低身長が武器になる。芸能人から学ぶ7つの恋愛テクニック

低身長が武器になる。芸能人から学ぶ7つの恋愛テクニック
低身長をコンプレックスに感じている女性って、意外に多いです。世間的には、『背の低い女性はかわいがられる』『上目遣いなどの女の武器が三割増しで使える』『背が低いだけでかわいく見える』なんて思われがちですが、

・洋服のコーディネートが難しい

・大人っぽくなりたいが幼稚に見られる

・通勤電車が人より何倍も辛いなどなど、

本人たちにしかわからない悩みや苦労も多いのが現実。『いくら小っちゃくたって、得するのはどうせ顔のかわいい女だけなんだよ!』なんて悲痛な叫びも聞こえてきたり…。でもぶっちゃけ、芸能人でも一般人でも、顔が美形でなくても、低身長を最大の武器としてモテまくっている人もいますよね。今回は、低身長でモテまくり、恋愛テクニック上級者のあの芸能人を例に出して、ポイントを7つ紹介します!

さて、低身長のモテ芸能人といえば誰を思い浮かべますか?今回は、歌手のaikoさんをピックアップしてみたいと思います。20~30代女性の恋愛ソングの女王といっても過言ではないでしょう。彼女こそ、『低身長を最大の武器にできている』『完璧な美形でなくても最高に大人かわいい』という代表例ではないでしょうか。ファッションのジャンルとしては『カジュアル』に分類されるaikoさんですが、彼女の人柄や人との接し方は、どんな女性でもまんま恋愛テクニックとして活かせるのです。



 


低身長が武器になる。
芸能人から学ぶ7つの恋愛テクニック

 


小動物的に動け


低身長といえば、これを生かさない手はありませんよね。そして、一口に小動物といっても、なつっこいワンコから、ちょこまかと静かにせわしないハムスター、かわいくも気ままなネコまで様々。小さな動物は得てしてかわいいです。自分の個性や性格を無理に変えて【ぶりっ子】するのではなく、自分に合いそう・かつ似合いそうな小動物を探し、常にイメージしてみましょう。

小柄な分、人と同じように動いていても『一生懸命でかわいいな』と思ってもらいやすいのです。Aikoさんの歌っている姿を見たことがある人はピンとくるでしょうが、彼女のステージングはまさに小動物的かわいらしさの宝庫。

小さな体でステージ狭しと駆け回り、腕を目いっぱい広げ、膝をつき、そうかと思えば専用のお立ち台で客席全体を見渡し歌う。見るものが自然と笑顔になってしまうaikoさんの一生懸命な小動物的な動きは、モテ以外の何物でもないのです。

 


常に見上げる目線


ミュージックステーションなど、aikoさんが司会者や共演者と話しているとき。歌以外のシーンはあまり注意して見たことがない人が多いかもしれませんが、低身長な分、やっぱり常に相手を見上げています。時にはにかんでキャッキャと笑いながら視線を逸らしたり、ナチュラルにかわいらしいのなんのって…!

でもこれも、aikoさんでなくても低身長ガールには日常的に使える恋愛テクニック。女性の武器【上目づかい】を炸裂させられますよね。相手との距離が縮まれば縮まるほど、見上げる角度もつくのでより効果的。男性は必然的にあなたを見下ろす形になるので、保護欲、支配欲をそそらせる効果も期待できるかも!

 


親近感をかもせ


男性は本能的に『相手より優位に立ちたい、コントロールしたい』という、【征服欲】【支配欲】をもった生き物。特に日本の男性は、自分が守ってあげたくなる小柄な女性を好む傾向があるのだとか。恋愛面において、親近感はとても重要です。関係をスタートさせるには、きっかけが必要ですから。そのきっかけを彼から作ってもらうため、もしくは受け入れてもらいやすくするのが、親近感。Aikoさんの場合、ファンへのMCやラジオなどでの発言などに、『本当の自分の友達や家族』と話しているようなフランクさがあります。

そこまでできれば究極ですが、まずは無理せず、笑顔でいること・挨拶を欠かさないことなど、小さな心がけから始めてみては?

