彼女欲しいと思ったら実践してほしいレディーファースト術

彼女欲しいと思ったら実践してほしいレディーファースト術

彼女欲しいと思いながらもなかなか行動できずにいる人や思い叶わぬ人は、ぜひ一度レディファースト術を実践してみることを推奨致します。と言うのは、女性にはお姫様願望と言うのがありまして、お姫様のように扱われることを望んでいる部分があります。

実際、欧米のレディファースト文化を聞いて目を輝かせている女性の方は多いでしょう。少なくとも、アンチの声を上げる人はいませんね。つまり、彼女欲しいと思っているならば積極的に活用すべきテクニックと言えます。

事実、常にレディファーストを心がけているイタリア男性などは、モテにモテまくっていますからね。彼らは本国でも同様に一人で寂しく歩いていることは少ないです。ここは、彼らに習いレディファースト術を実践していくべきでしょう。



 


彼女欲しいと思ったら実践してほしい
レディーファースト術

 


ドアは開けてあげよう


まずは基本中の基本です。欧米の人と人間関係を持っている人ならば既知の事実ではありますが、彼らはこういった行為を極々自然に行います。実際、相手が男性であっても、他意無く自然に行いますからね。

男性の側から見ても人間的に素敵な人に移りますからね。女性ならば、心動かされないはずはありません。彼女欲しいと思うならば、まずはドアを開けるところから始められるべきでしょう。

 


エレベーターは先に女性を乗せよう


次はエレベーターの乗り降りですね。日本には、「女は半歩後ろを歩くべし」といった格言がありますが、こういった古臭い考え方は今すぐ捨て去りましょう。特に女性は、こういった古い考えの男を嫌います。

彼女欲しいと思うならばエレベーターの乗り降りは女性を優先しましょう。もちろん、ドアの「開」のボタンは押してあげましょうね。何事も女性を優先する、これが大切なのです。

 


タクシーは先に乗せよう


ドア、エレベーターに続きタクシーも同じです。どうも日本男児は「リードする」の意味をはき違えている方が多いように感じます。こういった時に先に乗る、歩く、といった行為に意義を見出している方が多いのですね。

実際は逆効果ですので絶対にやめましょう。タクシーの乗り降り一つとっても見ている女性は見ていますし、気づく女性は気づきます。少し配慮して席を譲るだけで女性の好感を得られるのです。やらない手はないでしょう。

 


階段を降りるときは手を差し伸べよう


階段を降りるときも同様に手を差し伸べる程度のことはしましょう。男性は気づきにくいかもしれませんが、女性はヒールなどを履いていたりしますし、男性よりも体も小さいですから、男性以上に段差を嫌います。

基本的に男性に比べて上ったり下りたりが大変なのですよね。そして、こういった困った時と言うのはチャンスなのです。すっと、さりげなく手を差し出してみましょう。目当ての女性のハートは必ずあなたにときめくことでしょう。

 


重い荷物は持とう


男性には手ぶら派がいますが、女性には絶対に存在しません。女性は、男性に比べて持ち歩かねばならない荷物がたくさんあるからですね。ゆえに、女性の方が力が弱いにもかかわらず、女性の方が重い荷物を持っていると言う状況が発生しています。

しかし、ここもレディファーストで解決です。街行くカップルを見ればわかりますが、彼氏の方が荷物を持っているケースが多く見られるでしょう。つまりはそういうことです。そういった女性への配慮ができる人間がモテるのですね。

 


レストランでは椅子を引いてあげよう


彼女欲しいと思うならば、レストランでの振る舞いも重要です。もちろん、入る時のドアは開けて先に通してあげます。そして、さらに素早く椅子を引いてあげるのです。これで、目当ての女性のハートも射抜けます。

人間は少しの配慮で感激できる生き物です。男性側も女性のちょっとした配慮にクラッときたりするでしょう?それと同じです。女性も男性の少しの配慮に心を奪われるのです。sh2
車道側は男性が歩こう


最後は道を歩くときですね。特に大通りなのを歩くときは、車道側は必ず男性が歩きましょう。「車が入ってくるかもしれない」「ひったくりがくるかもしれない」こういった危険から女性を守るためですね。

女性を守るのは男性の仕事です。最近は「草食系男子が…」と言いますが、女性は本能的に自分を守ってくれる男性に心を奪われます。レディファーストにはこういった意味合いもあるのです。

 

いかがでしたか。彼女欲しいと思った時のレディファースト術についてはご理解いただけましたでしょうか。実際、それほど難しいことはありませんね。大半が少しの配慮、少しのエネルギーを使うことで実践が可能です。

それにも関わらず、日本では実践されている人は少ないです。女性から避けられて当然とも言えます。このような少しの配慮も、少しの気持ちも行動で見せられない男性に女性がなびくはずありませんからね。

ですが、逆に捉えればチャンスでもあります。欧米化が進んだと言えど、レディファーストはまだまだ普及していません。実践者が少ないわけですから、少しの実践でライバルに大きく差をつけることができるのです。

逆転の発想でレディファーストを実践し、彼女欲しいとの思いを叶えられると良いでしょう。きっと、うまくいくことでしょうからね。

 


まとめ


彼女欲しいと思ったら実践してほしいレディーファースト術

・ドアは開けてあげよう
・エレベーターは先に女性を乗せよう
・タクシーは先に乗せよう
・階段を降りるときは手を差し伸べよう
・重い荷物は持とう
・レストランでは椅子を引いてあげよう
・車道側は男性が歩こう