お腹痩せダイエットをしたい人必見の3つの方法

お腹痩せダイエットをしたい人必見の3つの方法
産後太り、中年太り、等々。お腹痩せダイエットを試みるけどうまくいきませんよね・・特に春や夏は薄着になる機会が多くなりウエスト周りのお肉は嫌でも目立ってしまいます。

お腹周りは簡単に痩せてくれるようでなかなか痩せてくれない場所ですので、お腹周りを引き締める為のダイエットが必要になります。ではお腹痩せダイエットはどのような方法をしていけばよいのでしょうか。

お腹痩せダイエットで大事になるのが3つになります。「カロリーの摂取を控えるようにする」「運動をする」「腹筋を鍛える」です。

どのダイエットでもそうですが、カロリーを抑えることが重要で、これができていないと当然痩せてくれません。更にお腹痩せダイエットには運動は必須で、運動することによって代謝機能が上がりエネルギー消費が増えてくれます。

ですのでより消費しやすい状態にしてあげることが大事になりますので、運動は無理のない程度でも良いですので絶対に行って下さい。

また、お腹の場合筋肉がなくてたるんでいる状態でもぽっこりと太って見えてしまいます。そのため筋肉を鍛えてたるまないようにしなければなりませんので腹筋を鍛える運動も必要です。しかし、どの運動をしてもお腹が痩せるという訳ではなく、お腹痩せダイエットに効果的な方法を行わなければなりません。

お腹周りを引き締めるのには、かなり大変ですので、お腹痩せダイエットする場合はある程度の覚悟が必要です。それでも、引き締まったお腹を手に入れることが出来るのであれば、頑張れますよね。

そこで、今回はお腹痩せダイエットをしたい人必見の3つの方法をお伝えします。



 


お腹痩せダイエットをしたい人必見の
3つの方法

 


猫のポーズエクササイズがオススメ


お腹痩せダイエットに最適なのが、猫のポーズエクササイズです。猫のポーズにはお腹を引締めてウエストを細くする効果が期待できます。ウェストを引き締める効果以外にもヒップを引き締める、内臓機能の活性化、調整、冷え症の改善、血行促進、集中力アップ、リラックスなどの効果にも期待出来ます。

<猫のポーズの方法>

1、両腕と両膝をついて四つん這いになります。床に垂直になるようにします。

2、両腕と両膝の間隔は肩幅くらいを目安に。目線は床に向けます。

3、息をゆっくりと吐きながら背中を丸めます。猫が敵に対して威嚇する時のような姿勢です。

4、息を吐きながらお腹をへこませます。頭を両腕に間に入れるようにしてゆっくりと30秒ほど呼吸をします。

5、3と4の動きを繰り返します。5回前後を目安にします。

6、ゆっくりと息を吐き出しながらポーズを解いて終了です。

 


ウエストシェイパーを付ける


お腹痩せダイエットでてっとり早くお腹を引き締めたいけど、やっぱり普段忙しくて、エクササイズの時間を取るのが大変!という方も少なくないかもしれません。

あるいは、つい3日坊主になって継続できないという方もいるかもしれません。そういった方におすすめしたいのが着るだけでウエストをシェイプアップできるVアップシェイパーです。

テレビや雑誌でも多数取り上げられて累計販売数は40万個以上と大ヒットした商品です。Vアップシェイパーは服の下に着ることができるので誰にもバレないでお腹痩せダイエットできるのが特徴です。

人に見られるお仕事をしている女優 橋本マナミさんもこっそり着用されていて特別な運動をせずにウエストが細くなったと評判だそうです。面倒なことをせずにスタイルを良くしたい方には是非オススメのアイテムです。

 


ワインオープナーエクササイズがオススメ


ワインオープナーエクササイズというのは、ワインオープナーのような動きするだけでお腹痩せダイエット出来るというものです。

このダイエット方法試みて、ウエストが98センチだったのを2週間後に77.5センチとマイナス20.5センチサイズダウンに成功した方がいらっしゃいます。

<ワインオープナーエクササイズの方法>

1、姿勢を正し垂直に立ち(直立不動姿勢)、足のつま先を少し開きます。(逆ハの字型)

2、膝を曲げ、両手を斜め上に挙げます(息をゆっくりと吸う)

3、両手を下げ、膝を伸ばしつま先で立ちます(息をゆっくりと吐く)

内股の付け根でペットボトルを挟んで潰すイメージを保ちながら、内股とお尻に力を入れることがポイントです。1日に上下運動8回を3セット行って下さい。

大きな筋肉が集まる部分を動かすので、お腹、横腹、背中ウエスト全体の脂肪が落ちる効果が得られます。

 

如何でしたか。お腹痩せダイエットには様々な方法がありますが、余りにもハードな運動はオススメしません。例えば、お腹痩せダイエットの代名詞のような存在の腹筋ですが、お腹の筋肉を使うことでその部分を痩せようとするこの方法になりますが、あまり効果的ではありません。

なぜ効果的ではないのかというと、それは辛い部分が勝ってしまうからです。腹筋はかなり辛い運動の一つで、なかなか回数を続けることが出来ません。

ウエストを補足するための腹筋運動はかなりの回数していないとカロリー消費をしてくれませんし、そこまで筋肉を使うことが出来ません。そのため、ダイエット効果よりも精神的に辛い部分の方が勝ってしまい継続することができなくなってしまうのです。

腹筋するよりもオススメなのが上記に挙げた、無理のない身体に優しいエクササイズなど比較的軽い運動です。でれも、数十分で出来る簡単なものですので、気軽に取り掛かることが出来ます。お腹痩せダイエットを目指すのであれば、上記のエクササイズをしながら、バランスの良い食生活を行うことをオススメします。

 


まとめ


お腹痩せするには

・猫のポーズエクササイズがオススメ
・ウエストシェイパーを付ける
・ワインオープナーエクササイズがオススメ