恋人と別れる方法を試すとき絶対しちゃいけない7つのこと

恋人と別れる方法を試すとき絶対しちゃいけないつのこと

「もう、この人と別れたいな……」と思ったら最後、心は既に、彼から離れている状態です。そんな時に取る行動としては、上手に別れる方法を調べること。相手を傷つけずに別れる方法や、どんなしつこい人が相手でも縁を切れる方法。このように、巷には色々な別れる方法が溢れていますが、その中でも絶対にしてはいけないことがあるのです。

例えば、相手を無駄に傷つける結果になったり、別れたい意思がうまく伝わらなかったり。そんな、関係がこじれるようなことは、なるべくなら避けたいですよね。どうせなら円満に別れて、笑顔で新しいスタートを切りたいものです。今回は、恋人と別れる方法を実践する際、してはいけない行動について、お教えします。



 


恋人と別れる方法を試すとき
絶対しちゃいけない5つのこと

 


身体の関係はきっぱり断とう


まず、別れを決意して別れる方法を試す間、キスもお泊りも断つようにして下さい。身体の関係があると、いざ別れ話を切り出したとき、話が上手くいかなくなってしまいます。付き合いが長いカップルは、心が離れていても、つい流れでキスしたりお泊りしたりしがちです。ですが、これはお互いにとって良くありません。彼氏側から見ても、いつまでもダラダラと肉体関係を拒まない女性は、まだ自分に気があると勘違いする原因になります。

また、別れの間際まで身体の関係があるカップルは、別れが成立した後、セフレの関係に陥りやすいです。つまり、いつまでも縁が切れないまま、関係が続いてしまうということ。そんなだらしない関係になってしまっては、次の恋にも踏み出せません。そうならないために、心と同時に、身体も拒否する覚悟を持ちましょう。

 


寂しいからと連絡を取るのはやめよう


別れる方法として、連絡を絶つというものがあります。これが、簡単なようでいて、なかなか難しい場合もあるのです。特に、寂しがり屋の女性の場合、一人の時間を持て余して、誰かに電話したくなったり、メールで今どうしてるか尋ねてみたりしがちです。ですがこれは、別れる覚悟を弱めてしまう行動のため、我慢するべきでしょう。

別れる覚悟を決めたはずなのに、ついつい彼氏を心の拠り所にしてしまうと、「彼は自分に必要な人なんだ」と錯覚してしまいます。ですがそれは一時的なもので、寂しさを埋めてくれる相手なら、恋人でなくても良いということに気付いていないだけです。ですから、別れようと決めたら、彼への連絡は一切断つようにして下さい。きっと、新しい恋人ができたら、その人があなたの新しい心の拠り所になってくれるはずです。

 


重大な秘密は墓の中まで持っていこう


「自分が悪者になる」という、別れる方法がありますよね。この方法は、自分が嫌われることで相手を傷つけない方法に思えますが、その嫌われ方によっては、彼氏の心に大きなしこりを残してしまいます。ここで避けたいのは、彼に、今までの秘密を暴露すること。確かに、彼にとって受け止め難い秘密を暴露すれば、相手の心を遠ざけることは可能です。ですが、今までの交際を全否定するような秘密を別れ際にカミングアウトするのはおすすめできません。

例えば、実はバツイチだとか、交際中に浮気をしていたなどの秘密は、墓の中まで持っていくつもりで、口を閉ざすべきものです。こんな秘密を聞かされた日には、彼は、今までの楽しい思い出が嘘の上に成り立っていたことに悩んでしまうでしょう。そもそも、自分から言わなければ、彼に知られずに別れられるのですから、余計に彼にダメージを与えるのは優しくありません。できれば、もっと彼にとってダメージの小さい理由で、嫌われるように仕向けましょう。

 


別れが成立する前に新しい恋人と交際するのはやめよう


別れの理由は様々ですが、他に好きな人ができたということも、あり得ますよね。そんな時は、別れる方法を実践しながら、既に心は新しい恋人の元へ行っていることでしょう。ですが、どうせ別れるつもりだからと、現在の彼氏と別れが成立する前に、新しい恋人と交際を開始してはいけません。そんな不義理をしてしまっては、せっかく計算し尽くして別れる方法を試していても、その効果は半減してしまいます。

一時でも二股状態だったことがバレてしまうと、別れ話がこじれる元です。また、周囲の友人などの評価も下がってしまうことにも繋がります。笑顔で明るく別れて、晴れて新しい恋人と楽しく付き合う予定が、二股がバレたことで、前の彼氏との関係が泥沼化して、お互いの心に消えない傷を負ってしまう恐れがあります。それだけでなく、その後の人間関係までうまく行かなくなってしまうというわけです。

 


相手に望みを残さないようにしよう


優しい性格の女性なら、別れる意思ははっきりしていても、彼氏に最後通告をするのが辛い心境になることもあるでしょう。ですが、あまりに優柔不断だと、彼氏に復縁の望みを与えることになり、別れ話がうまくまとまらなくなってしまいます。一度は別れることになっても、未練がましく付きまとわれたり、最悪、別れを承諾してもらえなくなります。これでは、いつまで経っても彼氏との縁は切れません。

こじれずに別れる方法として大切なのは、心を鬼にすること。別れたいと思った時点で、彼の心にダメージを与えているのですから、余計な優しさを見せてはいけません。ひと思いにトドメを刺さず、優柔不断にダラダラ別れを引き延ばさせる方が、余程残酷というものです。ですから、彼のためを思って、うわべの優しさを捨てて、きっぱりと別れる意思を告げるようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。彼氏と別れる方法を試しながら、とってはいけない行動を5つ挙げ、ご説明しました。今まで愛し合った彼氏と別れたいと思うのは、よほどの理由があることでしょう。ですが、別れる際に、相手を傷つけすぎず、誤解をさせないようにするのは、恋愛のマナーのひとつです。

確かに別れ話自体、双方がかなりのダメージを負うものです。ですが、自分が嫌な思いをしたくなかったり、感情を止められないからと、思うままに振る舞っていては、円満な別れなど望めません。彼氏にとっては、次の恋に踏み出せなくなるほどのトラウマを負ってしまう可能性もあります。そうならないように、今までお付き合いした彼への敬意も含め、とってはいけない行動をしっかり弁えて、礼儀に沿った別れ話を心がけたいものですね。

 


まとめ


恋人と別れる方法を試すとき絶対しちゃいけない5つのこととは

・身体の関係はきっぱり断とう
・寂しいからと連絡を取るのはやめよう
・重大な秘密は墓の中まで持っていこう
・別れが成立する前に新しい恋人と交際するのはやめよう
・相手に望みを残さないようにしよう