つまらない男と言われない為に用意しておく7つの話術

つまらない男と言われない為に用意しておく7つの話術

あなたは女性と二人っきりになった時どんな話をしますか?自分の得意な話をして上機嫌だったけど相手の反応がイマイチだったなんて話もよく聞きます。それ相手から「つまらない男」と思われているかも知れません。

もっとハッキリ言う女性もいます。その話じゃ「つまらない」とメールやLINEなどの返事も来なくなってしまったりしていませんか?そんな風に思われたらショックですよね?

そんな方の為に今回は話術を教えます。話の話題によって用意しておきますのでご参考にされてはいかがでしょうか?話術によって相手の反応が変わります。

そんな話をしていきます。是非とも覚えて実践してみてください。



 


つまらない男と言われない為に
用意しておく7つの話術

 


相手に興味ある話。


まず大前提がこれです。これはすべてにおいて関わってくるので重要な点です。基本つまらない男は相手の興味が何かを解っていない男です。

つまらない男と言われない為に常に相手が興味のある話をする事です。具体的には相手の身の上話や相手の日常の話をするといいでしょう。そこでの悩みや相談事を会話の主にするのです。

悪い例は「今日どうだった?」と唐突に聞く事です。これでは脳がありません。いい例は「今日こんな事があってさ・・・どう思う?」から「それで○○さんはどうなの?」と自分の話題から振る事です。

こうすればいやらしくなく話を始める事が出来ます。その後は相手を主にした話で盛り上がればいいのです。きっと「またしゃべりたい」と思う事でしょう。

 


自分を紹介する話。


つまらない男は自分を上手く紹介する事が出来ません。皆さんは自分を相手にアピールする場合どのようなセリフを言っていますか?上手く自分を紹介出来ていますか?

そこで自分を紹介するテクニックを紹介します。ここでも相手を会話の主におきます。会話の隙間に自分の紹介を入れ込むのです。

例としては「そうなんだぁ~俺ならこうするけどね。」や「そうなの?俺はこう思うけどね。」など相手を肯定してから自分の意見をねじ込んでいくのです。これが自分の主張をする事になります。これが適格に出来る人は適度に相手とキャッチボールが出来る事でしょう。

 


仕事の話はそこそこに。


よくある話が仕事の話を延々として相手が飽きてしまう。あるいは相手が「愚痴言ってるの?」と思ってしまう事があります。男にとっては仕事が一番の生き甲斐であることだと言う方多いでしょう。

しかし話相手がその仕事を知らない人の場合は非常につまらない話になってしまいます。仕事は誰でも大変なのです。仕事の話は同僚とだけにしてあとは「仕事何しているの?」と聞かれた時に簡単に答える程度に考えておきましょう。

仕事の話を延々とされるとつまらない男と言われる事になります。逆に仕事以外の話を出来る人は好意を持たれます。仕事以外の話も持っておきましょう。

 


趣味の話。


趣味も話がしやすいものです。ですから自分の趣味を延々と語ってしまう事があります。本当にそれで大丈夫なのでしょうか?

ここでも相手の趣味の話を自分の趣味との共通点を見出して話をする事です。趣味が一緒ならそれはそれでいいですが、趣味が違った場合はその楽しさや熱狂ぶりを相手と共感するようにしましょう。

例をあげると「あなたの趣味と私の趣味はこういうところが似ているから趣味に没頭出来ることに共感できるよ」などでしょうか?相手が趣味の話を延々としている場合はあなたにこころを許した証拠でもあります。でも出来る事なら事前に相手を調べておいてその趣味の下調べなんかをしておくと尚良いです。

 


美容の話。


「男だから美容の話なんて・・・」侮るなかれこれが意外に盛り上がるのです。皆さんは美容に関する知識を持ち合わせていますか?例えばあなた自身の美容に関する悩みでもいいのです。

「俺はこんな顔でここが太いのが気になっていて・・・」と話をすれば女性のほとんどが「わかる~」と共感してくれます。さらにその女性の美容に関する悩みまで聞ける事が出来ます。つまらない男と思われない為にこんな話も用意しておいてみてはいかがでしょうか?

さらに女性の悩みに共感する事で共通の意識が生まれグッと距離が近くなります。男はそんな話は気持ち悪いなんて言ってないで試してみてください。おどろくほど盛り上がれるはずです。

 


健康の話。


人間誰しも健康に関する悩みは一つや二つ持っているものです。自分の健康の悩みを吐き出して相手の健康の悩みを引き出しましょう。健康に悩みを持っていない方もその話にはのってくるはずです。

「俺今ここが悩みなんだけど・・・みんなは健康に関する悩みない?」と言えば多くが食いついてくる事でしょう。「いいサプリメントはどうだ」とか「いいやってる健康法はどうだ」とか盛り上がるはずです。でもくれぐれも相手の核心に触れる部分は避けてください。

それを気にして悩んでいる場合がありますからあくまで健康法などの話で盛り上がればいいと考えます。まぁ相手が思いのほか深刻な悩みを持っていて勝手にしゃべってそれを聞いている分にはいいと考えます。健康の話も盛り上がるのでネタとして持っておきましょう。

 


他人を褒める話。


他人の悪口で盛り上がるのはあんまりよろしくありません。もし本人にそのことが知れたのなら相当気まずい雰囲気になりますし、場もその場は盛り上がるかも知れませんが罪悪感にさいなまれる事になります。

いい会だったとはならない印象になります。ですから逆に他人を褒める話をしてみてはいかがでしょうか?褒め方は自分がその人を好きなのかと勘違いされてはいけませんから適度な具合です。

「あの子こんな良い行動をしていたんだよ。」とか「明るくていいよね?」ぐらいの感じでしょうか?よく女性と二人で話している時に他人を出すと急に不機嫌になる人います。そのようでない方には「この人は大きな器の人だ」と思われる事でしょう。

 

いかがでしょうか。基本その相手の興味ある事を普段何気なく聞いている事で解決する問題なのではないでしょうか。中には男にしゃべらせてその男の本性を見極めると言う手を使う女性もいます。

そういう場合を除いては相手にしゃべってもらう事その話題を提供する事に徹した方がいいと言う事です。上手く相手から話を引き出せるような能力が求められます。そのような能力をもっている人はつまらない男にはならないと言う事です。

自分の話に相手を引き込ませるのではなく、相手にしゃべる環境を与えてあげる上手い言い回しが出来る事が話術ではないでしょうか。是非とも以上挙げた点を踏まえ実践してみてください。

 


まとめ


つまらない男と言われない為に用意しておく7つの話術

・相手に興味ある話。
・自分を紹介する話。
・仕事の話はそこそこに。
・趣味の話。
・美容の話。
・健康の話。
・他人を褒める話。