年上彼女がほしいなら最低限やっておきたい男磨き

年上彼女がほしいなら最低限やっておきたい男磨き

ちょっと前の男子なら「俺が守ってやらなきゃダメ」って感じの儚げな女子を彼女にしたがるものでしたが最近は年上彼女が圧倒的に人気ですよね。何事にもあっさりしている草食男子は理想の女性像も昔とは大きく違っています。

先日も知りあいの大学生に結婚観を聞いてみたら理想の女性は経済力があり自立している女性だと言っていました。旦那さんとして奥さんを守ってあげるのではなく共に人生を歩むパートナーという位置づけなのだと感じました。

女性から甘えられたいわけではなくあくまでも対等な立場でいたいのであればおのずと彼女も同じ年頃や年下の子ではなく年上の女性でなければ理想的な関係を築くのは難しいというのはある意味、理にかなっていると言えますね。

しかし年上の女性にも理想のお相手像があるのは当然です。お眼鏡にかなわなければ彼氏という座は射止められませんからね。年上彼女がほしいなら最低限やっておきたい男磨きについてお伝えします。



 


年上彼女がほしいなら
最低限やっておきたい男磨き

 


精神的自立


世の中には様々な人がいますから「かわいい年下男子が大好き!」という女性もいることはいますがそれだけでは長くお付き合いするのは難しいかも知れません。ペットの様な感覚で付き合い始めてしまったらいつかはその恋の魔法もとけてしまい幻を見ていた感覚になってしまうことだってあるのです。年上彼女の気持ちをつなぎとめるのはとても難しいのです。

そもそも精神的に全く自立していない男性を女性は愛せるのか・・・ほとんどの場合それは「敬遠」するケースがほとんどです。依存心のかたまりのような男性ではほとんどの女性の目には魅力的に映らないのは簡単に想像できます。女性はお付き合いする彼の母親になりたいわけではないのですから・・・。

年上彼女が欲しいと思うのならば男性としてまずは精神的な自立を意識して頑張るのが大事です。少年の様な心をもつ男性と子供っぽい男性は似て非なるものなのです。まずは年上の彼女の彼として恥ずかしくない大人の男になる努力をすることです。天然の幼い彼ではなくそんな必死の努力をしている年下の彼が可愛い!と年上の女性は思うものです。

年上彼女は人生の先輩でもあり社会人としてのキャリアも積んでいるのだから尊敬すべき点も多いものです。しかし敬ってばかり謙ってばかりではお互い疲れてしまいます。そこは男性が年下であることを利用して厚かましくならない程度に躊躇せず腕を組んだり手をつないでみたりして多少強引なくらいのリードをすると年上女性は「もぉー、恥ずかしいよー」なんて言いながらもキュンキュンしてしまうかも。

でもいつもしっかりした男性でなくても良いと思います。せっかくの年上彼女、年下彼氏なのですから適度な甘えん坊さんになるのも良いですよね。頼られたり甘えられることで男性の愛情を感じる女性もいます。そんなタイプの年上女性には時には自分の弱みを見せたり悩みを相談してみたりして「私がついてないとダメなんだ」と思わせることも必要です。

つまり可愛い年下彼氏として上手に甘えて年上彼女冥利を感じて貰ったりたまには甘えさせてあげたりと『甘える』バランスを見極め『甘える』バランスを大事にできる男性になるよう男を磨いておくことです。

 


経済力をつける


現実的な話になりますがいつの時代でも経済力のある男性は無い男性よりは勿論魅力的です。女性からの人気も高いのが当然です。それは野生動物の世界でも同じこと。より多くの獲物や食糧を狩る能力を持つ♂に人気が集中するものですよね。生きていくためには何より大事なのですから。高い経済力を持つ男性を選択するのは厳しい生存競争に勝つための女性の本能なのです。

