メールの返信が来ないと悩む前に行動してほしい7つの事

メールの返信が来ないと悩む前に行動してほしい7つの事

メールの返信が来ないと気になってしまって何度も何度も新着メールを確認して、そればかりが頭から離れなくなってしまうことはありませんか。恋人が大好きでしょうがない気持ち、そんな気持ちが強ければ強い程苦しくて苦しくてしょうがありません。

どんなに睨みつけても携帯やスマホは着信を知らせてはくれません。ため息をついてまた新着メールをチェックしてもやっぱり返信は来なくて・・・そんなことを繰り返して悩む前に気持ちを切り替えて行動をしてみましょう。

メールの返信が来ないのは相手のせいばかりとは限りません。目線をかえて悩む前に行動しましょう。今日はメールの返信が来ないときに、一人で悩みこまずに行動をする方法をお伝えします。



 


メールの返信が来ないと悩む前に
行動してほしい7つの事

 

 


メールの返信が来ない時はメールの利点を思い出しましょう


そもそも、メールの一番の利点はなんだと思いますか。忙しい毎日の中でも後からゆっくりと内容をチェックできて、返信内容もよく考えてから返事ができることですね。自分の都合ばかりで相手からの返信を待ち続けても相手は忙しくてまだメールすら読めていないかもしれません。メールの返信が来ないと悩む前に少し待ってみましょう。

後から読んでもらえるのですから、待ち時間を有効に使えるよう行動しましょう。

 


送信内容を見直してみましょう


送信した内容は返事が必要なものだったのかもう一度、読み直してみましょう。天気の話や、買い物の話など日記のような内容ではかなったでしょうか。ただ同意を求めるだけ、感想を求めるだけの内容なら、相手はそこに返信の必要性を見いだせないでいたかもしれません。

メールを読んで、そんなことがあったんだと自己完結していたらわざわざ返信などしてこなくてもおかしな話ではありません。

メールの返信が来ない、そして欲しいのなら返信したくなるような文面を送りましょう。

 


メールの返信が来ないのは当然だとの固定観念を捨てましょう


仕事などビジネスに関わるメールであれば返信は必須ですし、返信するまでの時間にも常識が必要となってきます。社会人としての腕の見せ所でもありますね。

そうでなければ、個人的なメールへの返信は当然で、すぐに返信をもらえるものだと決め付けるのはあくまでも自分の考え方とも言えますね。

当然だとの固定観念を捨てて、返信にこだわりすぎないように気持ちを切り替えましょう。

 


メールチェックの回数を決めましょう


メールの返信が来ないそして気になって数分おき、ひどい時は1分おきに新着メールをチェックしていては自分の時間が減るばかりで無駄でしかありません。

それでもやっぱり気になって仕方がないですね。そんな時は、メールチェックをする間隔を決めてみると自分への負担を減らすことができますよ。

15分後、30分後、1時間後と徐々にメールチェックの間隔を伸ばしていきましょう。だんだんと慣れてくればメールチェックにこだわらなくても平気になりますよ。

 


メールとラインの違いを理解しましょう


ラインは誰もが知っている通り、既読がつくことで読まれたことがすぐにわかる便利なアプリです。既読したのならすぐに返事ができるはずだとの固定観念から、既読スルーという言葉まで出てきてしまいました。

では、メールはどうかというといつメールが読まれたのか知ることはできません。まだ読まれていないかもしれないメールの返信をイライラしながら待ち続けるのは非生産的ですね。

どちらも連絡手段としてとても便利なものです。だからこそ、その違いを理解して頭の中を整理しましょう。

 


急用は電話にしましょう


もし急いで返信が欲しいのなら、メールの返信が来ないと悩んでおらずきちんと緊急性を伝えるべきです。急ぎだと伝えてもいないのに返信はまだかと一人でイライラするのはお門違いですね。

なぜなら相手はあなたが急いでいることを知らないのですから、返信が遅いと責められるなどとは思ってもいません。

急用は必ず電話でするようにしましょう。もし相手が電話に出られなくても、着信履歴を残すことができるのでメールチェックを待つよりもずっと早く返事がもらえるはずです。

 


メールの返信が来ない時は待ち時間も有効に使いましょう


メール内容も急ぎではなかったし、もうメールチェックもして、急用でもなかったから電話をしなくても大丈夫とわかったら焦ったりするのをやめましょう。待っている間に掃除や買い物ができたりしませんか。たっぷりと時間があるならDVDを観たりして時間を自分の為に使いましょう。

ふと気づいたらメールの返信が届いていて、自分も相手にすぐに返事を出せていない状況かもしれませんよ。

 

いかがでしたでしょうか。相手の返事を待つのはSMSが主流になる前は手紙でした。返信を待ってポストをのぞくドキドキ感は件名がわかってしまうメールとはまた一味違います。

確かにメールの返信が来ないとへこむ気持ちはとてもわかります。ですが、メールの返信が来ないと悩む前に自分の時間を大切にしてみましょう。今回ご紹介した7つの事は、全てあなたの気持ち次第でいい方向へとかえることができることばかりです。

ただ待っているだけで逆恨みをしたり、加えて返信を催促ばかりしていては本当の意味で返信がもらえない存在になりかねません。

悩んでばかりいないで、メールを有効に活用できる側になりましょう。そうすれば結果はおのずとついてきます。

 


まとめ


メールの返信が来ないと悩む前に行動してほしい7つの事

・メールの利点を思い出しましょう
・送信内容を見直してみましょう
・返信は当然だとの固定観念を捨てましょう
・メールチェックの回数を決めましょう
・メールとラインの違いを理解しましょう
・急用は電話にしましょう
・待ち時間も有効に使いましょう