彼女とのベストな別れ方!最低限のマナーとルール

彼女とのベストな別れ方!最低限のマナーとルール

互いに想いを寄せた二人であっても、時として避けられないのが別れですね。人間の気持ちは移ろいやすいものですから、何ら珍しいことではありません。ゆえに、特に大きく悩むことはありません。

「なぜ、あんなに愛した女性なのに…」「永遠の愛を誓ったのに…」と言ったことは思う必要はないと言うことです。しかし、そうはいっても別れ方には気を配るべきでしょう。いくら、人間の感情が移ろいやすくとも、最低限のマナーとルールは存在します。

彼女との別れ方をぞんざいにする人間には人を愛する資格がないと言っても過言ではありません。ゆえに、今後の人生を歩んで行く上でも、別れ方はとても重要な要素となるのですね。そこで、今回は彼女との別れ方にスポットを当てて論じたいと思います。

彼女との別れ方における最低限のマナーとルール、とても大切なことですので、ぜひご参考になさってください。



 


彼女とのベストな別れ方!
最低限のマナーとルール

 


別れ話は会って話そう


昔ならば電話、今ならばメールで別れ話をする方がいます。最近ならばラインなども該当しますね。しかし、これは絶対にやめましょう。彼女との別れ方のマナーとして最も大切なことは会って話すことです。

確かに、気まずい気持ちもわかります。できれば、会わずに済ましたい気持ちもわかります。ですが、これは最低の男がする行為です。会って、正面からきっちりと話すのがルールです。

 


丁寧に話そう


次は丁寧に話すことです。別れ話ゆえに、切り出された方は感情的になる可能性は高いです。ここで、釣られてあなたまで感情的になっては収拾がつかなくなります。必ず冷静に、そして丁寧に話すことです。

間違っても、感情に任せて暴言を吐かないようにしましょう。それでは、美しい別れ方はできません。相手がどんなに感情的になっても、最後まで丁寧に話すことを心がけること、これが彼女と別れる時のマナーです。

 


ハッキリ伝えよう


彼女との別れ方、3つ目はハッキリ伝えることです。実際、相手を目の当たりにすると、別れ話と言うのは言いにくいものです。モゴモゴと話したくなる気持ちは理解できなくもありません。

しかし、これではうまく別れることはできません。ただでさえ感情的になる状況にも関わらず、男がハッキリしない態度を取っては、相手をより感情的にするだけです。これでは良い別れ方はできませんので、必ずハッキリ話すことを心がけましょう。

 


相手を否定するのはやめよう


別れ話になると、どうしても理由を聞かれるものです。相手にとっては、「なぜなのか?」理由を知りたいでしょうから当然の質問でしょう。しっかりと話すのが別れ方のマナーであり、ルールでもあります。

しかし、ここで注意したいのが相手を否定しないことです。「○○がダメだ」「□□がいけない」これを言われて不快に思わない人間はいません。あくまでも円満に別れるのが彼女への最低限の敬意でもありますからね。

 


自分の非を認めよう


相手を否定するのはせずに、「どうやって理由を説明するのか?」と言いますと、これは簡単なことです。自身が全ての責任を負えば良いのです。最後の別れ際まで、女性に責任を負わせるなど男のすることではありません。

自分の非を認め、必ず彼女の責任ではなく自身に器量が足りなかったと説明しましょう。これが美しい別れ方です。男は最後まで女性を傷つけないように配慮することが求められるのです。

 


感謝を伝えよう


さらに、感謝は必ず伝えましょう。残念ながら別れることになった二人ではありますが、今まで楽しい時間はあったはずです。たくさんのことを彼女から貰ったはずです。そのことに対する感謝は絶対に忘れてはいけません。

そして、必ず伝える必要があります。それが彼女との別れ方においてとても大切なことなのです。最後に「ありがとう」を言って終わる恋ほど美しいものはありませんからね。覚えておきましょう。

 


喧嘩は絶対に避けよう


最後は喧嘩は絶対に避けましょう。数ある別れ方の中でも、最悪の部類に属するのが喧嘩別れです。喧嘩別れをしてしまっては、マナーもルールもありません。後に残るのは虚無感だけでしょう。

せっかく一度は愛し合ったのです。きれいに終わりたいと思うのが普通です。そのために喧嘩別れだけは絶対に避けましょう。絶対に何を言われても感情的になってはいけません。別れを切り出しているのは自分だと言うことを頭に入れておきましょう。

 

いかがでしたか。彼女とのベストな別れ方についてはご理解頂けましたでしょうか。大人として、男として、最低限のマナーがあることをご理解頂けたことでしょう。実際、乱暴な別れ方をする男性は多いですからね。

そのようなものは恋愛ではありません。自分本位の恋愛など恋愛ではないのです。恋愛は相手がいてこそ成立するものなのですからね。別れを決めた女性相手であろうと、敬意を持って接するのが男と言うものです。

また、そういった心がけが次の恋に繋がるのです。女性をぞんざいに扱う男性を女性は見抜きますからね。次の人生を歩むためにも、ケジメは必ず、美しくつけるようにすることを強く推奨致します。

 


まとめ


彼女とのベストな別れ方!最低限のマナーとルール

・別れ話は会って話そう
・丁寧に話そう
・ハッキリ伝えよう
・相手を否定するのはやめよう
・自分の非を認めよう
・感謝を伝えよう
・喧嘩は絶対に避けよう