牛丼のカロリーを減らしてダイエットに活用する方法

牛丼のカロリーを減らしてダイエットに活用する方法牛丼を食べたいけど、カロリーが気になる…。そんなふうに思って、牛丼になかなか手を出せないという方はたくさんいるかもしれません。でも、疲れた時、栄養補給をしたい時、何かがっつり食べたいという時にはやっぱり牛丼を食べたいものです。

牛丼のカロリーを減らすには、どんな工夫をしたらいいのでしょう。ダイエット中でも、カロリーをとりすぎかもしれないという恐怖におびえずに、堂々と牛丼を食べるにはいったいどうしたらいいのでしょう。満腹感も満足感も得られるおいしい素敵な牛丼を作るには、どうしたらいいでしょう。

そんな低カロリーの牛丼を求めているあなたのために、牛丼のカロリーを減らす方法をお伝えします。



 


牛丼のカロリーを減らして
ダイエットに活用する方法

 


バラ肉ではなく、モモ肉を使おう


牛丼のカロリーを減らそうと思ったら、同じ牛肉でも、牛のバラ肉の薄切りや、牛の肩ロースの薄切りなど脂の多い肉を使わずに、牛モモ肉を使いましょう。牛モモ肉は、赤身で脂が少なく、しかも鉄分がたっぷりあって、ダイエット中の人にはピッタリです。ぜひ、牛モモ肉を使いましょう。

牛モモ肉は、火を入れ過ぎると固くなってしまうという印象がありますが、白ワインや、お酒で先に煮ておけば、やわらかく仕上がります。味もぐっとよくなるのでおすすめです。

 


野菜をたっぷり入れちゃおう


牛丼のカロリーを減らそうと思ったら、普通の牛丼ではなく、野菜をたっぷり使いましょう。タマネギはもちろん定番ですが、それ以外にも、ゴボウ、白菜、にんじん、きのこ類、ほうれん草など、いろいろな野菜を入れるとボリュームも出ますし、カロリーもぐっと少なくなります。

それから、やっぱりいいのは糸こんにゃくや、白滝です。それをたっぷり入れて、ボリュームをアップさせましょう。焼き豆腐などをいれて、すき焼きどんぶり風にしてもおいしいですし、低カロリーです。野菜と豆腐をたっぷり入れて、満腹感をねらいましょう。温泉卵でアクセントをつけてもいいでしょう。

韓国風にチャプチェ丼のように仕上げることもおすすめです。にんじんや、きゅうり、ピーマン、はるさめなどを牛肉と炒めて、甘辛い味をつけるとチャプチェどんぶりのできあがりです。はるさめや、野菜をとにかくたくさん入れて、低カロリーをねらいましょう。

牛丼のカロリーを抑えようと思ったら、牛肉以外に、豆腐や野菜、はるさめなど他の具材をたっぷり入れることがポイントです。

 


ご飯を少なく盛ろう


ご飯をたくさん盛りたくなるのはわかりますが、あまりたくさん入れ過ぎないように注意しましょう。ごはんをやたらに盛るかわりに、はるさめなどを入れるほうが、断然、低カロリーになります。牛丼のカロリーを減らそうと思ったら、ごはんは、適度に盛るように心がけましょう。

 


おいしくてカロリーオフの牛ごぼう丼レシピ


おいしくて、低カロリーの牛ごぼう丼のレシピを一つご紹介します。普通の牛丼が700カロリーほどするのに比べ、こちらのレシピでは、461カロリーに抑えることが可能です。(2人分のレシピです)

材料
牛もも肉…100g たまねぎ…1コ にんじん…1/6本 ししとうがらし…4本 しらたき…1/2袋(100g) しめじ…1/2袋(50g) しょうが…10g

煮汁
黒酢…大さじ2 酒…大さじ2 みりん…大さじ2 砂糖…大さじ1 しょうゆ…   大さじ1 だし…大さじ1

1 たまねぎはうすくスライスして、牛肉は一口大に切ります。にんじんは半月形、ししとうがらしは、縦に切り目を入れましょう。しらたきは水からゆで、ざるにあげて、食べやすい大きさに切っておきます。しめじは小房に分け、石づきを除きましょう。

2 鍋に、煮汁の材料とたまねぎ、しょうがをいれて火にかけます。煮立ったら、にんじん、しめじ、しらたき、牛肉を加え、ふたをして弱火で10分間~15分間煮ます。

3 たまねぎがしんなりしたら、ししとうがらしを加えてふたをしめ、1~2分間煮て、火を止めましょう。

4 どんぶりにご飯を持って、3を乗せます。

砂糖は甘味料に変えると、よりカロリーオフになります。

 

いかがでしたか。牛丼のカロリーを減らそうと思ったら、とにかく、野菜をたっぷり入れること。そして、ご飯は欲張って盛りすぎないことです。野菜をたっぷりと入れることで、栄養バランスもとれ、満腹感を得られます。その上、グンとおいしくもなります。

そして、やっぱり急いでかきこまないこと。お腹がすいたからといって、大急ぎでかきこむと、いくらでも食べてしまいます。それでは、何の意味もありません。よく噛んで、ゆっくり食べる。これがダイエットの基本です。よく噛むことで、満腹感を得やすくなり、少量で満足することができるようになります。

かわいいどんぶりに小さめに盛って、たっぷりの野菜や白滝などが入った具をかけて、温泉卵に紅ショウガをちょっと乗せたら、牛丼のカロリーを抑えることもできますし、おしゃれな気分にもなりますよね。ゆっくりと味わって食べることでリッチな気分になり、楽しくダイエットをすることができます。

牛丼は力がつきますし、本当においしいものです。ダイエット中でも、牛丼のカロリーを抑えて、楽しく食べることができるといいですね。

 


まとめ


牛丼のカロリーを抑えてダイエットに活用する方法

・牛モモ肉を使おう
・野菜などをたっぷり入れよう
・ご飯は少なく盛ろう