彼女がドキドキするメールの言葉11例集めてみました

彼女がドキドキするメールの言葉11例集めてみました
普段彼女とは『ほんわか~』『のほほ~ん』な感じのお付き合いをしている方でも時には彼女にメールでドキッとさせてあげることも必要ですよね。安心感だけでお付き合いしているといつの間にか恋人ではなくお友達みたいな関係になってしまいトキメキが感じられなくなることにもなりかねません。とはいえ急に違う態度をとるのも無理があるし・・・。

ふとした仕草や言葉に女性って敏感に反応するものです。しかし突然のボディータッチやあまりにも積極的な会話などには「ちょっと引くわ~」という女性も少なくありません。しかしメールの中の言葉やフレーズなら女性の生の反応を目の当たりにしなくて済むので男性側も勇気をもって行動出来るし、女性側もその言葉の意味を想像を膨らませながら読み解く事が出来るので効果的です。そんな彼女をドキドキさせる言葉をお伝えします。



 


彼女がドキドキするメールの言葉
11例集めてみました

 


「会いたい」


これは鉄板の一言。テスト勉強や仕事・・・何かと忙しい日々で時間が取れずなかなか会えない時もあるものです。そんな時にはお互いが淋しく思うのは当然ですよね。彼女も同じように思ってくれているのなら「会いたいな」「なかなか会えなくてごめんね」なんて彼女にメールで伝えてみて下さい。

忙しくて会えないのは分かっていても会えない時間が長ければ長いほど淋しさもつのります。『ひょっとして会いたくないの?』なんて心配になってしまうのが女性心理。どんなに無理をしても会えない状況ならば「会おう!」と断言できないけれど気持ちは「会いたい」でいっぱいなんだと伝えてあげることがとても大切です。

いついかなるときも彼の気持ちの端っこに自分がいるんだと思えることが彼女にとっての安心なのですから彼女へのメールでこの言葉を是非伝えてあげて下さい。しかし頻繁に使ってしまうと言葉の重みが無くなってしまいますから適材適所に織り込むことがポイントです。

 


「俺に出来ることがあったら何でも言って」


現代社会では様々な場面で女性の地位が確率したとはいえほとんどの女性は男性に頼りたい・・・守って欲しいという思いは変わりません。対等な立場であってもいざという時には男性が身を挺して守ってくれるというプリンセス心理は根強いものです。「俺についてこい!」には少し抵抗があるという女性も「出来ることがあったら何でも言って」は程良い一言です。

何かトラブルに巻き込まれたり身の周りに起こった事件で落ち込んでいる時、また忙しく疲れ果てている時に彼からの「力になるよ」的な彼女へのメールは効果抜群です。ストレートに「しっかり!」とか「頑張って!」などの励ましのメールより「見守っているよ」とか「一緒に頑張ろう!」というニュアンスが彼から彼女へのメールの中から伝わってきて頑張れる気持になれます。

これって案外直接口頭で言われるより彼女にとってはメールでの一言の方が「彼って私の事、そんな風に思ってくれてたんだ~」なんてじんわりくるものですよ。

 


「夜中でも遠慮するなよ」


普段は凛とした女性だって体調が悪い時や何か不安なことがある時にはついつい気弱になってしまうものです。人に甘えることが得意な女性は別として・・・彼に頼りたいけど迷惑かなかぁと遠慮してみたり自分で何とかしなきゃ!なんて意地を張って我慢してしまう女性も多いものです。

一人で闘うのは辛い。そんな頑張る彼女へのメール「夜中でも遠慮するなよ」「いつでも助けが欲しいときは呼んで!」なんて言われたら女性は涙が出ちゃうほどドキドキ・キュンキュンですよね。彼がヒーローに見える瞬間です。

 


「早く帰っておいで」


彼女の旅先からの楽しそうな報告メールへの返信の最後にこの一言。「帰ったら楽しい想い出をもっと聞かせて」という言葉と共にそう言われたら彼女は彼に会いたくていてもたってもいられなくなっちゃうものです。『会う』のではなく『帰る』というフレーズが何でもないことの様でいて案外効果絶大なのです。

「俺のところに」というニュアンスも伝わる点がポイントです。女性ってそんな言い回しに弱いんですよね。自分が彼の恋人であることを再確認出来るのと同時に彼が待ってくれている気持ちが彼女へのメールの文面の一言から伝わるメッセージです。

 


「一人じゃないよ。(俺がいる)」


女性が辛い時、その思いを優しく包み込んであげる彼女へのメールの一言。女性ってプライドも高いし傷つくのが大嫌い・・・ちょっとしたことでもそれがきっかけとなり悪い方へ悪い方へと思いこんでしまいとことん落ち込むケースも多いものです。そんな時は男性が良かれと思い色々声をかけてあげても受け入れて貰えないことも少なくはないのです。

仕事で失敗したりプライベートでちょっとした裏切り行為などにあい孤独感や敗北感を味わうケースなど。「どうせ私なんて・・・」なんて状況になっていれば無駄な言葉はいりません。彼女には「一人じゃないだろ。俺がいるじゃん」とメールして励ましてあげます。自分には頼れる人・・・自分を理解してくれている人がいると思えるだけで彼女はキュンとしちゃうんです。

