美白化粧品は使い方次第でこうも違う!効果的な使用法

美白化粧品は使い方次第でこうも違う!効果的な使用法

シミの一番の原因は紫外線です。でも、紫外線を全く浴びないで生活するのは困難です。

出来てしまったシミを薄くしたい、シミをこれ以上作りたくないという時、美白化粧品は必須アイテムですよね。

シミを諦めて放置すれば、さらに浴びる紫外線によってより濃いシミとなってしまい、肌の老化を更に促進させてしまいます。できてしまったシミの存在に気づいたら、美白化粧品を使って対策をしましょう。

代表的な美白成分、ビタミンCにはメラニン色素を淡色化する還元作用もあるので、くすみが気になる人にも最適です。気になるシミを狙い撃ちで完治させたいなら、美白効果の強力なハイドロキノンを夜間に使うのがオススメです。

しかし、これらの美白コスメを間違った使い方をすれば、美白になれるどころか、かえって肌状態を悪化させて老化させてしまうのです。

今回は、美白化粧品の効果的な使用方法をご紹介していきます。



 


美白化粧品は使い方次第でこうも違う!
効果的な使用法

 


美白シートマスクをしたらサランラップで覆いましょう


アルブチン、ビタミンCが配合されている美白シートマスク、今は色々と出回っていますよね。そんな美白シートマスクの効果的な使い方をご紹介します。

一日紫外線を浴びた肌は、軽くやけどをした状態です。まずは、冷やしたタオルで肌をよく冷やし炎症を抑えます。それから美白シートマスクをするのをオススメします。

美白シートマスクの美白成分を効率良く肌に吸収させる為、上からサランラップで覆うと良いでしょう。シートマスクをして更にラップで覆うことにより、水分の蒸発が飛躍的に防げるのです。

しかもシートマスクの効果もバツグンになり、まさに一石二鳥です。是非お試し下さいね。

 


美白化粧品の使用量は守りましょう


高価な美白化粧品だからといって、記載されている量よりも少なく使うと効果は現れにくくなります。きちんと記載されている使用量を守って使われることをオススメします。

また、シミの気になる部分だけにスポット的に使用する美白化粧品も多々出回っていますが、それを顔全体につけるのも良くありません。スポット的に使用しなければならない美白化粧品を顔全体に使ってしまうと、効果が表れにくくなるばかりか、乾燥や肌トラブルをもたらしてしまうことがあります。

記載されている使用量よりも少なくてもいけませんが、「沢山使うほどいい」という考え方は捨て、正しい使用量、使用方法を心掛けるようにすることが、美白化粧品をより効果的なものにすることが出来るのです。

 


ハイドロキノンは3週間使用したら期間をおこう


ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞そのものを減少させる成分です。

そのためハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。今ではシミを予防するため色々な美白成分が配合されたコスメがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10~100倍の効果があると言われています。

ハイドロキノンは、肌への作用が強く、酸化しやすいという特徴があります。肌が弱い人は、効果が出るまで我慢して使い続けると、炎症を起こすこともありますので、十分気をつけてください。

肌のターンオーバーのサイクルは、28日間。したがって、およそ3週間使ったら少し時間をあけて効果をみるといいでしょう。

 


美白化粧品は乳液の前に使おう


美白成分アルブチンなどを含んだ美白化粧品の基本的な使い方は、化粧水→美白化粧品→乳液という順番を守ってスキンケアすることです。

アルブチンなどの美白成分は化粧水や乳液よりも高価なものがほとんどです。高くて効果があるものを最後に…と思っている方も多いようですが、油分を含んでいる乳液を先に使ってしまうとお肌に蓋をしてしまう事になります。

お肌に蓋をしてしまっては、美白成分も皮膚細胞に浸透できずに皮膚の表面で蒸発してしまうだけです。お肌にたくさん美白成分を浸透させたいなら、まず洗顔後に化粧水を使って水分量を整えます。水分量を整えると、次に使う美白化粧品がスッとお肌に浸透しやすくなります。

 


保湿して美白化粧品の効果を大きくしよう


美白化粧品の効果を最大限に引き出す方法、それは徹底的な保湿に限ります。

シミの原因は紫外線といわれるわけですが、それは、紫外線を浴びて肌が乾燥することで肌のバリア機能が弱くなり、その結果シミができやすくなるのです。

つまり、乾燥はシミのもとなのです。潤っている肌は、バリア機能がしっかり働いているので、シミになりにくいのです。

きちんと保湿した肌にこそ、美白化粧品の効果は発揮します。特に紫外線を受けているのは、目の下から頬骨のあたりですので、この部分は念入りに保湿してあげましょう。肌のターンオーバーがスムーズになり、シミはずいぶん薄くなります。

 


美白化粧品はハンドプレスがオススメ


ハンドプレスという言葉をご存じですか? ハンドプレスとは、手のひら全体を使って美容液等を馴染ませる美容方法のことです。

最初に顔全体に美白美容液を付けたあと、両手で顔を覆い、手のひらの熱が行き渡るように、顔の隅々までゆっくり適度な圧力をかけながら両手のひらで優しく伸ばしてあげます。手が冷たい方は、お湯で温めておくと良いでしょう。

このハンドプレスを使うことで、美白化粧品お肌への浸透率はかなり違いますので、是非試してみて下さい。また、ハンドプレスには、自律神経の安定効果も期待でき血液の循環がよくなり、美肌に一層近づくことが出来るので、オススメです。

 


シミの目立つ部分は重ねづけしよう


シミ部分は、メラニン細胞がとても活発になっており、他の肌の部分よりメラニンを多量に生成してしまっています。特に目立って気になるシミには、ワンポイントで重ねづけするとメラニンの生成を抑える効果がより期待でき、シミが薄くなるのも早くなります。

美白美容液は、2回つけるのが一番良いでしょう。3回目は特にシミの気になる部分のポイント付けに留めておきましょう。最後に、ハンドプレスで美白美容液をたっぷり馴染ませたら、美容液が蒸発しないように乳液で蓋をしましょう。

 

美白化粧品を効果的に使うコツは、色々ありますが、つける順番をきちんと守る事と、量を惜しまないで適量を守ること、そして浸透率を高める為にハンドプレス等を使う事が重要ポイントだということがお分かり頂けたと思います。

もちろん、その美白化粧品があなたのお肌に合っているかどうかが、大前提になりますが。

美白化粧品は一般に高価なものが多いですから、買ってからお肌に合わないなどで、後悔するのは出来るだけ避けたいものですよね。

まずは、サンプルやトライアルなどで使い心地を試してから、購入されることをオススメします。

 


まとめ


美白化粧品は使い方次第でこうも違う!効果的な使用法

・美白シートマスクをしたらサランラップで覆いましょう
・美白化粧品の使用量は守りましょう
・ハイドロキノンは3週間使用したら期間をおこう
・美白化粧品は乳液の前に使おう
・保湿して美白化粧品の効果を大きくしよう
・美白化粧品はハンドプレスがオススメ
・シミの目立つ部分は重ねづけしよう