恋愛依存の人が症状から抜け出すことに成功した7つの理由

恋愛依存の人が症状から抜け出すことに成功した7つの理由

恋愛は素晴らしい経験です。好きな人がいる、愛されている、それだけで生きてて良かった!と思えるのではないでしょうか。

しかし、恋愛が素晴らしいのは相思相愛の時だけかもしれません。一方的な愛情が続く恋愛は、ストーカーに発展したり、精神的に追い込まれたりとマイナスの行動を生み出します。そのために相手の人生も自分の人生も棒に振ってしまうかもしれません。

恋愛依存は禁物です。恋愛すると他に目がいかない人は要注意。今回は、恋愛依存の人が症状から抜け出すことに成功した7つの理由をご紹介しましょう。



 


恋愛依存の人が症状から抜け出すことに
成功した7つの理由

 


自分の不安と向き合おう


恋愛依存、それは恋愛中毒という言葉にも置き換えられます。何かに執着してしまう原因は、自分の中に、深層心理に不安が隠されているからです。

恋人と別れたくない、いつも一緒にいないと不安、という恋愛依存タイプの人は、まず自分の気持ちと向き合いましょう。子供の頃に親とうまくいかなかった、大切な人に裏切られた…。過去の悲しい出来事があるせいで、目の前の恋愛に執着している場合もあります。自分の不安と向き合って気持ちの整理をつける事が大切です。

 


趣味をみつけよう


自分が夢中になれるものを持っていますか?ジョギング、絵画、カラオケ、なんでも良いですが、自分が大好きな趣味を作って、仲間を見つけて交流しましょう。

いつまでもスマホを見つめて、恋人からの連絡を待つなんて悲しすぎます。恋人と会えない時間を有効に使いましょう。「今何してるの?」と忙しい彼にラインでメールを送るよりも、友達と趣味に没頭した方がストレスも軽減されるでしょう。

 


ペットを飼おう


恋愛依存体質の人は基本寂しがりやです。そんな人におすすめなのは、いつも自分だけを見つめてくれる、自分がいないと死んでしまう相手をみつける事。そう、ペットを飼いましょう!

どうせなら猫より犬の方がおすすめです。愛情表現は豊かですし、毎日散歩しなければいけないので時間がまぎれます。

環境が許すなら大型犬を飼いましょう。なんといってもゴールデンレトリバーがおすすめです。飼い主への愛情表現はNO1。もしかしたら、恋人の存在を忘れてしまう程のめり込んでしまうかもしれません。

 


お金を稼ごう


恋愛に依存してしまうのは、「相手に幸せにしてもらいたい」という甘えがあるから。まずは自分に自信を持ちましょう。

自信をもつためには何と言っても経済力。男がいなくても生きて行ける!と胸をはれる位稼げる女になって下さい。資格を取ったり、セミナーに参加したりと行動すれば、忙しくて恋人のことを考える時間も減るはずです。

同情するなら金をくれ、ではありませんが、依存するなら金を稼げ、です。お金はある意味万能です。生きて行く上でありすぎても困ることはありません。どんどん稼ぐともっと稼ぎたくなるのがお金の魔力。この強い魅力を知れば、恋人の存在がかなり小さく感じるかもしれません。

 


自分を磨こう


まずは自分を好きになりましょう。自分の体型、顔、性格、全て100%パーフェクトなんて上戸彩ちゃん位でしょう。まずは自分磨きをして下さい。

不思議なことに、自分を磨く行為はとても癒し効果があるそうです。肌をすべすべに整えたり、髪の毛をさらさらにすると自分で触っても気持ちがよいですよね。人は誰もがナルシストです。自分を可愛がってピカピカに磨いてあげましょう。

オシャレして雰囲気が変われば気分もアップ。なによりも自分自身が嬉しいですよね。自分が幸せだと他人に対しても寛容になります。恋人が会ってくれなくてもまあいいか…。と思える様になれば成功です。

 


環境を変えよう


引っ越し、それは環境を変える行為です。人間は環境が変わると気持ちもリセットしやすくなります。要らない物はどんどん捨てて、新しい環境に飛び込んでみましょう。

引っ越しが無理なら転職でもかまいません。海外旅行でもいいでしょう。とにかく一度恋人への気持ちをリセットするには、環境を変えてみるのも方法の1つです。

いつまでも昔の恋人が忘れられない、そんな恋愛依存の人にお勧めです。同じ景色でも高い所で見るのと低い所で見るのとでは印象が違いますよね。環境を変えると、気持ちも考え方もリフレッシュするはずです。

 


ボランティアに挑戦しよう


人に何かを求めるよりも、自分から何かを与えるほうが幸福力は強いって知っていましたか?人は誰かに「有り難う」といわれるだけで幸福を感じる動物です。

自分をかまって、と相手にすがるよりも、自分に出来る範囲で誰かを助けてあげましょう。それは自分を救済する行為でもあるのです。

ボランティアは余裕のある人がする行為だ、という認識は間違っています。むしろ、余裕のある人間になりたかったらボランティアをどんどんやってみて下さい。気持ちが充実し、人生に張り合いができるはずです。

 

いかがですか。この7つの方法は、恋愛依存の人には本当におすすめです。恋愛依存とは他人に依存する行為です。他人へ迷惑をかけるかもしれません。のめり込むのは大人げない、と考えるのが正解です。

子供が親に愛情を求めるのは当然ですが、大人が他人に愛情を求めるなら節度が必要です。親しき仲にも礼儀あり。20歳を過ぎたら、度の過ぎる依存は犯罪行為に直結します。くれぐれもストーカーにはならないで下さいね。

 


まとめ


恋愛依存の人が症状から抜け出すことに成功した7つの理由

.自分の不安と向き合おう
.趣味をみつけよう
.ペットを飼おう
.お金を稼ごう
.自分を磨こう
.環境を変えよう
.ボランティアに挑戦しよう