 


「あまり無理するなよ」


精神的にあるいは身体的にとても疲れている彼女の様子に気付いたら即メールで是非そう伝えてあげて下さい。彼女のメール・・・元気がない時っていつもと少し様子が違うニュアンスは伝わってくるものです。彼女の元気がないなって感じのメールならそっと一言「無理しちゃだめだぞ」「無理しなくて良いんだよ」。

クタクタの彼女にとってはとても嬉しいメールのはずです。「元気出して!」と言うよりも「無理しないで」って言ってくれる優しさは涙ものです。女性陣から「それ、それ、その言葉が欲しかった~!」って声が聞こえてきそうです。

 


「辛い時は『辛い』って言って良いんだよ」


女性は男性からこんな言葉かけられたら途端にドッキドキです。自分の事を良く分かってくれている人でなければこんなこと言わないですから。そしてその辛さを共に乗り越えてくれる感がありますよね。彼女はそのメールに頼りがいがある彼を感じるわけです。「俺はいつでもお前の味方だから。辛い時は頼って良いよ。」ずーっと一緒にいられる相手・・・一緒にいたい相手って気持ちになりますよね。恋人から一気に生涯のパートナーを意識する瞬間です。

 


「疲れてたらゴメン。でも急に声が聞きたくなった」


お互いに多忙な毎日ですれ違いの生活が続いている二人ならこの言葉がとても効果的です。会うのも電話も出来ない位忙しい二人は常にこのまま心まで離れていってしまう不安にかられるものです。彼女がそんな気分の時に彼からこんなメールが来たら・・・当然のことながらドキドキしちゃうます。

男性にも弱い一面があるのを感じつつもそれでも「疲れてたら・・・」と女性を気遣う優しさや心遣いに感動しない訳がありません。会えない日々に「彼にとって私って何なの?」なんて思い始めている彼女へのメールには絶対の効力があります。

 


「今何してる?」


仕事の昼休みや休憩時間などふとした時に彼から彼女に「特に用はないんだけど・・・」的なメールがくると結構嬉しいものです。『用がなくてもついメールしたくなる相手が私なんだな~』なんて女性心をくすぐってしまいます。いつも彼の中に私がいるんだなんて感じて嫌な気になる女性はそうはいませんよね。何時でも繋がっていたい女性には最適です。

 


「今日は楽しかったね。さっき別れたばかりなのにもう会いたい」


とても楽しいデートのあとの彼女へのメールにはこの一言。彼女もいっしょにいる時間が楽しければ楽しい程、別れの時間は辛い。家に帰って一人になってその余韻に浸っている時にこんなメールがきたら「私も・・・」って言いたくなってしまいます。次に会う約束をせずにはいられない気分になりますよね。

ついさっきまで一緒にいたのに又すぐ会いたいなんて言われたらキュンとしない女性はいないのではないですよね。

 


「俺のこと好き?」


やはりストレートな愛情表現も鉄板です。そしてこの場合「好きだよ」という最もストレートな表現よりも「俺のこと好き?」なんて彼から聞かれたら女性は彼の気持ちと同時に自分の気持ちも再確認できる良い機会になりますよね。普段面と向かっては勿論、彼女へのメールでもあまり愛情表現をしない彼からこんなメールが来たらドキドキです。

クールで大人っぽい男性なら最高に効き目があるフレーズです。彼女だって思わず「好き」と返信してしまうケース。そこで更に「俺は大好きだよ」なんて送ってみたら彼女はキュンとすること間違いなしです。

 

いかがですか。以上が彼女がドキドキするメールの言葉11選です。この中にひとつでも早速使ってみたい!と思うフレーズがあるといいですね。でも、いつものあなたとちょっと違う言葉をメールに入れることで彼女も『アレッ?ちょっと雰囲気違う』って感じるだけでその効果は充分あるのです。きっと、彼女はそう思った時点でそのメールが印象に残り読み返してみたりするのです。

メールって面と向かっては言えない言葉も伝えてくれるという点ではとても便利なアイテムですよね。しかし、これにばかり頼ってしまってはいけません。彼女をメールでドキドキさせても次に会う時はいつもの自分ではなくせっかく彼女がその気になってくれたのなら今まで見せたことのない新たな自分を見て貰うチャンスかもしれませんよ。頑張って下さい!!

 


まとめ


彼女がドキドキするメールの言葉11例集めてみました

・「会いたい」
・「俺に出来ることがあったら何でも言って」
・「夜中でも遠慮するなよ」
・「早く帰っておいで」
・「一人じゃないよ。(俺がいる)」
・「あまり無理するなよ」
・「辛い時は『辛い』って言って良いんだよ」
・「疲れてたらゴメン。でも急に声が聞きたくなった」
・「今何してる?」
・「今日は楽しかったね。さっき別れたばかりなのにもう会いたい」
・「俺のこと好き?」