年上彼女をゲットしたい理由がいわゆる『ひも』的な男になりたいからと言い切る勇気がある男性でないのなら まずは経済力を付ける努力はして下さい。経済力があるというポイントは年上彼女に限らず多くの女性からから認められる好条件になるのは言うまでもありません。年上の女性ならば社会的地位もあり経済力もあり男性にそれを望まない場合だって今の世の中ならば有り得る話ではありますが・・・最初からそれに頼っているようではただのダメ男ですよね。

恋愛がうまくいっていざ結婚!という時に周囲から共働きの『格差婚』と言われる今のご時世なら結構一般的にもあるかもしれませんが『完全専業主夫』を名乗るのにはまだ社会の目は少し冷たいと感じる瞬間もなくはないですからね。

それはさておき男のプライドといのもあるとは思いますが年上彼女とお付き合いするときの注意点は決して無理は禁物、無い袖は振れないのは当たり前・・・そこは年上彼女に甘えてもお礼の言葉や感謝の気持ちは絶対忘れずに伝えるのを心掛けて下さい。背伸びして無理して何万円使うよりサプライズの小さなブーケのプレゼントのほうが断然価値があり効果的ですよ。

 


女性への理解


年上彼女であろうが年下の彼女であろうが人は自身に理解を示してくれる人間に惹かれるものです。常に自分を否定する人と理解してくれる人が目の前にいれば良き理解者がいることほど心強いことはないですよね。多くの女性は理想の男性に『包容力』を求めているものです。しかしそれは豊富な人生経験のある人が持っているものでなかなか若い男性には期待できないと多くの人が考えていますよね。

若い男性の魅力に加え大人の男の魅力とも言える『包容力』を兼ね備えているなら無敵ですよね。そんな女性への理解力を高めておくことに損はありません。女性は感情の起伏が激しい生き物であることや常に自分という人間を受け入れて欲しいこと、ちょっとした変化に気付いてて欲しい気持ちなどをくだらないなんて言わずわかってあげて「僕はいつでも貴女の味方だよ」と言ってあげてください。

つまり女性の心理というものを理解している男性こそが理想の年上彼女を手に入れる秘訣なのです。同時に「男子厨房に入らず」など古い言葉を使う人は今や居ないとは思いますが女性の仕事と家事の両立などの苦労を理解し常に協力的な男性が現代では常識になりつつあります。掃除・洗濯を始めとして特に料理が上手な男性は人気が高いのが当然です。近年では男を磨くアイテムにかつては女性の役割と思われていたことを何なくこなす力を養うことを入れるべきです。

強さと優しさを持っている年上の女性で一見無敵の存在に見えるかもしれませんが年齢を重ねれば重ねる程、実は希望と諦めの狭間で揺れているものなのです。自分に自信を持ってはいるけれど若い頃とは少し違ってきている現実にも敏感になっている点もあり常に葛藤しているものです。一日が充実していればしている程夜家に帰って一人になると妙に淋しくなってみたり・・・。そんな気持ちを理解してあげられる頼れる男性になってください。

 

いかがですか。以上が年上彼女をほしいなら最低限やっておきたい男磨きです。そもそも女性って年齢を必要以上に意識してしまうこともあるものです。ほとんどの女性は出来ることならいつも若くありたいって思うものなのです。ですから普段頑張って生きている年上彼女は常に強い女性に見えているのでつい甘えてしまうのも仕方がないのですが時には少し弱音を吐かせてあげることができる懐の広い男になるのも大事ですよ。

そしていざ年上彼女に告白!という瞬間は煮え切らない態度は絶対NGです。きっと女性は本気にしてくれません。真摯な気持ちと態度を前面に出しきって粘り強く頑張ってみて下さい。少し格好悪いくらいがむしゃらにチャレンジする位がちょうど良いという心構えで素敵な年上彼女をゲットしてください。甘え上手で女性に理解ある男性・・・これが鍵です。

 


まとめ


年上彼女がほしいなら最低限やっておきたい男磨き

・精神的自立
・経済力をつける
・女性への理解