おかゆがダイエットに向いている理由と美味しいレシピ集

おかゆがダイエットに向いている理由と美味しいレシピ集

ダイエットを食生活的に考えてみるとダイエットに適した食事とは何だと思いますか。今回注目したいのは「おかゆダイエット」。炭水化物を徹底的に抜いてみたり野菜のみを食べてみたりバナナやリンゴなど一つの食材だけにこだわったり・・・と世の中には様々な話題のダイエット法が存在しますね。。よくメディアでも取り上げられている方法なのでひょっとしたら効果も期待できるるのではないかと興味津々。

しかも「おかゆ」ならダイエットにかけるコストも抑える事が出来、普段の生活に大きく影響してくる程でもありません。ほんの少しの手間をかけるだけで何より健康的に痩せる事が出来る良い方法なのです。では、そんな『おかゆダイエット』の方法とお勧めのレシピです。お試しください。



 


おかゆがダイエットに向いている理由と
美味しいレシピ集

 

 


成功しやすいおかゆダイエット


おかゆダイエットの方法は色々ありますが3食のうちの1食をおかゆにするとかおかゆだけを食べ続けるとか白米をおかゆに替えて普通の食事をするとか・・・いずれにしても食事を抜く訳ではないのでとりあえずの満腹感は得る事ができるダイエット法なのでひどいストレスは感じることなくダイエットをすることが出来るはずです。当然おかゆだけを食べる方法なら余分な栄養は摂らない訳ですから痩せやすいのですがどうしても栄養バランスは壊れてしまいます。

長続きさせる為にはおかゆとおかずを食べる方法で楽しく食事をするのがお勧めです。おかゆ自体は簡単に作れますし専用のダイエット食品を購入するよりもかなりリーズナルブ。実に取り組みやすいダイエットと言えます。

成功者の声を聞くとダイエットには少なからず無理が付き物ですがそんな印象はほとんど受けないので負担の少ないダイエットに分類出来ます。普通のご飯の場合胃と小腸を通過して大腸に到達するまで約6時間かかります。それに対しおかゆの場合はその半分の約3時間。

おかゆの水分が途中で吸収されることなく大腸に届く事から溜まった便を出しやすくしてくれるという効果もあるのです。

 


効果も現れやすいダイエット


おかゆダイエットの効果はとても現れやすいと言えます。それはおかゆがメインであればそれに付け合わせる相性の良いご飯のお供も自然と低カロリーなものになるからです。おかゆではなく白いご飯ならば手軽で簡単なご飯のお供と言ったら「ふりかけ」が思い浮かびますよね。ふりかけは意外と高カロリーで味が濃いのでつい食も進んでしまうのです。

それに比べおかゆに合うものは何かと言うと梅干しや昆布などの低カロリーのものがほとんどです。また、おかゆは水分を多く含んでいるので少ないお米の量でもしっかりお腹が膨れるので太る元と言われる炭水化物の摂取量を減らす事も出来るのです。

以前炭水化物抜きダイエットが流行りましたがその炭水化物は体のエネルギー源となるとても大切な物なのです。これがないと人間の身体は正しく機能しません。空腹には高カロリーのものではなくおかゆ等の様な物が食べ過ぎ防止にもなり適しているのです。

 


夕食時が効果的


おかゆダイエットを実践する上で普通の食事とおかゆを組み合わせる方法は3食全てをおかゆにするのかあるいは3食のうち1食か2食をおかゆにする方法です。

ダイエットをする上で一番理想的なものは長期間かけてじっくりゆっくり痩せていく事です。そんなことから考えてみると夕食のみおかゆにする方法が一番です。なぜならおかゆは少しの量でその場はお腹が膨れますが腹持ちはあまり良くは有りません。ですから朝食をおかゆにするパターンでは昼食までお腹が持ちません。逆に言えば朝食は3食の中で一番カロリーを摂取しても良い食事なのです。

夕食は食べたらあとは寝るだけ・・・エネルギーも必要ありません。3食の中で一番カロリーを抑えて良い食事なのです。つまりこれが理想的なおかゆダイエットの形です。

 


