ウォーキングダイエットにもコツがある!その正しいやり方

ウォーキングダイエットにもコツがある!その正しいやり方

ウォーキングでダイエットされる方は昨今増えているようです。ウォーキングはダイエットに最適で、最も気軽に取り組めるスポーツです。ダイエットの為、手始めに運動を何か始めたいと思っている方にはもってこいのスポーツなのです。

運動強度もそれほど高くなく、年配の方や運動が苦手なダイエッターの方にも大変お薦めです。ウォーキングの方法も難しい技術は何ら必要ありません。運動の中でも最も継続しやすい部類の運動であり、健康促進やダイエットなどその効果も高いです。ウォーキングは運動不足を解消し、生活習慣病を予防したり体脂肪を燃焼させるなどダイエット効果もある有酸素運動の代表的なものの1つです。

お金も難しい技術もいらないウォーキングをダイエットに取り入れて減量に成功された方も多々いらっしゃいます。また周りの景色を楽しみながら歩くことによってストレス解消できるのもウォーキングの醍醐味です。最初は細切れでも大丈夫です。1日朝晩分割して歩けば合計30分くらいは可能でしょう。それを週3回以上出来ればベストです。日常の生活行動と一緒にやってしまえば苦になりません。

そして、ウォーキングを毎日の習慣に取り入れることによって、自然に引き締まった身体を手に入れることが出来ます。ウォーキングでダイエットすることにより、脂肪燃焼効果が期待できリバウンドしにくい、太りにくい体質改善にも期待できるようになります。今回は、ウォーキングダイエットのコツとその正しいやり方をお伝えします。



 


ウォーキングダイエットにもコツがある!
その正しいやり方

 

 


ウォーキングダイエットするなら一日一万歩あるこう


ウォーキングでダイエットする場合、一日にどの位歩けば良いのかお解りですか。健康ための目標身体活動量を歩数で換算すると1日8000歩~10000歩くらいになるそうです。ですのでウォーキングで減量を目指すのであれば、1日20000歩~25000歩位が目安になります。

体重60㎏の人が時速4㎞で10分歩くと約1000歩で消費エネルギーは30kcalという計算から300kcal消費するためには1万歩歩くことになります。2万歩歩けば600kcal消費出来ます。

1日20000歩~25000歩を目標に歩くことを毎日継続することで、次第に身体は引き締まり、おのずと体重は減量していくというわけです。

1日20000歩というと、かなりの歩数を想像される方が多いですが、実際ウォーキングしてみると差ほど大変な歩数ではないことがお解り頂けるかと思います。

電車で通勤されている方は、一駅早く降りて歩いて帰宅したり、買い物を日課にされている方は、いつもと違う道を選び、少し遠周りするだけでも、自然と歩数は増えますので、無理なく継続出来ます。

また、ウォーキングダイエットする際は、景色を楽しむことも出来ますので、ストレス解消にも期待出来ます。注意点ですが、ウォーキングする際は、必ず水分補給をしながら行って下さい。水やお茶などを携帯することをオススメします。

 


ウォーキングダイエットするなら正しいシューズを選ぼう


ウォーキングでダイエットしたいのであれば、正しいウォーキングシューズを選ぶことから始めて下さい。間違ったシューズでウォーキングを行えば、ダイエット所か足を傷める原因にもなり兼ねません。

必ず、ウォーキングシューズと呼ばれている商品を選ぶことが重要です。ランニングシューズとウォーキングシューズは似てますが、全く異なるものです。ランニングシューズはクッション性が高すぎて、歩くという動作においては、かえって足が疲れてしまい、ウォーキングで効率よくダイエット出来ません。

ウォーキングシューズはクッション性よりも安定性を重視します。クッション性はほどほどのものがベストです。また、踵があまり高くない、ソールの高低差の少ない、指先が自由に動かせて余裕のあるものが良いです。

指先と同じように足首も自由に動くものを選びましょう。

購入する時は午前よりも午後に購入して下さい。午後は足がむくんできて午前よりもサイズがやや大きくなってしまうのです。

自分の足に合ったウォーキングシューズを選ぶことは、ウォーキングダイエットをする上でとても重要なポイントになります。時間を惜しまず、納得するものを吟味して選んでください。

 


ウォーキングダイエットするなら正しいフォームで歩こう


ウォーキングでダイエットをするのであれば、効率良く行いたいものです。それには、正しいフォームで歩くことが重要になってきます。

間違ったフォームでウォーキングダイエットしても思うように減量出来ませんし、時間の無駄になるだけです。

<ウォーキングダイエットの方法>

1、基本姿勢は背筋をしっかり伸ばして胸を張ります。耳、肩、腰が一直線に、頭が空から一本の糸で吊り下げられているようなイメージを持って下さい。視線はまっすぐ正面を見ます。

2、肩の力は抜いてリラックスさせます。肩に力が入るとエネルギーのロスにつながり、かえって疲れてしまいますので注意して下さい。

3、肘を90度ぐらいに曲げて、腕を大きめに振ります。肘を後ろに引くようなイメージで行って下さい。手は軽くこぶしを握るようにして下さい。

4、お腹は引っ込めて腹筋を引き締めるようにします。上体は腰の上にしっかり乗っているようなイメージを保ち腹筋を使うよう意識をして上半身を真っ直ぐに保ち、身体がブレないようにして下さい。腰を常に高い位置で保つようなイメージで歩きます。

5、なるべく膝を曲げずに歩幅は大きめにして、早く動かします。

6、着地は踵から行い、着地した足の真上に上半身を乗せます。その後踵から前方へ重心移動を行い、最後に親指の付け根で地面を蹴り上げます。

せっかくウォーキングでダイエットを行うのですから、しっかりダイエット効果が望めるフォームで行って下さい。

 

如何でしたか。ウォーキングダイエットは脂肪をエネルギーとして使用しますので、脂肪を効果的に燃焼させることができ、ダイエット効果をもたらすのです。特にウォーキングのように比較的軽い負荷で長時間続けられる運動はダイエットに最適で継続することで自然と引き締まった身体になっていきます。

また、ウォーキングダイエットにはダイエット以外にも様々な効果が期待できます。適度な運動はストレスを解消するのに役立ちます。特にウォーキングは血液の循環がよくなり脳が刺激され自律神経のバランスが良くなると言われています。脳に酸素を取り込み脳の働きを活発にしますので、ウォーキングを行うと神経伝達物質、いわゆる脳内ホルモンが分泌します。結果、脳の活性化にも繋がるのです。

肥満や運動不足が原因となる生活習慣病の予防となり善玉コレステロールが増え、動脈硬化などが予防され、良いこと尽くめなのです。貴方もウォーキングダイエットで心身ともにリフレッシュして下さい。

 


まとめ


ウォーキングダイエットにもコツがある!その正しいやり方

・ウォーキングダイエットするなら一日一万歩あるこう
・ウォーキングダイエットするなら正しいシューズを選ぼう
・ウォーキングダイエットするなら正しいフォームで歩こう