 


女モテを忘れるな


低身長は可愛い。これはもう世間のイメージとして周知の事実。しかし小動物っぽさ、男モテを意識しすぎるあまり、女モテを忘れてはいけません。ぶりっ子とわかっていてもそれが好きだ!という男性もいますが、意中の彼を射止めるには、同性からの評判も重要です。Aikoさんの場合、圧倒的に女性ファンが多いです。【男子!女子!そうでない人!】というお決まりのコール&レスポンスからも分かるように、ファン層は幅広いですが、彼女の女子人気は本当に圧倒的。

ファッションや髪型など見た目の魅力はもちろんですが、常に【聴いてくれる大切な人たちへ】という丁寧な発言、思いやり・気遣いがたっぷりとつまった言葉選びなどが、『性格の良さ』として女モテする一つの要因でしょう。

 


ひたむきに打ち込む姿にキュン


ただでさえ同じように行動していても、小さい分小動物的で可愛く見られやすい。そんな武器があるなら、一生懸命に何かに打ち込んでいる姿。頑張っている姿が可愛くないはずがない!Aikoさんから学ぶなら、先ほどお話したステージングですが、一般人の私たちはどうすれば…?答えは、『なんでもいい』です。

会社で書類やお茶を配る、料理をする、荷物を持つ、仕事をする・・・日常の行動で、自分が頑張りたいことを頑張りましょう。『やるぞー!』と心の中で気合いを入れれば、不思議と見ている側には伝わるものです。個人的にオススメしたいのは食事。もぐもぐとおいしそうに、かつ相手との食事を楽しんでいる姿は、誰の目にだって魅力的に映ります。

 


体系を生かしたオシャレを楽しめ


ファッションの好みは人それぞれでいいのですが、体系に合わせたバランスは大切にしたいですね。Aikoさんのようなラフだったりカジュアルだったりするファッションでなくても、好きでその場に合っていればOK。

aikoさんのファッションはいつでも、女の子らしい『ガーリーテイスト』が含まれています。やりすぎない女らしさ、女の子っぽさが恋愛テクとしてマネしたいですね。低身長でも野暮ったくならないよう、柄や丈、サイズ感にはこだわりましょう。

 


ここぞというとき背伸びしろ


「少し背の高い、あなたの耳に寄せたおでこ甘い匂いに誘われたあたしはカブトムシ」(カブトムシ)aikoさんの書く歌詞には「彼に近づきたくて女の子が背伸びする」を言う描写がよく使われます。

『自分にもっと近づきたくて、一生懸命なんだ』と男性は視覚ではっきりと実感でき、キュンとします。一生懸命に背伸びをする姿は、はたから見てとても健気で守ってあげたくなりますよね。彼ともっと近づく勝負時には、ぜひ背伸び、トライしてみてください!

 

 

いかがでしょうか。今回は、低身長を武器にした恋愛テクニックを、aikoさんを例に7つご紹介しました。かわいいとぶりっこは紙一重とよく言いますし、小動物的に頑張る自分…と考えると『キャラじゃないわ…』と思ってしまう女性も多いでしょう。

でも、かわいらしくふるまわなくても、あなたらしいキャラのまま、普段よりも【低身長は武器だ】と意識して彼に接してみてください。自分では思わぬような瞬間に、ドキッとされちゃうかもしれませんよ!

まとめ


低身長が武器になる。芸能人から学ぶ7つの恋愛テクニック

・小動物的に動け
・常に見上げる目線
・親近感をかもせ
・女モテを忘れるな
・ひたむきに打ち込む姿にキュン
・体系を生かしたオシャレを楽しめ
・ここぞというとき背伸びしろ