低カロリー食品を摂取してダイエットを成功させるコツ

低カロリー食品を摂取してダイエット沢山食べても心配の無い低カロリー食品は、ダイエット中の強い味方ですよね。ダイエット中と言えども、美味しいものをお腹一杯食べたいという欲望を抑えることは至難の業です。そんな時に利用しやすい低カロリー食品が、巷にはたくさん存在します。

低カロリー食品と呼ばれるものには、野菜やきのこなどの天然の食材からこんにゃく麺や寒天ゼリーなどのダイエット向け食品まで様々ありますが、これらを上手に使ってダイエットを成功させるには、どうすれば良いかご存知でしょうか。ただ低カロリー食品だけを食べ続けるだけでは健康上良くありませんし、結果的にリバウンドしやすい身体を作ってしまう可能性もあります。

そこで今回は、低カロリー食品をダイエットに活用するコツについてお伝えします。



 

低カロリー食品を摂取して

ダイエットを成功させるコツ

 

食物繊維の摂り過ぎにならないようにしよう


巷で見かける低カロリー食品は、野菜や海藻、こんにゃくやきのこなど、食物繊維が豊富な食品がメインのものが大半です。ダイエット向けに作られているものも、こんにゃく麺や寒天ゼリーなど、食物繊維の多い食材を利用したものですよね。これらは食べ応えがあって腹持ちが良く、そして低カロリーというダイエット中には良いことずくめの食品です。

ですが、食物繊維を過剰に摂り過ぎると、急激に便の量が増して便秘になることがあります。食物繊維は便秘解消のために必要だと言われますが、不溶性食物繊維に限って言えば、食べ過ぎては逆効果だということを覚えておきましょう。

 

たんぱく質不足にならないようにしよう


低カロリー食品のみで献立を立てると、どうしてもご飯やパンなどの炭水化物や、肉、魚などのたんぱく源となる食品が不足しがちになります。炭水化物はある程度減らしても問題ありませんが、たんぱく質が不足すると、ダイエットには悪影響が出てしまいます。

たんぱく質不足になると脂肪を燃焼するための筋肉が衰える原因となりますし、いくら筋力トレーニングなどしても新しい筋肉が付きません。たんぱく質が多い食べ物にはカロリーがあるため、たくさん食べるのに抵抗を感じやすいですが、これは必要なカロリー摂取だと割り切るようにしましょう。

 

少々の脂質も必要だと理解しよう


世間で「低カロリー食品」に分類されるものは、どれも脂質が低いものばかりです。ダイエット業界では、脂質はデブの素という認識が根強いですが、脂質自体は完全な悪ではなく、健康維持に必要なものと考えられています。ですから、低カロリー食品に偏った食事では慢性的な脂質不足に陥る可能性があるのです。

脂質は、代謝を助けたり、皮膚を保護する膜の役割をし、脂溶性ビタミンを運ぶ乗り物としても使われます。脂質たっぷりの食事はいけませんが、低カロリー食品に少しの脂質を加えた食生活が健康のためには理想的だということです。

 

「低カロリー食品を食べているから大丈夫」と過信しないようにしよう


低カロリー食品と言っても0カロリーというわけではありませんから、食べ過ぎればやはり太ってしまう可能性があります。カロリー制限の範囲で考えると、低カロリー食品の方がたくさん食べられるというだけのことで、いくら食べても太らないということはありません。

また、ダイエットの知識が無い人にありがちなのが「低カロリー食品を食べるだけで痩せる」という勘違い。運動もカロリー計算も無しに、普段の食事+低カロリー食品という食生活だけでは、当然ですが痩せることはできません。

 

活動量が多い人はちゃんとエネルギーとなるものを摂ろう


人それぞれの活動量によって、一日に消費するカロリーは差が出てきますよね。一日中デスクワークをしている人と、力仕事やあちこち動き回る仕事をしている人では、消費カロリーはかなり違ってきます。

この、自分の消費カロリーを把握せず、低カロリー食品だけを食べていては、エネルギー不足に陥って身体が動かなくなったり、筋肉がエネルギーとして使われて体力が落ちてしまう原因になります。毎日たくさん動く生活をしている人は、必要なカロリーを摂取したうえで、低カロリー食品をうまく取り入れるようにしましょう。

 

いかがでしょう。低カロリー食品をダイエットに活用するために気を付けたいことや、必要な知識などについてお伝えしました。

巷に溢れる低カロリー食品はダイエットの味方ですが、それだけを食べて健康的な生活を送るのは難しいものです。エネルギー不足やたんぱく不足は身体が衰える原因となりますし、身体がカロリーを必要としない体質に傾いてしまい、ダイエット終了後にリバウンドしやすくなってしまいます。

カロリーを抑えてダイエットするなら、必要な栄養素をバランス良く摂ったうえで、それ以上何か食べたいときに低カロリー食品を利用する、というスタンスがちょうど良いようです。くれぐれも、低カロリー食品オンリーの食生活に陥らないように気を付けて下さいね。

 

まとめ

低カロリー食品を摂取してダイエットするなら

・食物繊維の摂り過ぎにならないようにしよう
・たんぱく質不足にならないようにしよう
・少々の脂質も必要だと理解しよう
・「低カロリー食品を食べているから大丈夫」と過信しないようにしよう
・活動量が多い人はちゃんとエネルギーとなるものを摂ろう