おかゆは170キロカロリー


おかゆは1食で、170キロカロリー。白米で食べると茶碗一杯がだいたい200キロカロリーなのでそれに比べるとだいぶカロリーを抑える事ができるのです。

また、おかゆの状態によってもカロリーが違ってきます。よりカロリーを抑えたければ堅さを変えドロドロのおかゆにします。しかし含まれる白米の量に違いがありその場合お米は少ないので腹持ちは悪くなります。おかゆのカロリーは白米よりも低いのですがデメリットとして腹持ちの悪さは避けられません。ですから日中の運動する時間は白米、夕食はおかゆにしてお腹が減る前に寝る事を心掛けるのがおかゆダイエットを成功させるコツです。

身体への吸収が早く血糖値が上がりやすいため少量でも満腹感を得ることができるのもポイントです。おかゆが低カロリーだからといってボリュームのあるおかずを付け合わせてしまえば意味はありません。油物は控える事をお勧めします。

 


雑炊は短期派、おかゆは長期派


おかゆダイエットと並び人気があるのが雑炊おかゆダイエットです。雑炊ダイエットは3食のうち1食か2食を雑炊にするというダイエットが主流です。雑炊には野菜や肉など様々な食材が摂れる上、しっかり味付けしてあるため単体でも充分栄養が摂れます。そのため雑炊ダイエットの方が痩せやすいという意見もあります。

しかしながらおかゆダイエットには厳しいルールも無く低カロリーなおかずであれば少量なら一緒に食べても良いというある意味ゆるい方法ですから継続性があるのです。雑炊ダイエットは短期間ダイエット向き、おかゆダイエットは長期間ダイエット向きといわれるのはそのせいです。

 


レシピ 簡単 わかめおかゆダイエット


材料はご飯・乾燥わかめ・塩・水。作り方は超簡単。鍋にご飯と水を入れ火にかける前に乾燥わかめを手ですり潰す感じで細かくしながら鍋に入れます。強火の火にかけて グツグツ煮込みますが量が多くないのですぐ沸騰しますのでとろみがついたら塩で味付けしお椀に盛ったら完成です。ポイントはわかめを入れるときはなるべく小さめに。

 


レシピ トマトと卵の玄米お粥


ダイエット効果の高いお粥にトマトとしょうが・卵を加え美容効果も倍増のレシピです。夕飯にもってこいです。

材料はトマト(中)・卵・玄米(白米でもOK)・お水・塩・おろししょうが・めんつゆ・トマトパウダー(あれば、お好みで)

作り方は研いだお米を水に30分以上つけておきトマトは一口サイズに切っておきます。

鍋に水とお米と塩をいれ火にかけます。沸騰したらかき混ぜてアクを取り弱火で30分?35分程炊きます。

トロトロになったらトマト・しょうが・溶き卵を加え混ぜあればトマトパウダーも入れます。めんつゆで味を調え完成。

 

いかがですか。以上がおかゆがダイエットに向いている理由と美味しいレシピのご紹介です。おかゆは病気の時に食べる物・・・という印象が強い位弱った身体にも優しいレシピです。体調を整えたいと思う時にも卵を入れたり大根の葉を入れたりしてアレンジして自然に作っていた物なので馴染みも深いものでした。

そんなおかゆをダイエットに取り入れるなんて思ってもみなかったのですが調べてみて「なるほど!」でした。しかもそんな身近な食材なら何の抵抗を持つ事も無く、むしろ早速始めたくてウズウズしてしまう位でした。

コスト的にもお財布に負担にならず・・・いやむしろ白米大好きですごい勢いで消費してしまう我が家ですがおかゆなら消費量も減らせて逆に助かってしまう位。体調と体重と相談しながらどんな割合で取り入れて行くか選べるのも良いですね。気持ちにも身体にも負担をかけない優しいおかゆダイエットです。

 


まとめ


おかゆダイエットと成功させるコツ

・成功しやすいおかゆダイエット
・効果も現れやすいダイエット
・夕食時が効果的
・おかゆは170キロカロリー
・雑炊は短期派、おかゆは長期派
・レシピ 簡単 わかめ粥
・レシピ トマトと卵の玄米お粥