コーヒーのカロリーを知ってダイエットに取り入れるコツ

コーヒーのカロリーを知ってダイエットに取り入れるコツ
コーヒーのカロリーなんてあまり気にせずに飲んでしまいますよね。けれども、ダイエットをしているならば、やはり、口にするもののカロリーをザッと把握しておきたいものです。そんなこと言っていたら、何も食べられないし、何も飲めないと思う人もいるでしょう。まあ、細かく把握しておかなくても、大体知っておけば、ダイエットの助けになるのではないでしょうか。

コーヒーといえば、ダイエットというイメージよりも、どちらかといえば、眠気覚ましのイメージが強いですね。夜中の高速道路をずっと走らせていて、パーキングにとまった時に、眠気覚ましにコーヒーを買いに行く…とか。または、徹夜仕事の合間に、コーヒーを飲んで目を覚ますとか。確かに、コーヒーの匂いをかいだだけで、シャキッと目が覚めますから、眠気覚ましには、もちろん、とても効果的なんです。

けれども、ダイエットにも、コーヒーは効果的です。それでは、コーヒーのカロリーとコーヒーダイエットについてお伝えいたします。



 


コーヒーのカロリーを知って
ダイエットに取り入れるコツ

 


コーヒーのカロリー


ブラックの場合、一杯当たりのコーヒーのカロリーは大体、4カロリーほどです。ですが、ブラックでばかり飲むわけではありませんよね。コーヒーに入れるものによって、大幅にコーヒーのカロリーは変わってきます。

砂糖を小さじ一杯入れると、コーヒーのカロリーは、およそ19カロリー。ブラックコーヒーのカロリーと比較すると、5倍ほどですね。
コーヒーフレッシュを5ミリリットルほど入れると、コーヒーのカロリーは、16カロリーほどになります。ブラックコーヒーのカロリーと比べると、約4倍。

コーヒーフレッシュ5ミリリットルと砂糖小さじ一杯入れると、大体、31カロリー。ブラックコーヒーのカロリーと比べると、およそ8倍にもはねあがります。

ですから、砂糖や、コーヒーフレッシュを入れたものは、あまり飲みすぎると、カロリーオーバーになってしまいます。その点をよく考えて飲むようにしましょう。

 


コーヒーがダイエットに効くわけ


コーヒーには、カフェインとクロロゲン酸が含まれています。この二つがコーヒーがダイエットに向いているといわれる理由なのです。カフェインには、脂肪を分解する酵素を活発にする効果があります。クロロゲン酸には、脂肪を燃焼させる効果があります。つまり、この二つが働くことで、からだに蓄積された脂肪は燃焼しやすくなり、かつ、脂肪が蓄積されにくくなるというわけなのです。カフェインとクロロゲン酸の働きのおかげで、脂肪が撃退されるのですね。

 


飲み過ぎは禁物


だからといって、コーヒーをやたらに飲みすぎると、健康を害します。一日に4杯までにとどめておきましょう。もしも、コーヒーを飲みすぎると、カフェインの過剰摂取となってしまい、動機、ふるえ、めまい、不安感、不眠、頭痛、食欲不振、嘔吐などの副作用におそわれます。くれぐれも注意しましょう。

 


アイスよりも、ホットがおすすめ


コーヒーを飲むならば、できれば、アイスではなくてホットを飲みましょう。暖かいコーヒーを飲むことで、血流がめぐり、内臓の働きが活発になるため、代謝がよくなり、痩せやすい身体となります。基本、温める方が、代謝がよくなりますので、ダイエット中は冷たいものよりも、温かいものを飲むように心がけましょう。

 


ウォーキングをするとより効果的


コーヒーを飲んだ後、ウォーキングをすると、より脂肪が燃焼して、脂肪がつきにくい身体となります。ぜひ、コーヒーを一杯飲んで、歩きましょう。ホットコーヒーを朝ごはんに飲んで、歩いて通勤をするのもいいでしょう。仕事に行き詰った時にも、ホットコーヒーを飲んで、外を一回りしてみれば、頭がシャキッとして、新しいアイデアが生まれますよ。日常生活に取り入れて、賢く、ダイエットをしましょう。

 

いかがでしたか。コーヒーのカロリー自体は、大したことはありません。気にするほどのことではありませんが、やはり、ミルクや、砂糖などをいれてしまうと、コーヒーのカロリーがアップしてしまいますから、その辺りを気をつけたら、なかなかよいダイエット飲料になりますね。

コーヒーが好きな方はぜひ、試してみましょう。ただし、不眠で悩んでいる方は、コーヒーダイエットをあまりおすすめできません。どうしても、コーヒーダイエットを試してみたいという方は、午前中に飲むようにして、午後は控えてください。不眠で悩んでいないという方でも、就寝前のコーヒーはおすすめできません。覚醒してしまい、不眠になってしまう恐れがあります。就寝前は、ホットミルクなどを飲むと、落ちついて眠ることができます。

また、妊婦の方は、コーヒーダイエットを控えましょう。カフェインの過剰摂取は、胎児に悪影響をおよぼす可能性もあります。

注意点にはくれぐれも気を付けて、楽しんでコーヒーを飲んでください。そうすれば、あなたのダイエットにも徐々に効果が生まれてくるでしょう。

 


まとめ


コーヒーダイエットをするなら

・コーヒーのカロリーを知っておこう
・コーヒーがダイエットに効くわけを知っておこう
・飲み過ぎには注意しよう
・ホットコーヒーを飲もう
・コーヒーを飲んだ後には、ウォーキングをしよう