男ウケする顔を知ってメイクに変化をつける方法とは

男ウケする顔を知ってメイクに変化をつける方法とは

男ウケの良い顔ってどんなものでしょう。ナチュラルメイク、お人形のようなメイク、アーティスティックな個性派メイクまで、メイクの好みはファッションと同じく、人それぞれの個性が出るものですよね。

自分の顔なのだから、自分の好きなようにメイクすれば良いと思う人もいるでしょうが、「モテ顔メイク」という言葉もある通り、メイクの方法によっては、男性ウケの良し悪しがあるのです。

自己満足でなく、好きな男性に良く見られたい!かわいいと思われたい!と思っているのなら、ここで男性に評判の良いメイク、そうでないメイクを知っておくべきです。

ここでしっかりと、男ウケの良い顔になるためのメイク技術を身に付けておくと安心です。今回は、そんな男ウケの良いメイク方法をお伝えします。



 


男ウケする顔を知って
メイクに変化をつける方法とは

 

 


男ウケの良い顔、悪い顔とは?


男性が総じて好むメイクは、まるですっぴんのようなナチュラルメイクです。素肌感溢れるベースメイク、そこに強調し過ぎない程度のフェイスカラーやアイメイクを乗せた、正統派美人メイクに、好印象を抱くようです。

逆に、個性的な色使いだったり、原型が推測できないほど盛ったアイメイク、不健康に見える濃い色の口紅など、「行き過ぎた」メイクは、かわいいとか美人だとかの感想よりも前に、違和感ばかりを覚えてしまう男性が多いようです。

このように、女性の感性と男性の感性には相違があるので、男性ウケを目的としたメイクは、女性が自分の感覚だけで行うことは危険なのです。

 


男ウケ顔メイク(1)ベースメイク


それでは、メイクの方法についての説明に入ります。まずはベースメイクです。

男性に好印象のメイクがナチュラルメイクだということはご説明しました。そのナチュラル感は、肌の透明感をどれだけ出せるかにかかっています。ですから、肌トラブルを隠そうと、厚塗りしてはいけません。

まず、下地ですが、あなたの顔色が、赤みが強いならグリーン系が入った下地、血色が悪いならピンク系など、自分の顔色に合わせて色を決め、パール入りの下地を選んで下さい。パールの輝きにより、これから付けるファンデが薄くても、反射の作用で肌トラブルを目立たなくできるのです。

そしてファンデーションは、リキッドタイプを手のひらに伸ばして、ペタペタと叩き込んでください。直塗りして伸ばしたり、スポンジで塗り込むよりも、万遍なく薄付きに仕上がります。

仕上げは透明色のルースパウダーで、肌色をワントーン明るく見せて、素肌感を出しましょう。

 


男ウケ顔メイク(2)アイメイク


男女の意見が分かれやすいポイント一位がアイメイク。女子は、なるべく目を大きく見せたがりますが、男子はそれを不自然と感じています。ですから、ここでも、過剰にならない程度のナチュラルな仕上がりを目指しましょう。

まず、アイラインです。アイシャドウとアイライン、どちらが先かの論争があるようですが、ナチュラル感を出すなら、アイラインが先です。色は黒よりもダークブラウンなど、肌なじみの良い色を推奨します。

そして、目の大きさより大幅にはみ出させたり、太く入れすぎないように注意して下さい。ここで必要なのは、目を大きく見せる目的のアイラインではなく、黒目を美しく見せるためのアイラインです。

そしてアイシャドウですが、おすすめはベージュ~ブラウン系のもの、色を入れたくてもブラウン寄りのピンク程度にしましょう。付け方は、ほんわりとぼかす程度でストップ。彫りを深く見せるような小ワザは必要ありません。

マスカラは、地まつ毛を濃くする程度に、軽くで良いです。つけまつ毛は男ウケが悪い顔になってしますのでやめましょう。マスカラを重ね付けするよりも、ビューラーでしっかり上げて、まつ毛の印象を強くした方が効果的です。

 


男ウケ顔メイク(3)唇メイク


そして、男性がついつい見てしまうポイントNO.1である、唇です。ここが、男ウケ顔メイクの正念場と言っても良いでしょう。

まず、メイク前のリップケアから入念に行って下さい。リップクリームや専用の美容液などで日頃から唇を乾燥や紫外線から守り、ぷるぷるの唇をキープします。このやわらか質感が、メイクの上で重要なのです。

リップケアが万全な状態になったら、ベビーピンク系のリップスティックで色を乗せます。自分の唇が気に入らないからと、オーバー気味に塗ったりする必要はありません。自分の唇の形を生かした方が、好印象です。

次は、グロスを乗せます。リップでピンク色にしているので、通常は透明で大丈夫ですが、それでも血色が悪いようなら、グロスもベビーピンクの色つきにして下さい。このグロスが、ナチュラルメイクの中で唇だけを強く印象付け、男性に魅力を感じさせるのです。ですから、グロスは欠かさないことをおすすめします。

現在は、海外セレブのような真紅の口紅を付ける流行もあるようですが、これは男性には全く良さがわからない男ウケしない顔メイク第一位なので、避けましょう。

 


男ウケ顔メイク(4)その他のポイントメイク


それ以外の男ウケするポイント顔メイクも、ウケを良くするコツがあります。

まず、アイブロウは、細い釣り眉にせず、目と並行ぐらいの角度の、「やや太め」に描いて下さい。太眉ブームだからと、太すぎてはいけません。印象的なほどの太眉は、その他のパーツが美しい、アイドルや女優さんだからこそバランスが取れるのです。

チークは、頬骨のあたりにふんわり乗せる程度にして、付けた後にパフなどでぼかして下さい。頬の真ん中に濃く丸く乗せたり、目の真下など個性が出過ぎる位置に濃く入れるのは良くありません。色も、ローズピンクなどブルー寄りのピンクより、日本人の肌色に合うコーラル寄りのピンクが良いでしょう。

 

以上で、男ウケする顔メイクが完成です。これで、あなたもお気に入りの彼に好印象を抱かれることは間違いありません。

総合的に見ると、全体はナチュラルだけど、ぷるぷるに強調された唇に目が行ってしまうメイクが、男ウケする顔のよう。ですから、男ウケする顔をめざすならグロスだけでもこまめに塗り直せるように、持ち歩くようにしましょう。

また、変化を付けるなら、アイシャドウの色を洋服に合わせて変えたり、グロスにパールを入れることで、いつもと違った印象を演出できます。ベースメイクとアイラインは、あまり過剰に変えない方が良いでしょう。

このメイク方法をマスターすれば、清潔感のある顔立ちに仕上げられ、男ウケだけでなく、万人に好印象を与えることができる顔ですので、是非、男ウケする顔メイクをマスターして下さいね。

 


まとめ


男ウケする顔を知ってメイクに変化をつける方法とは

・男性ウケの良い顔と、女性ウケの良い顔は違う
・ベースメイク、アイメイクはナチュラルに仕上げよう
・唇だけは、グロスなどで印象付けよう