モテる顔を作るために知っておきたい7つの基礎メイク

モテる顔を作るために知っておきたい7つの基礎メイク
モテる顔というとみなさんはどのような顔をイメージするでしょうか。モテる顔メイクはタイプ別にみてもたくさんありすぎて、自分がどのタイプのメイクが一番似合うのかわからなくなってしまいます。悩んでいるうちに結局いつものメイクになってしまいがちです。

モテる顔=愛されメイクはしっかりと基礎があります。ポイントさえ押さえておけば、あなたも今日から簡単にモテる顔に変身できるかもしれません。

難しく思われがちなモテる顔メイク術ですが、実は簡単にできてしまうのをご存知でしょうか。もしかしたら、今までの濃いしっかりメイクより時短でモテ顔に変身できるかもしれません。

それでは7つの基礎をご紹介します。



 


モテる顔を作るために知っておきたい
7つの基礎メイク

 


ベースメイクの下地はしっかり、色味も選んで


下地クリームを塗る前にコットンに化粧水を浸し、小鼻の横や頬など毛穴の気になる部分に軽く乗せ、毛穴を引き締めます。毛穴を引き締めることによりお肌が綺麗に見え、ファンデーションムラなく塗ることができます。

メイクの15分くらい前に冷蔵庫で化粧水を冷やしておくと、より効果的です。下地クリームは冷房などでお肌の乾燥を防ぐため、潤い感があるものを選びましょう。健康的な自然な明るさを出すために、イエロー系のパールタイプの下地がおすすめです。

つけすぎずに薄く伸ばしながら塗るのがポイントになります。つけすぎるとムラの原因になり、ナチュラル感がでなくなりますので気をつけてください。

コンシーラーも厚塗りメイクになりやすいと懸念しがちですが、色ムラになりやすい目の下のクマや小鼻の横の赤みや口元など、ペンタイプのコンシーラーを部分的うまく使うとナチュラル感がでて美肌に変身できます。

 


ファンデーションはナチュラル感アップのリキッドタイプを


色は肌のトーンと合わせて、下地と同じ塗り方です。塗る順番は、ほおからアゴにかけてうすくきれいに塗っていき、額から目、最後に鼻の順番になります。

薄くのばしながら塗るを意識してください。時に口元は色ムラになりやすいので、うまく指を使いさらに薄くのばしていきましょう。

もしも、粉タイプのファンデーションで行う場合は、一気にスポンジを使いほおから塗っていってください。ポイントは塗り終わるまでスポンジを極力肌から離さないことがコツになります。ナチュラル感がでてきたら、美肌の仕上げをしましょう。マッドタイプよりパール系の仕上げパウダーを使います。

特にテカリが気になるTゾーンや小鼻のまわりにはパウダーは必須になります。ただつけすぎると肌が部分的に白くなりますので気をつけてください。軽く叩くようにパウダーをのせるのがポイントです。

 


アイシャドーは原色はNG。癒しカラーを心掛けて


アイシャドーの色は、季節感が出せる色を心掛けましょう。なるべく濃い色は避け、ゴールドブラウン系をベースにし、あまり太目につけ過ぎずにナチュラルに。優しい色合いになるように重ねていきましょう。アイラインをつい使ってしまいがちですが、モテ顔メイクはナチュラルが基本なので使わなくても大丈夫です。

使うときは細く目立たないように描いてください。まつ毛はビューラーでまつ毛を上げ、マスカラをしっかりと塗ります。

つけまつげも目立たない程度なら目尻につけてもいいでしょう。

 


眉もはやりの太め眉で


角度をつけてしまう眉も並行の太眉にしましょう。自眉の形を角度のない眉に整えます。カットするときは、失敗しないようにペンシルで形を書いておきましょう。切った後が目立つときは毛抜きで抜きましょう。

整え終わったら少し明るめのペンシルで隙間を埋めます。最後に髪の色と同じ眉専用のマスカラを塗って完成です。

 


チークの位置で小顔に


ナチュラルメイクで全体的に優しい雰囲気に仕上がってきたところにチークを入れ、さらにかわいらしく小顔に魅せます。ほお骨の高い部分に通常チークをのせますが、少し斜めに丸くのせると小顔にみえます。斜めすぎるとシャープな印象になるので、丸くのせることで柔らかい印象になり、ふんわりとしたモテる顔になります。

色はオレンジ、ピンク、コーラルなどありますが、唇の色と同じ色をつかうとよりナチュラルになります。付属の小さいブラシよりチーク専用のブラシをおすすめします。程よく均等にチークがのるのでお試しください。

 


口元はいちばん注目される部分。艶やかさを心掛けて


口元は男性が一番チェックしているところです。ぷっくりと艶やかな口元はモテる顔メイクの必須条件です。普段から唇専用の化粧水パックをしたり常に保湿ケアはかかさないようにしたいものです。色はやはり自分の唇に近い色がおすすめです。唇のしわの部分もリップブラシを使ってしっかり塗るとより綺麗にみえます。仕上げにグロスを軽めに塗ると艶やかさが増します。

薄い唇よりも厚い唇の方がモテる顔の魅力がアップします。ブラシで輪郭を描くときはちょっと大きめに書くのがコツです。

 


キツくなりすぎない香水をさりげなくつける


最後に直接香水をつけると匂いが苦手な男子は嫌がります。微かな香りがモテる顔メイクをより引き立たせてくれます。

出かける数時間前に香水を部屋の上に向けて一回だけスプレーします。その時に、噴射された香水をくぐるようにして体全体に香りをつけます。くぐるように香りをつけることにより、さりげなくいい香りが演出してくれます。

 

いかがでしたでしょうか。モテる顔メイクは思ったより簡単に日頃のメイクを少しだけ変えたり細かくひと手間加えるだけで、何気ない日常からキラキラした日常に気分までも変化が現れてくるのではないでしょうか。

もちろん見た目も変われば中身も変わり真のモテる女子へと近づいていくことでしょう。外見も中身もステキになってください。

気づかない間に気になる男子から視線を感じるかもしれません。

 


まとめ


モテる顔を作るために知っておきたい7つの基礎メイク

・ベースメイクの下地はしっかり、色味も選んで
・ファンデーションはナチュラル感アップのリキッドタイプを
・アイシャドーは原色はNG。癒しカラーを心掛けて
・眉もはやりの太め眉で
・チークの位置で小顔に
・口元はいちばん注目される部分。艶やかさを心掛けて
・キツくなりすぎない香水をさりげなくつける