別れたいと思った時は大抵相手もそう思っている7つの理由

別れたいと思った時は大抵相手もそう思っている7つの理由

長く続いた恋人同士で、付き合いもマンネリ化している…。何だか一緒にいてもつまらない…。あなたは最近彼にそう感じていませんか?別れたい、と思った時、思いがけず相手も同じ気持ちの時は多いのです。

なかなか切り出せなかったのに、思いがけずに相手の方から別れを切り出された経験はありませんか?恋人同士になる人は多かれ少なかれどこかに共通点があります。波長が合う、と言っても良いかもしれません。

言葉にできない見えないなにかで結ばれている場合、その気持ちが離れると相手にも自然に伝わってしまうのかも知れません。今回は、別れたいと思った時は大抵相手もそう思っている、そんな2人の気持ちがなぜ起こるのか7つの理由について説明していきましょう。



 


別れたいと思った時は
大抵相手もそう思っている7つの理由

 


思考パターンが似てくる


恋人同士になって、長い時間を2人で過ごしていると、好き嫌いの感情が似てきます。あなたが嫌いなものは彼も嫌いになる、という事が往々にしてよくあるのです。それ位長く過ごしているカップルは、相手と思考パターンも似て来ます。

あなたが最近彼にうんざりしているとしたら、彼もあなたに不満があるかも知れません。お互いに口に出さなくても思考パターンが似て来ますから、あなたの考えている事を彼も考えている確率はかなり高いといえるでしょう。

 


喧嘩が増える


別れたい、と思うには何か原因があるはずです。話し合いでは解決できずに、しばしば喧嘩になるのではないでしょうか。会う度に喧嘩するようになれば、お互い相手に対する気持ちも冷めていくでしょう。

もう会いたくない、別れよう、双方が同時にそんな気持ちになるのはちっとも不思議な事ではありませんよね。喧嘩してもすぐ仲直りできるなら、まだ相手に未練がある証拠です。喧嘩してもどっちも譲らず、冷戦状態が長く続くようなカップルは、別れも近いといって良いかもしれません。

 


相手の感情をキャッチしやすくなる


恋人同士は相手の感情に敏感です。相手がどう思っているか、気になって気になって仕方がないのが恋愛です。相手が別れたい、と思ったとしたら、それは口に出さなくても相手に敏感に伝わるはずです。

やっぱり、と思う様な心当たりがあるなら、解決しないと本当に別れる事になってしまいます。まあいいや、と相手に対して投げやりな気持ちになるとしたら、その気持ちも相手に伝わるはずですから、お互いに別れようという気持ちになってもおかしくないでしょう。

 


2人で過ごす時間が短くなる


恋人同士なら、少しでも2人だけの時間を過ごしたいのが普通です。いつのまにかデートの回数が減った、友達との約束を優先するようになった、記念日を忘れたなど、2人の行動が少しづつずれて、いつのまにか2人で過ごす時間が短くなった場合、お互いに相手への気持ちが冷めている証拠です。別れても良いと双方思ってると考えて良いでしょう。

 


会話が減る


一緒に過ごしているけど、別々な事をしている、食事しながらケータイやテレビを見る事が多くなった、といった一緒にいるのに会話が減った場合、お互いに相手への気持ちがなくなっている証拠です。

相手を喜ばせる行為をしなくなった、一緒に過ごす時間が減った、それだけでアメリカでは離婚の原因になるそうです。会話が減るという事は、長く付き合ったカップルにはよく見られがちですが、それだけ相手への思いやりもなくなっているという事です。

 


相手に興味がなくなる


相手の行動を把握しなくなる、週末の予定を聞かないなど、相手への興味を示さなくなった場合、相手も同じ気持ちかもしれません。愛は4年で終わる、という動物学者の報告もあります。

どんなに大恋愛で結ばれた恋人同士でも、時間がたてば飽きてきます。相手への興味も薄れてしまうでしょう。相手がそんな態度を示した場合、あなたも同じ気持ちになりがちです。いつのまにか離れて過ごす事が多くなれば、2人の仲も自然消滅してしまうかも知れません。

 


無意識にミラー効果をしている


営業マンがよく使うテクニックで、ミラー効果という物があります。相手と同じ仕草を真似る事で、相手の警戒を解いて自分への親近感を高める方法ですが、恋人同士は無意識にこのミラー効果を行っている場合があります。

相手があなたと別れたいとおもっていれば、あなたは無意識に別れてもいいか、と思わせる行動をとっているかもしれません。相手の気持ちを汲み取るあまり、相手の希望にそった行動をする事はありがちです。そして、相手の別れたいという気持ちが、自分の気持ちの様にすり替わってしまうのです。

 

いかがですか。別れたいと思った時は大抵相手もそう思っている事が多いのは、気持ちを共有しているからです。カップルは、相手の気持ちに敏感です。自分の事の様に相手の気持ちを尊重する習慣がついていますから、同じ気持ちを共有する事はよくあるのです。

お互いが別れたいと思っている時、どちらかに未練がないなら、すっきりと別れてしまうのも手です。このままずるずると付き合っても関係が修復する可能性は低いでしょう。別れてお互いに離れてみると、改めて相手の良さが発見できる場合もあります。

復縁するカップルの確率は50%と言われていますから、一度別れてみるのも良い経験です。また付き合いたい、とあなたが思った時、もしかしたら相手もそう思っているかも知れません。

 


まとめ


別れたいと思った時は大抵相手もそう思っている7つの理由

・思考パターンが似てくる
・喧嘩が増える
・相手の感情をキャッチしやすくなる
・2人で過ごす時間が短くなる
・会話が減る
・相手に興味がなくなる
・無意識にミラー効果をしている