野菜チップスのカロリーを出来るだけ低くする食べ方のコツ

野菜チップスのカロリーを出来るだけ低くする食べ方のコツ

最近は工夫を凝らしたスナック菓子が目に付きます。野菜チップスもその一つです。手軽に食べられるのでつい食べ過ぎてしまいます。子供の野菜嫌いやダイエットや美容のために、野菜チップスを食べています。

けれども、そこには幾つかの落とし穴が待っています。それは、スナック菓子や野菜チップスにも言えることで、油で揚げている野菜チップスを多量に食べてしまうと、カロリーを摂り過ぎてカロリーオーバーになります。

そこで余分な油を搾り取る工夫を凝らしたものまで出現して、カロリーを低く抑えようとしています。ここでは、野菜チップスのカロリーを出来るだけ低くする食べ方のコツを、皆さんとご一緒に見ていきます。



 


野菜チップスのカロリーを
出来るだけ低くする食べ方のコツ

 


レンジで水分蒸発させてみよう


近頃では、食習慣の便利さの追求や手軽さが求められてきています。野菜チップスにもその傾向は見られるようになりました。そして、油で揚げた以外の方法で作られるものも、野菜チップスとして扱われています。

ここでは、電子レンジを用いて素材の水分を飛ばせて、野菜チップスの低カロリー化を求めています。食材は、さつま芋、カボチャ、人参、ゴボウ、レンコン、リンゴなどを食べやすい形にスライスします。

大皿やキッチンペーパーに並べます。水分は拭き取ります。電子レンジは600w、1分30秒から4分を目途にレンジ内を見ながら、焦げつかないように加減していきます。味付けは塩を少々振りかけて食します。

 


天日で乾燥させてみよう


手軽に野菜チップスを食べようとすると、カロリーは気になるところです。そこで素材の野菜を油で揚げない野菜チップスの登場となります。その方法は、素材を自然乾燥させて作ります。

そうすることで栄養価は素材に濃縮されます。繊維質のボリュームの面からも適しています。素材は、大根・さつま芋・人参・カボチャ・レンコン・インゲン・ゴボウ・シイタケなどが用いられます。

新鮮な野菜を薄く大きめにスライスします。レンコンとゴボウは酢に浸します。水気を拭き取ってから、日中に天日干しにします。夜間は風通しのよいところに置いて、2日から7日間前後乾燥させます。
シャリシャリ感を好むのなら数時間後からでも食べられます。

 


オープンで加熱してみよう


野菜チップスは油で揚げたものが主流です。ここでは食材の野菜をスライスして熱を加えて作ります。方法はオープンで加熱します。油で揚げていないために、ノンフライのカロリーダウンした野菜チップスになります。

食材をスライスして塩水に浸けて晒します。スライスした野菜の水分を十分に拭き取ってから、適量の塩を振りかけてオープンで加熱します。余熱行程として170度10分加熱しながら、焼き具合を観察します。

裏返してから裏面を150度で10分を目途に、焼き上がり具合で加減します。できた野菜チップスは、カロリーは野菜だけのものなので、ヘルシー感覚な要望にマッチした野菜チップスになっています。

 


100%オレンジジュースを飲んでみよう


油で揚げた野菜チップスを食べて、野菜によるダイエット効果を期待している人もいるかもしれません。その一方で、野菜チップスに青のりを振りかけて食べると、青のりに含まれる豊富なミネラル成分が補えます。

また、脂肪を吸収する働きを抑制していきます。そして、体に脂肪が溜まらないように作用して、太りにくいようになります。野菜チップスは、高温の油で揚げて酸化しています。そのために新陳代謝は悪くなります。

そこで、100%オレンジジュースを一緒に飲用すると、不足しがちなビタミンやミネラルの補充ができます。また、脂質の代謝作用である中性脂肪やLDLコレステロールの減少に働きかけていきます。

 


軽い運動を継続させてみよう


野菜チップスを食べておこなうダイエットには、やはりノンフライのものがお勧めになります。そして、野菜チップスは、ノンカフェイン系のハーブティや緑茶などと一緒に摂るとヘルシーな食べ方になります。

ダイエットは、身体に余分に蓄えられた脂肪分をカロリー消費させるために、軽い運動を継続させていくことです。また、その一方で毎日適量の排便を促して習慣づけすることも、体重減少の目的に合致します。

野菜チップスには食物繊維は豊富です。体重減少や便秘の改善には適した食材です。しかし、生野菜ではないので、生野菜を食事から摂り、併せて野菜濃縮ジュースからも野菜不足を補う必要があります。

 


生野菜と一緒に食べてみよう


野菜チップスの低カロリーへの取り組みは、素材を油で揚げないことがポイントです。そこで、素材を加熱や乾燥さていく方法が試みられています。野菜チップスは、元の素材の栄養価に満たないものがあります。

それは、ビタミンや酵素が減少していて生野菜の栄養価には達していません。そのために生野菜を摂って、しっかりと補っていく従来の食習慣は無くせません。私たちは身体を維持するために食物を摂取します。

そして、排便などで排出される老廃物に見合う栄養を、食事を通して食物を食べることで補っています。野菜チップスのカロリーにばかりに気を取られていると、思わぬ疾病を招いてしまうかもしれません。

 


料理にトッピングしてみよう


油で揚げないノンフライの野菜チップスは、少量の塩や香辛料を振りかけて食べます。また、何も付けずにカリカリした乾燥した歯ごたえを味わうことや、素材に含まれる旨みの素を味わうのも趣のあることです。

そして、野菜チップスをサラダやカレーライスやグラタンにトッピングしてみます。そこでは野菜の色合いを見ながら盛り付けていきます。そうすることで、野菜チップスも新たな境地を極めたように輝いて見えてきます。

野菜チップスの素材は、野菜そのものなのでどのようなメニューの料理にも付け合せていける強みがあります。子どもにも喜ばれる食材として重宝です。しかし、あまり美味しいからと言って食べ過ぎるのは禁物です。

 

いかがでしたか。野菜チップスはスナック菓子の仲間です。スナック菓子は、塩分、脂肪、カロリーがすべて高く、野菜チップスにも類似の性質があって、他の栄養価が少ないジャンクフードに位置づけされています。

そこで、食用油で揚げないノンフライ製法や加熱や乾燥などの方法が試みられています。しかし、野菜チップスのカロリーを低く抑えるためには、食べる量を減らすことが最善策だと言われています。

そして、野菜チップスは、生野菜ではないので野菜不足は補えません。さて、野菜チップスのカロリーを出来るだけ低くする食べ方のコツを、あなたとご一緒に見て参りました。それらが参考になればと願っています。

 


まとめ


野菜チップスのカロリーを出来るだけ低くする食べ方のコツ

・レンジで水分蒸発させてみよう
・天日で乾燥させてみよう
・オープンで加熱してみよう
・100%オレンジジュースを飲んでみよう
・軽い運動を継続させてみよう
・生野菜と一緒に食べてみよう
・料理にトッピングしてみよう