体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授

体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授ダイエットにおいて体重と同じように意識したいのが体脂肪率の数値ですが、体脂肪率の計算方法は一応知っておきたいですよね。自分の体脂肪率を知りたいけど、体脂肪率の計算方法が分からないと言う方も結構いるのです。

体脂肪とは、その名の通り体の中にある脂肪のことです。大きく分けると、皮下につく「皮下脂肪」と内臓の周りにつく「内臓脂肪」の二種類があります。

この体脂肪が体の中にどれくらいあるかというのは、体重に対する脂肪の割合として「体脂肪率」という数字で表します。体脂肪が気になりだしたら、体脂肪率の計算方法を知りたいと思うものです。体脂肪率の計算方法や自分の体脂肪率を知ることはダイエットを行う上でとても重要なことです。

体脂肪は少なすぎても、多すぎても身体への影響が出てきます。多すぎる体脂肪を減らすことは、女性らしいメリハリボディを作り上げるだけでなく、健康維持にも役立ちます。体重が多いと、体脂肪率も高いというイメージがあるかもしれませんが、実際にはそうだとは言い切れないのが体脂肪率です。

人間の体内に存在する「筋肉」と「脂肪」では筋肉の方が重いのです。体重が重いからと言って、それが体脂肪と直結しているわけではなく、中にはその体重が筋肉であり、体脂肪率はとても低いという人も沢山いるのです。

例えば体重が重くてもその多くが筋肉である方もいれば、逆に、体重は少なめで見た目もホッソリして見えるのに体脂肪が多いという人もいます。このような人を「隠れ肥満」と呼びます。ダイエットで極端な食事制限や、偏った食生活を送っている人に多く見られます

つまり本当に気にしなければならないのは、体重ではなく体脂肪です。体脂肪が落ちてくることにより、美しくボディラインを整え、これに伴い体重も減少します。さらには健康的で太りにくい身体を手に入れることができるのです。そこで今回は体脂肪の計算方法とダイエットのコツを伝授します。



 

体脂肪の計算方法と

ダイエットのコツを伝授

 


体脂肪率計算方法を知る


体脂肪には体や内臓を守り保温したり、ホルモンバランスを調整するといった重要な役割がありますが、溜め込み過ぎてしまうと生活習慣病の原因になります。逆に不足しすぎると女性の場合は特に婦人科系トラブルの危険性もありますので注意が必要です。

こまめに自分の体脂肪率を計り、健康維持に役立てて下さい。自分の体脂肪率を知りたい方は、以下の体脂肪率の計算式を参考にして下さい。

まず、標準体重を出します。

標準体重の計算式は、
身長(メートル)×身長(メートル)×22=標準体重

標準体重が出たら、次に体脂肪の計算を行います。

体脂肪の計算式は、
(あなたの体重−で計算した標準体重)÷標準体重×100=体脂肪率(%)

 

体脂肪率基準値と見比べる


上記の体脂肪率計算式で出た体脂肪率が以下の標準値を大幅に上回っていたら要注意です。食事量も抑えながら運動をつづけるダイエットがおすすめです。

食事は1食をカロリーの低い置き換えダイエットにして、筋トレと有酸素運動の両タイプの運動を取り入れることが大切です。筋トレも入れて1日の総合運動量を30分以上キープできるようにして下さい。

<体脂肪率の標準値>

男性
18〜39歳 17〜21%
40〜59歳 18〜22%
60歳以上 20〜24%

女性
18〜39歳 28〜34%
40〜59歳 29〜35%
60歳以上 30〜36%

 

BMI数値と併せて参考にする


体脂肪率の計算方法が解ったら今度はBMI数値を出す方法を知ることもオススメします。体脂肪率と併せてBMI数値を計る習慣を付けるとより健康管理、ダイエットに生かすことが出来ます。

BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数のことです。手軽にわかる肥満度の目安なのでチェックしてみて下さい。

BMI値の計算式は
体重(キログラム)÷身長(メートル)×身長(メートル)です。

例)身長160の方の体重が75の方は、75÷(1.6×1.6)=29.29

<BMI値の基準値>

18.5未満…やせている
18.5以上25未満…ふつう
25以上30未満…肥満度1
30以上35未満…肥満度2
35以上40未満…肥満度3
40以上…肥満度 危険

BMI数値が25以上の方は基準値よりも高く、要注意が必要です。肥満は様々な生活習慣を引き起こす、健康の大敵です。代謝が落ちると痩せにくくなり、体脂肪率やBMI数値も上がってしまいます。代謝を良くする為に普段から水分を多く摂ることをオススメします。

また、食生活を見直し、有酸素運動を取り入れて自己管理に努めてください。

 

如何でしたか。体脂肪率の計算方法がお解り頂けたでしょうか。日頃から自分の体脂肪率を知ることは健康促進、とダイエット成功に繋がります。

少し食べ過ぎたり、運動不足を感じたら体脂肪率を計って健康管理に努めることが大切です。また、いちいち体脂肪率の計算をするのが面倒だという方には簡単に体脂肪率を計れる体脂肪計の購入をオススメします。

体脂肪を計るためのものとして、体重と体脂肪を測定する一体型の体重体組成計というものがあります。体重体組成計は、体重は勿論のこと、身体の中の体脂肪率、筋肉率も同時に計測することが出来ます。日々の健康管理を行うのに大変便利な測定器です。

ちなみに体脂肪率の計測は、体内の水分変動の影響を受けやすいので、毎日同じ時間に計るなどの工夫をして下さい。

 

まとめ

体脂肪を計算してダイエットするには

・体脂肪率計算方法を知る
・体脂肪率基準値と見比べる
・BMI数値と併せて参考にする