高カロリー食品を購入するなら知っておきたい怖い話

高カロリー食品を購入するなら知っておきたい怖い話

健康や美容に良くないとわかっていながらも、ついつい誘惑に負けて食べてしまう高カロリー食品。甘いもの、揚げ物、ガッツリしたもの……と、高カロリー食品には危険な魅力がいっぱいです。ですが、これらの高カロリー食品の食べ過ぎが、どのように体に害をなすかご存知でしょうか。多くの人は、「太る」くらいの認識しか無いと思います。太ってしまうのはもちろんのことですが、実際はそれだけではありません。

高カロリー食品は、限度を超えて食べると、笑い話では済まないような健康リスクがあるのです。それを知ってからも、あなたはカロリーを気にせず食べ続けられますか?今回は、そんな高カロリー食品における、怖い話についてお伝えします。



 


高カロリー食品を購入するなら
知っておきたい怖い話

 


当然、太ってしまう


まずは、高カロリー食品の食べ過ぎによって起こる一番の害として、太るということが挙げられます。冒頭でもお話ししましたが、これくらいの認識なら、誰もが持っているのではないでしょうか。当たり前のことですが、一日に消費できるカロリーよりも摂取カロリーの方が上回ると、使いきれなかったカロリーが脂肪として蓄積されてしまいます。

どれくらいのカロリーでどれくらい太るかには個人差がありますが、一般的には7000kcalで1kg太ると言われています。太るだけなら見た目の変化以外に害が無いように思えますが、実はそうではなく、太ることによって病気しやすくなるなどのリスクも発生します。

 


高カロリー食品には中毒性がある


高カロリー食品の代表格、スナック菓子やファストフードなどのジャンクフードには、中毒性があることが知られています。つまり、食べ慣れてしまうと、いざこれらの食品をやめたくなってもやめられなくなってしまうということ。

高カロリー食品、特に脂肪分が高い食品を食べ続けると、脳の快楽中枢を刺激し、快感を与えます。そして、その感覚を忘れられずに脳が求め続けるため、ジャンクフード中毒になってしまうのです。このせいで、肥満などによる健康被害が出てもなかなか健康的な食生活に戻れず、苦労する人が多いと問題視されています。

 


肥満の延長線上にはメタボリック症候群がある


近年生まれた新しい病名である、メタボリック症候群。これは、内臓脂肪型の肥満から引き起こされる数々の生活習慣病から、2つ以上の病気が合併している状態を指します。内臓脂肪型の肥満は女性よりも男性に起こりやすいとされていて、運動不足や基礎代謝量の減少などが原因として挙げられますが、一番はやはり過剰なカロリー摂取によるもの。

やはり、カロリーの摂りすぎが肥満の原因になるのは明らかで、メタボリック症候群に苦しんでいる、もしくは予備軍として心配されているのは、やはり高カロリー食品がやめられないという人が多いようです。

 


血糖値がコントロールできなくなり糖尿病になる


生活習慣病の代表格、糖尿病がなぜ起こるかご存知でしょうか。もちろん、生まれつきインスリンの分泌に問題があるという人も少なくありませんが、日本における糖尿病の原因第一位は、食べ過ぎ、つまりカロリーの摂りすぎによるものです。カロリーの高いものを食べ続けると、食べることによって上昇した血糖値を下げる力が弱まってしまい、いずれ壊れます。これが、糖尿病です。ですから、糖尿病を退けるためには、高カロリー食品の摂りすぎを避け、適正なカロリーと栄養バランスの食生活を送る必要があるのです。

 


動脈硬化リスクが上がる


高カロリー食品の食べ過ぎによる害は、糖尿病だけではありません。

カロリー過多により肥満すると、体内の中性脂肪の値が上がり、動脈硬化のリスクが上がることが知られています。動脈硬化と言えば、心筋梗塞や脳卒中の原因となるために、命の危険まで生じてしまうということになります。たかだかカロリーを摂り過ぎたくらいで……とお思いの方は、要注意です。食事は、その人の生活の基盤とも言える大切なものですから、それが崩れたために生命の危機に晒されることは、何も大げさなことではないのです。

 

いかがでしたでしょうか。ここでお話ししたように、高カロリー食品の摂り過ぎには様々な害を生じさせる可能性があるということがわかります。あなたは、これを読んでも、高カロリー食品を購入し、食べ続けられるでしょうか。

もしも、普段から高カロリーのものを食べる習慣が付いてしまっているのなら、ここで一度、見直してみて頂きたいものです。ただ、高カロリー食品全てが悪者だと言いたいわけではなく、過剰摂取が危険行為であるということをお伝えしたかったのです。

少しでも長く健康でいたいと思うなら、高カロリー食品はほどほどにしなければいけません。なるべくバランス良く、栄養豊富で低カロリーなものを食べるように、心がけてみて下さいね。

 


まとめ


高カロリー食品を購入するなら知っておきたい怖い話とは

・当然、太ってしまう
・高カロリー食品には中毒性がある
・肥満の延長線上にはメタボリック症候群がある
・血糖値がコントロールできなくなり糖尿病になる
・動脈硬化リスクが上がる