ピーリングが合う人、合わない人の違いとは?

ピーリングが合う人、合わない人の違いとは?

「ピーリング」と言うと、顔の皮膚をベロリと剥ぎ取ったり、強い薬品で溶かしたりするイメージがありますが、実際はそのようなものばかりではありません。基本的にはお肌の角質の生まれ変わりを促すために行う処置のため、薬を使わないものもありますし、天然由来の成分で行うこともあります。このように色々なやり方があるピーリングですが、人によってはピーリング自体が肌質に合わないということもあるようです。

そんな人がピーリングを行うと、せっかく美肌を手に入れるために施す処置なのに、そのせいで却って肌荒れやトラブルを引き起こしてしまうことにもなりかねません。今回は、ピーリングについてのご説明と、それがお肌に合う人、合わない人の違いについて、お伝えします。



 


ピーリングが合う人、
合わない人の違いとは?

 

 


ピーリングの目的とは


ピーリングをする目的とは、第一には皮膚に溜まった古い角質を除去し、新陳代謝によって新しい皮膚が生まれるのを助けるということが挙げられます。年齢を重ねたり、お手入れ不足が続くと、お肌には古い角質が残って、ごわごわになってしまいます。お肌がごわごわになると、くすんだ色調や化粧ノリの悪さ、そしてニキビなどの肌トラブルの原因などになり、望ましくありません。

そんな状態になってしまうと、自然のターンオーバーを待つだけでは改善するのは難しくなります。ピーリングは、お肌のターンオーバーを促し、新しく健康な皮膚を作る手助けをする行為なのです。

 


ピーリングには科学的なものと物理的なものがある


ピーリングには2つの種類があります。まず一つは、「ケミカルピーリング」、つまり化学的に古い角質を溶かし、取り去るものです。もう一つは、「物理的ピーリング」、その名の通り、鉱石、塩などを用いて、物理的に古い角質を剥ぎ取るものです。ケミカルピーリングは、市販のピーリング石鹸やジェルなどで家庭で手軽に行えるものから、美容皮膚科で行うような、強い酸を塗布して皮膚を溶かすものまであります。

物理的ピーリングは、化学薬品を使わないため安全と言われていますが、皮膚に直接鉱物などのピーリング剤を吹き付けて皮膚を削り取るという難しい処置のため、専門家に施術してもらうのが一般的になります。どちらにもメリットとデメリットが存在しますが、ケミカルは合うけれど物理的なものは合わない、あるいはその逆ということはあまり無いようです。

 


ピーリングの副作用を知ろう


ピーリングの実施を考えている人にとって一番怖いのは、やはり副作用ですよね。ピーリングの代表的な副作用として挙げられるのは、乾燥と皮膚炎です。これは、元々顔面を守るために厚くなった角質を除去することで、外的ダメージに対抗する力が弱まることから生じるものです。

ただ、ピーリング後のアフターケアを怠らなければ、副作用が出る心配はほとんど無いという意見もあります。特に、家庭で行うホームピーリングで副作用が起こりやすいことから、逆に考えると、専門家に任せれば副作用が出にくいとも言えるのです。

 


乾燥肌、敏感肌の人は、ピーリングを控えよう


しかし、いくらアフターケアをしっかり行っても、副作用が出てしまうという人もいます。こんな人は、残念ながらピーリング自体が向いていないと考えた方が良いでしょう。元々乾燥肌や敏感肌の人は、ピーリング剤に負けてしまい、お肌に強いダメージを受けてしまいます。

ピーリング剤自体がトラブルの原因となると、いくらアフターケアを万全にしても無駄ですよね。ですから、乾燥肌、あるいは敏感肌の自覚がある人は、ピーリングするのは諦めることをおすすめします。

また、普段は普通肌でも、生理前はどんな女性もお肌が敏感になります。そんな時期にピーリングを行うのも、避けた方が良いでしょう。

 


ピーリング向きの肌質はオイリー肌


では、どんな人がピーリングに向いているのかと言うと、それは、乾燥肌の逆、つまりオイリー肌、しかもお肌が丈夫な人です。皮脂がたくさん分泌されるケースとしては、角質が溜まり、肌がごわついていたり、毛穴が開いているような状態ですよね。こんな人こそ、ピーリングによって古い角質を取り除くことが効果的と言えるのです。

特に、オイリー肌ゆえに毛穴が詰まりやすく、ニキビが出やすいような体質の人にとっては、ピーリングは素晴らしい効果を発揮することもあります。こんな人は、一度ピーリングを試してみる価値があると言えるでしょう。

 

いかがでしたか。ピーリングの概要と、それによって肌トラブルを起こしやすい体質・起こりにくい体質についてご説明しました。

「ピーリング」という技法が認知され始めた頃は、顔の角質を取り除くという目的から、何か恐ろしい行為のように言われることが多かったものですが、今では認知度もかなり高くなり、自宅でできるピーリング剤もたくさん出回るようになりました。

しかし、その普及の陰で、本当はピーリングに向いていない人がピーリングを行い、肌トラブルに襲われるという事態が増えているようです。そんな人を少しでも減らすために、ここでピーリングが合う人と合わない人のご説明をしています。

これからピーリングをしてみたいと考えている人は、ご自分の肌質と相談してから実行するようにして下さいね。

 


まとめ


ピーリングが合う人、合わない人の違いとは?

・ピーリングの目的とは、古い角質を取り去ること
・ピーリングには科学的なものと物理的なものがある
・ピーリングの副作用を知ろう
・乾燥肌、敏感肌の人は、ピーリングを控えよう
・ピーリング向きの肌質はオイリー肌