最低な男と思われてしまう女性への11つの暴言とは

最低な男と思われてしまう女性への11つの暴言とは

男女のもつれは仕方がないことです。人と人である以上、いえ男と女である以上常に順風満帆とはいかないでしょう。しかし、世の中には如何に感情的になったと言えど、言ってはならないことと言うものがあります。

それは男女の関係においても存在します。ひとたび、暴言を発してしまえば、取り返しのつかないことと言うのは多分に存在するのですね。そこで、今回は最低な男と思われないために、避けるべき暴言についてご紹介いたします。

ポイントをまとめましたので、ぜひご参考になさってください。本項で紹介する暴言さえ避ければ、最低な男と思われることはないでしょう。



 


最低な男と思われてしまう
女性への11つの暴言とは

 


容姿について言うのはやめよう


まずは基本中の基本です。女性の容姿について触れるのはやめましょう。こういった自分の力ではどうしうようもないことに対しての暴言は卑怯者の行いです。最低の男とのレッテルを張られても当然の結果でしょう。

 


性格について言うのはやめよう


次は性格についてです。人間、合う合わないはあります。しかし、こういった性格の不一致を暴言のように吐くことはルール違反です。どうしても改善をしてほしいならば、冷静に指摘するべきでしょう。感情的になったところで、時と場を弁えない最低な男と思われるのがオチです。

 


人間性の否定はやめよう


3つ目は人間性の否定です。特に、腹が立ったからといって、相手の全人格の否定や人間性の否定は避けましょう。どんな人間に対しても、人は他人にそこまで言う権利はありません。自分が吐いた暴言の分、自らの人間としての価値も下げていることを頭に入れておきましょう。

 


家族の悪口はやめよう


口論になっても言ってはいけないこととして、家族の悪口と言うのがあります。どんな家族関係であっても、他人に悪口を言われることほど頭にくることはありません。そして、反論できない暴言ほど最低な行為もありません。

 


家事スキルについて言うのはやめよう


今は男女同権の時代です。特に自分ができないにも関わらず、家事スキルについてとやかく言うのはやめましょう。男も仕事のことでとやかく言われると嫌な気分がするでしょう。女性も同じです。口喧嘩になったときに、家事スキルを出す男は間違いなく最低な男だと思われています。

 


友人関係について言うのはやめよう


人間は自身の友人関係について悪く言われるのを特に嫌います。それは男性も女性も関係ありません。そもそも対象が反論できない状況で悪口を言うなど真っ当な人間のやることではありません。最低な男と思われたくないならば、絶対にやめましょう。

 


お金について言うのはやめよう


お金のことも言うのはやめましょう。特に、別れ際に発する「今までのお金を返せ!」は絶対に言ってはいけません。これほど男を下げる言葉もありません。しかも、悪い噂はすぐに広まります。次の恋愛にも響きますので、避けねばならない暴言です。

 


暴力を示唆するのはやめよう


男性と女性が殴り合ったら、特別な人を除いて100%男性が勝ちます。暴力を受けた女性はただでは済まないでしょう。ゆえに、暴力を振るうのはもちろん、示唆するのも最低な男のする行為です。

 


浮気の肯定はやめよう


確かに、男性は種として複数の女性を求める部分はあるかも知れません。しかし、だからと言って相手の気持ちを蔑ろにして良いものではありません。「浮気の肯定」これをやり始めたら最低な男一直線ですので、絶対にやめましょう。

 


元カノと比べるのはやめよう


元カノと比べる行為は、男ならばついついやってしまうことではありますが、これは最低の行為ですので絶対にやめましょう。「元カノはやってくれたのに…」と言った暴言ほど女性の尊厳を傷つけるものはありません。

 


母親と比べるのはやめよう


比較でもう一つダメなのが、自分の母親と比べる行為です。男性は、ついつい女性と母親を重ねてしまう生き物です。しかし、これも女性のプライドを激しく傷つける行為ですので、絶対に避けましょう。

 

いかがでしたか。最低な男と思われる暴言についてはご理解頂けましたでしょうか。今回、11の暴言を取り上げましたが、このどれもが一発アウトな代物です。つまり、一回でも使えば、最低な男の誹りは免れないと言うことです。

ですが、逆に言えば、この11の暴言を避ければ良いということでもあります。ですので、初めは多いなと感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、そう考えれば簡単ですね。

どれも、人として当たり前のことでもありますしね。覚えるのもさほど難しいことではありません。最低な男と思われないためにも、本項で触れた暴言は絶対に使わないようにしましょう。

 


まとめ


最低な男と思われてしまう女性への11つの暴言とは

・容姿について言うのはやめよう
・性格について言うのはやめよう
・人間性の否定はやめよう
・家族の悪口はやめよう
・家事スキルについて言うのはやめよう
・友人関係について言うのはやめよう
・お金について言うのはやめよう
・暴力を示唆するのはやめよう
・浮気の肯定はやめよう
・元カノと比べるのはやめよう
・母親と比べるのはやめよう