年の差婚で女性が年上の時は注意!傷つく7つのNGワード

年の差婚で女性が年上の時は注意!傷つく7つのNGワード

多くの女性は、自分の年齢に対してとても敏感になっています。他人から年齢に関することを指摘されると、妙に意識してしまったり、時には傷つく人も多いでしょう。ましてや、自分が好きになった人から言われてしまうと、なおさらショックですね。

最近よく耳にする年の差婚ですが、男性が年上というイメージが大きいかもしれませんね。しかし最近では、女性が年上というケースも増えてきています。一生の伴侶となるのですから、少しでも無用なトラブルは避けておきたいものです。

年上の女性が傷つくNGワードをよく把握して、お互いに良好な関係を築くようにしましょう。



 


年の差婚で女性が年上の時は注意!
傷つく7つのNGワード

 


最近少し太った?


女性は誰しもが自分の体型を気にしています。周囲からどのように見られているのか、だらしなく見られていないか、心配しています。特に年齢を重ねる毎に、体型の緩みが気になるところです。

これは女性のみならず、男性にも言えることなのですが。男性というのは時に残酷なほど、正直な感想を言ってしまいます。相手にとって良かれと思って言ってる場合が多いのですが、女性側からすると傷ついてしまいます。

男性が女性の体型について意見をするのは控えておいたほうが無難でしょう。

 


顔のシミやしわが増えてきた?


加齢とともに、顔にシミやしわが増えるのは、致し方ないことです。昨今の強烈な紫外線を浴びてしまうと、シミが増えるのはどうしても防げませんし、肌の筋力が衰えてくると、しわが出来てしまいます。結婚すれば、すっぴんでいる機会も増えるものです。

男性側としては、それまでバッチリとメイクをしていたイメージがあるために、急に顔のシミやしわが気になってしまうものです。女性がうまくメイクをしていた努力の賜物なのですが、男性としては幻滅してしまうこともあるかもしれません。

しかし、正直に女性に言ってしまうと、女性はかなりショックを受けてしまいます。気をつけてください。

 


僕の妻はもうオバサンですから・・


夫が友人や知人に、自分の妻のことをへりくだって言うことは、よくあることです。特に亭主関白のような、夫が主導しようとしている夫婦の場合は顕著です。夫が過度にへりくだってしまうあまり、年齢差のことを言う場合があります。

妻のことをオバサンという表現を使うのは、いくらへりくだっているからと言っても、許容できない表現です。年上の妻は、常に年齢のことを気にしています。そんななか友人や知人にオバサン呼ばわりされてしまうと、深く傷つきます。

 


お母さんのような感じ


年下の男性からしたら、年上の女性はかなり頼れる存在です。家事や育児もきちんとこなし、仕事に関してもキャリアがあります。もしかすると、年下男性よりも収入が多いかもしれません。そんな年下男性にとって、年上女性は居心地の良い存在なのでしょう。

ついつい、自分のお母さんのような存在だと感じてしまうこともあります。しかしそれを率直に口に出してしまうと、女性は傷ついてしまいます。男性からしたら褒めているつもりなのかもしれないですが。気をつけましょう。

 


何歳に見える?


女性にとって、年齢の話はタブーです。男性が女性のことを年齢の割りに綺麗だと思っていて、良かれと思って言ってるとしても、女性は傷つきます。仮に若めに見られたとしても、お世辞が入っているのではと傷つきますし、更に年上に見られたら一層深く傷つきます。

女性が自分から何歳に見えるか尋ねるならまだしも、男性から積極的に年齢の話を持ち出すのは控えたほうが無難でしょう。

 


年相応だからね


男性としては、大人でかっこいい女性に惚れ込んで、褒めちぎっているつもりかもしれません。しかし、年相応だからという表現は、女性にとって好ましくありません。年相応であるべきという無言のプレッシャーも与えてしまいます。

女性を褒めたいのなら、年齢のことは触れずに、別の側面から褒めるのが良いでしょう。

 


ほんとに美白効果はあるの?


年上女性が毎晩のように一生懸命美白しています。しかし、男性から客観的にみるとあまり変化が見られないかもしれません。そんなときに、美白効果があるのか?という素朴な疑問を投げかけるのは良くありません。

少しでもいいから肌を白く綺麗にしたいというのは、多くの女性にとって共通の願いです。他の人からは分からない変化でも嬉しいものです。男性の率直な感想よりも、綺麗になってるね、という一言のほうが、何倍も嬉しいものです。

 

いかがでしょうか。思い当たるフシが幾つかある人もいることでしょう。年下男性は、まるで子どものように、正直者です。それが魅力的だと感じる年上女性も多いのですが、ときにその正直さが女性を傷つけることも多々あります。

男性としては傷つけていることに気づかず、むしろ褒めているつもりなので、女性にとってはタチが悪いですね。女性にとって、年齢や体型、外見のことなどは、触れられたくない領域です。とくに好きな男性なら、なおさらです。

今回ご紹介したNGワードをよく把握して、女性を傷つけないように、細心の注意を払ってくださいね。

 


まとめ


年の差婚で女性が年上の時は注意!傷つく7つのNGワード

・最近少し太った?
・顔のシミやしわが増えてきた?
・僕の妻はもうオバサンですから・・
・お母さんのような感じ
・何歳に見える?
・年相応だからね
・ほんとに美白効果はあるの?