男の嫉妬心を理解して、うまく付き合うテクニック

男の嫉妬心を理解して、うまく付き合うテクニック一般的には男性よりも女性の方が嫉妬深いと言われていますよね。でも、実際のところは、男性の嫉妬の方が面倒なことになりやすいのは知っていましたか。そう、男性の場合は仕事や友人関係よりも、恋愛が絡んだ嫉妬の方がよりトラブルになりやすいのです。

それはなぜかというと、やはり男性対女性の関係では立場や力の強さが違うため、男性のプライドを深く傷つけたり、最悪の場合だと暴力沙汰に発展するケースもあるからです。

でも、恋愛感情が生じている間柄で「嫉妬しないで」と言う方が無理というもの。では、そんな男性の嫉妬を上手に制御するためにはどうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、男性の嫉妬心を理解しつつ、上手に付き合っていくために大切な事についてお伝えします。



 

男の嫉妬心を理解して、

うまく付き合うテクニック

 

嫉妬深い男性とそうではない男性を見分けられるようになろう


女性がそうであるように、男性の中にも嫉妬深い性質の人とそうでない性質の人がいます。もし、「嫉妬深い男性は絶対NG!」思っているのなら、敢えて嫉妬深い男性を選ばないように、早い段階で見分けられるようになりましょう。

嫉妬深い男性の特徴としてわかりやすいのは、自分に自信が無いことと、実際の能力に反してプライドが高いこと。次に、愛情深く、恋人への執着が強いこと。

この3つの要素を全て持っている男性は、まず嫉妬深いと思って間違いありません。嫉妬されるのが嫌なタイプの女性は、こんな男性は避けて通った方が安全です。

 

男性は女性より優位に立ちたい生き物だと思おう


女性の嫉妬よりも男性の嫉妬の方が厄介な理由としては、男性はそもそも「女性よりも優位に立ちたい」という願望があるからです。この心理から、付き合っている女性に心変わりされるのもプライドが傷付きますし、能力的な部分で女性に出し抜かれるのも快く思いません。

そこに嫉妬深い男性の特徴である「自分に自信が無い」という心理が加わり、いつか恋人を他の男に奪われるのではとか、女性に馬鹿にされているのではという不安が嫉妬という感情で出てくるのです。

こんな男性の心理を理解して、プライドを傷付けないように「優位に立たせてあげている」というスタンスを守れば、揉め事を回避できます。

 

焼きもちを焼かれても腹を立てないようにしよう


先ほどのご説明の通り、男性の嫉妬心は自分に自信が無いことの裏返しですから、そんな嫉妬にいちいち逆切れをしていては円満な関係が築けません。

もし、あなたが他の異性と仲良くしている姿を見て焼きもちを焼かれたのだとしたら、きっと彼の心の中には不安の嵐が吹き荒れているはずです。そんな不安な心に腹を立てるのではなく、優しくなだめてあげるようにしましょう。

彼は、「自分の恋人が他の人にとられそうで心配だ」という気持ちを素直に表現できずにいるだけですから、あなたはそれを受け止め、「とられる心配は無いよ」と応えてあげるべきなのです。

 

疑われることの無い人間関係を築こう


男性は女性よりも理屈っぽい性格の人が多いですよね。そのため、一度他の男性との関係を嫉妬されても、疑わしいところが無いことを証明できれば嫉妬心が和らぐ傾向があります。

また、逆に考えると、疑われるのが面倒だからと隠せば隠すほど、彼が疑う心を育ててしまうとも言えます。つまり、普段から彼に隠し事をしないようにし、「浮気してるかも」という理屈が成り立たないようにしておけば、嫉妬されることも少なくなるはずです。

もし、嫉妬深い男性と付き合い出したら、プライバシーの許す限り、あなたの人間関係をオープンにすることをおすすめします。

 

実力差への嫉妬は相手を褒めて受け流そう


ここまでは、他の男性への焼きもちという形の嫉妬についてお話ししましたが、男性の中には交際相手本人に嫉妬する人もいます。例えば、自分よりも優れた能力を持っていることに嫉妬したり、周囲の人望があることを嫉妬したり。

こんなふうに、自分の彼女に劣等感を感じて拗ねたり、嫌味を言ったりするような男性は本当に面倒ですよね。こんな相手への対処法は、実は簡単です。彼のことを褒めて、「尊敬している」という態度を取れば良いのです。

もちろん、本心でそう思っていなくても、表面上だけで大丈夫です。そんな態度を見せるだけで、彼に「自分より優れた人間に尊敬されている」と思わせることができ、自尊心を守ることができます。

 

いかがでしょう。男性にありがちな嫉妬心を理解し、上手に付き合うコツについてお伝えしました。

女性の嫉妬は感情的なものが多く、一度カッとなったら手が付けられないものの、問題が解決して時間が経つと当の本人はけろりと忘れてしまうことが多いです。

しかし男性の場合はその逆で、嫉妬心がじわじわ静かに湧きますが、一度心に芽生えると解消が難しいケースがほとんどです。そうなる前に、嫉妬の芽は早めに摘み取るのが賢い方法と言えるでしょう。

嫉妬深さは個人の性格により差がありますが、嫉妬深い男性が、そうではない男性よりも全面的に劣っているというわけではありません。せっかく縁あって交際しているのですから、嫉妬深さもその人の個性だと思って、上手な付き合い方ができるようになりましょう。

 

まとめ

男の嫉妬心を理解してうまく付き合うには

・嫉妬深い男性とそうではない男性を見分けられるようになろう
・男性は女性より優位に立ちたい生き物だと思おう
・焼きもちを焼かれても腹を立てないようにしよう
・疑われることの無い人間関係を築こう
・実力差への嫉妬は相手を褒めて受け流そう