心です。行き当たりばったりのグダグダデートやノープランで相手に行き先やタイムスケジュールまで全て丸投げデートも、相手をガッカリさせる物です。

二人で楽しめる事が重要ですので、相手の好みやしたい事など事前に調査しておく事も大切でしょう。

 


肝心なのは、エスコート上手


女性の場合、デートをするからには男らしくエスコートしてくれる男性に惹かれる事が多い様です。

勿論、女性の中にも色々あって、自分の希望をすべて叶えてくれるデートが一番と考える女性もいる様ですが、多くの場合、きちんと女性として扱ってくれる男性は、かなり高ポイントで、更には優しさや男らしさも求める事になるでしょう。

では、どうすればうまくエスコートができるのかというと、相手の願いや現状を先読みすることが大切です。例えば、ちょっと歩き疲れた時に休憩を提案するとか、さりげなく車道側を歩くといったような気遣いができる事でしょう。

逆に、女性のほうは男性にエスコートさせてくれる事が大切でしょう。本来、男性というものは、自尊心の高い生き物です。一般的に、エスコートさせてくれるような可愛い女性を好みます。

「◯◯さんって優しいですね。」などと誉められるのもとても嬉しいものです。男性の自尊心と言う物は、女性に誉められることによって満たされるのです。

 


好意的に思っている事を素直に伝えましょう


ここで、注意して欲しい事は、漠然と「好きです」というよりは、「○○さんの、△△な所、好きだな~」といった様な、軽い告白が良いでしょう。

また、相手の恋愛観について聞き出してみたり、心の距離を縮めるための工夫をする事も大切です。

相手の好きなタイプや恋愛観を聞くことで、自分に脈アリか否かを再確認することもできるので試してみると良いでしょう。

 

いかがでしょう、デート2回目でその気にさせる7つのマル秘テクニック。2回目のデートが二人の将来を決めるという位、重要な物である事がおわかり頂けたのではないでしょうか。

そのカップルが、男性上位であるか、女性上位であるか・・・デートは、どんなパターンなのか、今後の二人の付き合い方まで左右すると言っても過言ではないのです。

また、3回目のデートを約束するキッカケとなるような話題を振っておくことも重要ですので、2回目のデートでは、しっかりと相手の気持ちをつかみましょう。

恋人候補として認められていない以上、間をおいてから改めてデートに誘っても、既に新しい相手ができてしまっている可能性もあるのですから、しっかり相手の心を掴む努力を忘れずにいきましょう。

 


まとめ


デート2回目でその気にさせるには

・おすすめは、王道のデートスポット
・1回目から2回目のお誘いの間隔は1週間後から2週間前後がベスト
・心と体の距離を近づけましょう
・リラックス出来るデートにしましょう
・楽しいデートにしましょう
・肝心なのは、エスコート上手
・好意的に思っている事を素直に伝えましょう